TuneFabでGPUアクセラレーションを利用する

By 森川 涼

2020-07-13

画像や動画を編集する時、パソコンの動きが重くなると困るでしょう。そんな時にはGPUアクセラレーション機能が役に立てます。

目次

Part 1. GPUアクセラレーション機能とは
Part 2. 対応グラボ型番
Part 3. GPUアクセラレーション機能を起動するには
TuneFabソフトでGPUアクセラレーションを有効にする方法


Part 1. GPUアクセラレーション機能とは

GPU、全称Graphics Processing Unit(グラフィック プロセッシング ユニット)。グラフィックスを描画する際に、計算処理を担当する半導体チップのことです。専門的なデバイスとして、分析やエンジニア系の仕事向けの密集系操作を加速する事にも特化されています。スマホ、パソコンなどのシステムに搭載され、パソコンの場合にはグラボの形で利用されています。

GPUアクセラレーション機能を利用すると、ソフトウェアの密集系計算をGPUに移して、残り部分CPUを利用して処理することができます。故にGPUアクセラレーション機能はソフトの動きを軽くして、性能を向上させます。一方、ソフト開発者はGPUアクセラレーションの特性、並列プログラミングモデルのサポートを活用することができます。よって、より良いソフト性能を提供することがになります。開発者以外の一般ユーザでも、動画編集ソフトやビデオコンバーターなどのソフトウェアを利用する時もGPUアクセラレーションを活用できます。


Part 2. 対応グラボ型番

GoogleでGPUアクセラレーションを検索すると、数百万の検索結果が出てきます。どっちが一番いいのが分からなくても大丈夫、TuneFabはIntel Quick Sync Video、AMD OpenCL™ Accelerated Parallel Processing、NVIDIA NVENCなど現在主なGPUアクセラレーション技術を対応できています。

TuneFabのソフト製品を利用する時、基本的に全型番のグラボでGPUアクセラレーショング機能を利用可能です。

グラボ以外のシステム要求は下記になります。

システムリスト




Part 3. GPUアクセラレーション機能を起動するには

GPUアクセラレーションを利用するためには、対応するグラボ以外に少し設定を行い必要があります。これからはIntel Quick Sync Videoを一例として、パソコンでGPUアクセラレーション機能を起動する手順を展示させてください。

ステップ1

Microsoft公式サイトから適用なグラボドライブをダウンロード・インストールしてください。



ステップ2

デスクトップで右クリックメニューから「画面の解像度」>「検出」をクリックして無効なビデオ出力先を検出します。

画面の解像度



ご注意:Windows 10ではデスクトップで右クリックメニューから「ディスプレイ設定」>「ディスプレイの詳細設定」上にある「検出」ボタンをクリックしてください。

ディスプレイ設定



ステップ3

検出された「Intel® HD Graphics output Graphics」を選択し、「複数のディスプレイ」ボックスに「次での接続を試行する:VGA」を選択して、「適用」をクリックします。

次での接続を試行する


ステップ4

メインディスプレイを選択した後、「複数のディスプレイ」ボックスから「表示画面を拡張する」を選択します。「適用」と「OK」を押したら「画面の解像度」設定を閉じてください。

表示画面を拡張する



これで、PCを再起動したらIntelアクセラレーションが適用されているかを確認することができます。


TuneFabソフトでGPUアクセラレーションを有効にする方法

TuneFabソフトの場合、GPUアクセラレーション機能起動中ならば、メイン画面の右上に色つけボタンが表示されるはずです。GPUアクセラレーション起動状態でソフトを利用すると、効率が明らかに良くなります。

TuneFabソフト



評価: 4.4 / 5 (合計 67 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.