DVDをiPhoneに対応する動画形式に変換する方法

By 森川 涼

2020-12-28

iPhoneでDVDディスクの映像を見るためには、DVD映像をiPhoneに対応する動画形式に変換してから、それをiPhoneに転送する必要があります。そのため、ここではDVD動画形式変換ソフトの使い方を説明し、DVD映像をiPhoneで再生できる形式に変換するやり方を紹介しますので、iPhoneでDVD動画を見たい方は是非参考にしてください。



一、iPhoneで見るためにDVDデータを変換する

iPhoneでDVD動画を楽しむために、ここでは専門的なDVD変換ソフト「TuneFab DVDリッピング」を例にして、DVD映像をiPhoneに適応する動画形式に変換する方法を解説します。「TuneFab DVDリッピング」は最先端のCPUアクセラレーション技術が搭載していますのでDVD形式変換時間を短縮できます。高速変換を試したいなら下記のチュートリアルに従ってやってみてください。

ステップ1、まずはソフト「TuneFab DVDリッピング」をパソコンにダウンロードして、インストールしてください。そしてソフトを起動し、メイン画面での「+」ボタンや「DVDをロード」を押して、DVD ISO、DVDディスクやDVDフォルダをソフトに入れます。

TuneFab DVDリッピング

ステップ2、次には出力形式で変換後の動画形式を選んでください。「TuneFab DVDリッピング」ではMP4やMOVなど通常の動画形式を選択して変換するのだけではなく、「デバイス」の「Apple」ではiPhoneのタイプによって最適な形式を選ぶのも可能です。

Apple対応可能の動画形式

ステップ3、ソフト画面の左下では保存先を変更できます。その後では「すべてリッピング」をクリックしてDVD映像の形式を変換してください。DVD形式変換の進捗状況はソフト画面で表示されます。変換時間はDVDデータのサイズによって違いますので、少々お待ちください。

すべてリッピング

DVD変換が終了すると、変換されたDVD動画は指定した場所に出力されます。出力フォルダを開いて、それを再生して品質をチェックしましょう。

もちろん、これだけでは足りません。出力動画をiPhoneなどのiOS端末に入れて、iPhoneの動画再生プレーヤーでは快適に視聴できるかどうか確認する必要もあります。次にはiTunesで変換されたDVD動画をiPhoneに追加するやり方について説明します。

二、変換されたDVD動画をiPhoneに入れる

一般的にはAppleが開発・配布したサービス「iTunes」の同期機能を通じてPCでの動画ファイルをiPhoneに転送します。

ステップ1、パソコンに最新バージョンのiTunesをインストールして起動します。
ステップ2、iTunesの頂部のメニューでの「ファイル」を押して、そして「ファイルをライブラリに追加」をクリックし、パソコンから変換されたDVD動画を選んでiTunesの「ライブラリ」に入れます。
ステップ3、転送先のiPhoneをパソコンに繋ぎ、iTunesで表示されるiPhoneマークを押します。
ステップ4、左側の「ムービー」を選び、表示されたムービー同期画面で「ムービーを同期」にチェックを入れて、「ムービー」で転送したいDVD動画を選び、そして右下の「適用」を押します。

これで簡単に変換されたDVDをiPhoneに移行できます。

評価: 4.4 / 5 (合計 67 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.