DVD解像度とは?DVD解像度を上げる方法

By 森川 涼

2020-12-21

DVDの動画画質というと、よく「解像度」が言われています。しかし、解像度とは一体どんなものでしょうか?DVD動画の解像度といえば、大体DVD動画の精細さということですので、ここでは動画画質、特に動画解像度について説明します。興味があればぜひ読んでください。

DVD解像度とは何?

映像は実際複数の画像を通じて動いているデータで、そして画像は細かい点で構成されています。同じ範囲の中にはどれだけの点が含まれていますか。その点の密度こそが「解像度」と言われます。

一般的には映像データの解像度が高ければ高いほど映像の情報量が増えて画質がきれいになりますが、映像や画像の解像度は限界がありますので上げすぎてもサイズが大きくなるだけで意味がありません。そして規格によってDVDディスクで記録できる容量でも制限がありますので、もし映像データのサイズが大きすぎるとDVDに収まることができない問題が出てきます。

もちろん、この問題は複数のDVDディスクで映像データを無劣化で分割して解決できますが、注意すべきなのは、設定によって分割するうちに映像データを圧縮して解像度を下げて画質を影響する場合もあります。

DVDの画質(解像度)というと、作成する時に設定されるもので、標準では解像度が720×480px(SD)、そしてビットレートが9800kbpsでDVD映像の画質を維持します。そのほか、DVDの規格によって1280×720px(HD)や1920×1080px(フルHD)のような解像度がもっと高くてサイズ・面積も大きくなるタイプもありますので、動画をDVDにする時、その解像度を決めたいなら、どの規格を基準にして調整するか、状況によって自分で選択することをお勧めします。

DVDのサイズを変更して画質を強化する方法

DVDの解像度を決めることはDVDを作成する時にするのだと言われても、実はDVD編集ソフトなどを通じてはDVDの画質を改善するのが可能です。手元のDVD映像の画質が荒いと感じてしまう時、DVD編集機能が搭載しているツールを活用して、DVDをきれいにしてください。ここでは機能が多彩なDVD編集ソフト「TuneFab DVDリッピング」でDVDの画質を良くする操作手順について解説します。

ステップ1、インストール済みの「TuneFab DVDリッピング」を起動し、メイン画面で「ツールボックス」を選んでください。

TuneFab DVDリッピング

ステップ2、ここでは豊富なDVD編集機能が表示されます。その中の「動画圧縮」機能や「動画強化」機能をクリックして、編集したいDVD動画ファイルを入れてください。

動画圧縮

ステップ3、「動画圧縮」機能では画質への影響を最低限に抑えながら、動画のサイズを小さくすることができます。詳細オプションは自分で調整できるし、圧縮後の動画のプレビューも可能ですので、DVD動画の解像度やサイズが高すぎて困る場合にはぜひこの機能を試してください。

動画圧縮

「動画強化」機能ではDVD動画の解像度を向上させ、明るさとコントラストを最適化する様々な方法を通じて、動画の画質を上げて品質を改善することができます。

動画強化

どの機能では下部には出力動画の保存先を変更できます。追加した動画が圧縮・強化された後、この保存先に出力されますので、出力動画を再生して確かめてください。 「TuneFab DVDリッピング」はDVD動画編集のほかに、DVD動画の形式変換機能も搭載していますので、DVD動画をほかのデバイスで見たい時にも、ぜひ試用してみてください。



評価: 4.4 / 5 (合計 67 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.