DVDのコピーガードを解除するソフトまとめ

By 森川 涼

2020-08-31

市販DVDやレンタルDVDは著作権を保護して無断複製を防止するためにほとんどコピーガードが付いています。コピーガードはDVD映像を複製させないために技術的に保護する手段ですので、DVDのコピーガードを外さない限り、その中の映像をコピー・リッピングするのが不可能です。勝手にコピーガードが付いたDVDをコピー・リッピングしてみると読み込みエラーや書き込みエラーが出る可能性が高いです。 でも、心配する必要はなく、一部のDVDリッピング・コピーソフトではコピーガードを解除する機能も搭載しています。ここではDVDのコピーガードを外せるソフトをまとめて紹介します。その中にはフリーソフトもありますので、興味があればぜひ参考にしてください。


目次


一、TuneFab DVDリッピング

強力かつ専門的なDVDリッピングソフトとしてコピーガードを解除する機能が搭載していて、市販DVD・レンタル屋から借りたDVDのコピーガードに対応し、暗号化や地域制限で再生できないDVDの問題も解決できます。コピーガードを解除した後、本ソフトのDVDリッピング機能を利用すれば、DVD映像を多種類の出力形式に変換して様々なデバイスで再生することができるようになります。

ステップ1、TuneFab DVDリッピングをPCにインストールしてください。その後、ソフトを起動して、「DVDをロード」を押して、デバイスにDVDを追加します。

DVDをロード

ステップ2、ソフトに入れたDVDディスク・DVDフォルダ・ISOファイルの分析が終わったら、DVD映像の情報が表示されます。次には「出力形式」(すべてに適用)から出力したいフォーマットを選択してください。DVD映像と同じく画質を保ちたいなら、「オリジナル保持」を選んで高画質を維持できますが、サイズを小さくして手持ちのiPhoneやAndroidスマホで見たい場合にはほかの解像度や品質を選ぶこともできます。

出力形式

ステップ3、出力形式を決めた後、左下の保存先を押して出力先を設定してください。最後には「すべてリッピング」をクリックすれば、DVD映像から選定した出力動画形式の変換が開始します。本ソフトはDVDのコピーガードを解除して、DVD映像をリッピングして指定した動画形式で出力します。

すべてリッピング

出力時間は選定した出力形式の品質とDVD映像のサイズによって異なります。DVDリッピングが完了するまで少々お待ちください。DVDをリッピングした後には、本ソフトの動画編集機能で出力したDVD映像を加工することもできます。フィルターの追加、動画画面回転やトリミングのほかに、字幕の追加もできます。

以上はソフト「TuneFab DVDリッピング」でコピーガードを解除してDVDを動画形式に変換する操作手順です。このソフトの他にも、便利なDVDコピーガード解除ソフトがいくつありますので、次のパートを参考にしてみてください。


二、DVDFab Passkey for DVD(Passkey Lite)

市販・レンタルDVDコピーガードを解除する専門的なソフトとして、DVDFabのPasskey for DVDは暗号化・地域制限でのコピーガードを取り除けるほかに、録画したデジタル放送番組に付かれていたコピーガードの解除にも役に立ち、よく知られるコピーガードだけではなく、最新なタイプや特別なタイプにも対応します。DVDに付いた保護の情報とソフトで削除した保護の詳細を確認できるのが特徴です。DVDFab Passkey Liteは大人気のPasskey for DVDの無料版で、一部のDVD保護を解除できます。

DVDFab Passkey for DVD

簡単な操作でDVDの保護を除去できますが、DVDリッピング・コピー機能がありません。もしディスクのコピーガードを解除するほかにDVDの動画形式変換やコピーをしたいなら、DVDFabのコピーやリッピング用のソフトを試してください。


三、DVD Shrink

フリーコピーガード解除ソフトDVD Shrinkを利用すれば手軽にDVDディスクイメージを圧縮したりコピーしたりすることができます。しかし、2004年に開発終了したソフトなので、DVD Shrinkは最新のコピーガードに対応していなく、解除できないコピーガードがいっぱいあるとも言えます。ちなみに、古いソフトのDVD ShrinkはWindows 7以降のパソコンで使うと互換性エラーがたまに発生します。

DVD Shrink


四、DVD Decrypter

DVDコピー・抽出ソフトとして有名なDVD Decrypterはフリーコピーガード解除ソフトの定番とも言えます。シンプルな画面でDVDの保護をスキップできるメリットがあり、追加されたDVD映像ディスクのコピーガード種類も確認できますが、2005年に開発終了した随分古いソフトですので、最新のDVD保護を処理できなくてかえって問題が発生することもあります。

DVD Decrypter


五、WinX DVD Ripper Platinum

業界有名なDVDリッパー「WinX DVD Ripper Platinum」はコピーガードのせいでレンタルDVD・市販DVDをコピーできなくて出力エラー・入力エラーが起こる時に大きな役割を果たします。どんなDVDプロテクターでも数クリックで解除し、高品質でDVD映像をリッピング・コピーできるのが特徴です。高速でコピーガードを外し、映画DVDを劣化なしにコピーしたい方にはお勧めします。

WinX DVD Ripper Platinum

上記で説明したソフトはどちらでもよく利用されるDVDコピーガード解除ソフトです。DVDの仕様更新によってコピーガードの規格も不定期にアップデートされますので、DVDのコピーガードを外したい場合にはできるだけ最新バージョンのコピーガード解除ソフトを利用することをお勧めします。

評価: 4.4 / 5 (合計 68 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.