close years-promotion close years-promotion

「DJ初心者向け」Spotifyの音楽をDJにする方法

By 森川 涼

2022-06-14

世界最大の音楽配信サービス「Spotify」は何千万の配信曲を無料で聴き放題です。洋楽や邦楽がたくさんあって、雰囲気や好みに合わせるプレイリストも豊富に取り揃えています。友達との集まりやパーティーなどでSpotifyの楽曲をミックスして、DJにできたらいいですね。そうしたら、音楽を聴きながら、気分がもっと盛り上がるでしょう。そこで、本記事では、Spotifyの音楽をDJにする方法をご紹介したいと思います。



目次


一、SpotifyをDJアプリでミックス・再生できるか?

以前なら、Spotifyと連携できるDJアプリやソフトを利用して、Spotifyの音楽をミックスすることです。残念ながら、2020年7月1日から、SpotifyがサードパーティーのDJアプリやソフトで全く使え無くなりました。その後、有名なDJソフトalgoriddim社の「djay」はWindows版のDJay ProやiOS版の DJay Proがすべて利用できなくなりました。


つまり、SpotifyをDJアプリと連携して、直接にアプリで音楽をミックスしたり、再生したりすることができません。

djayでSpotifyをプレイできない

でも、ご心配しないでください。実は別途Spotify音楽変換ソフトを利用して、DJにしたい曲をMP3に変換・ダウンロードして、DJソフトやアプリに転送したら、Spotifyの音楽のミックスが実現できます。

二、Spotify音楽変換ソフトで曲をダウンロードする方法

Spotifyの音楽をdjay、rekordbox、Serato DJなどでDJミュージックを作成するには、Spotify音楽変換ソフトでSpotifyの曲をダウンロードして、DJソフトに入れる方法をお勧めします。ここでは、超人気のSpotify音楽変換ソフト「TuneFab Spotify音楽変換ソフト」をご紹介します。このソフトによって、Spotify無料会員でも、Spotifyを解約後でも、曲のDRM保護を解除して、自由にダウンロードして、DJソフトやアプリに転送できます。


「TuneFab Spotify音楽変換ソフト」はSpotify向けの究極な音楽ダウンロードと変換ソフトです。無料会員と有料会員に関わらず、Spotifyから曲、プレイリストとアルバムをダウンロードして、MP3、M4Aなどの形式として高品質で保存できます。これを使えば、Spotifyの音楽をDJミュージックに転送して音源として使えます。


TuneFab Spotify音楽変換ソフトの優秀な機能:

- Spotifyの曲、プレイリストとアルバムを一気にダウンロード

- MP3、M4A、WAV、FLAC多様な形式に出力

- 100%オーディオ品質をロスレスで保存可能

- タイトル、アーティスト、アルバムなどのID3タグを保持

- 出力ファイルにトラック番号を追加

- 最新バージョンのSpotify/Windows/Macに対応

DJミュージック作成のためにSpotify曲をダウンロードする手順

以下では、「TuneFab Spotify音楽変換ソフト」を利用して、Spotifyの音楽をMP3としてダウンロードする手順をご説明します。


ステップ1.音楽変換ソフトを起動

「TuneFab Spotify音楽変換ソフト」を起動して、ソフトはSpotify Web Playerを搭載しているのため、Spotifyアカウントでログインする必要があります。

メイン画面

ステップ2.MP3に変換したいSpotifyの曲を追加

DJにしたいプレイリストを開いた後、右下のボタンをクリックして、全曲は変換リストに追加されます。

Spotifyの曲を追加

ステップ3. 変換したいSpotifyの音楽を選択

リストで変換したい曲を選択してください。または「すべてを選択」ボタンを使い、追加されたSpotifyの曲を一括選択するのもできます。

Spotifyの曲を追加

ステップ4. 出力形式を設定

画面の右上のドロップメニューを開き、リスト全体の出力形式を自由に指定することができます。また、リストで各曲の出力形式を別々に指定することもできます。

Spotifyの曲を追加

ステップ5. 出力フォルダを設定

画面の左下にある出力先「選択」ボタンをクリックしたら、Spotifyの曲の出力フォルダを変更できます。

Spotifyの曲を追加

ステップ6. Spotifyの音楽をMP3に変換

全ての設定が完了した後、「変換」ボタンをクリックすると、変換が始まります。変換後、「変換完了」の画面でSpotify楽曲の変換履歴を確認できます。

Spotifyの曲を追加

このように、MP3に変換したSpotifyの音楽をパソコンに保存されます。出力フォルダを開いて、Spotifyの曲をdjay、rekordbox、Serato DJなどのDJソフトにアップロードして編集することができます。また、DJソフトに転送して、ミックスした曲を多様なスタイルで表示させ、より多くの人に楽しみをもたらすことができます。

三、Spotifyの音楽をDJする二つの方法

方法1、変換したSpotifyの音楽をDJソフトに追加する

以上のSpotify音楽変換ソフトでダウンロードした曲をサードパーティのDJソフトに追加するこそ、DJにすることができます。今回は優秀なエフェクターが数多く搭載されて、初心者に向ける「Serato DJ」というソフトをお勧めしたいです。このソフトは無料版と有料版があります。


以下はその転送手順を説明します。


ステップ1.「Serato DJ」をダウンロードして、起動します。


ステップ2.上記ダウンロードした曲の出力フォルダをSerato DJの左下のライブラリのパネルにドラッグ、ドロップして追加します。


ステップ3.出力ファイルを選択して、Serato DJのデッキにドラッグ、ドロップすれば、Spotifyの音楽をSerato DJに追加することが完了しました。その後、それらの音楽を再生・ミックスすることできます。

Serato DJ

方法2、SpotifyでSpotifyDJモードを利用する

Spotifyの音楽を音楽変換ソフトでダウンロードして、サードパーティのDJソフトにインポートすることがSpotifyの楽曲をDJできます。それ以外、通常音楽のデータやレコードなどを揃え、Pioneer DJなどのDJコントローラーを利用して、本格的なDJミックスを行うこともできます。もちろん、DJコントローラーを買うにはお金がかかり、使用方法も複雑なので、予算がない方やDJ初心者の方にはお勧めしません


実はSpotifyの音楽をDJにする方法はもう一つあります。つまり直接にSpotifyのDJモードを利用することです。Spotify自体のDJモードを通して、Spotifyが提供する楽曲がすべて使えるし、ミックスできるし、DJをプレイできるようになります。また、この方法を採用すれば、高い予算とややこしい操作手順を気にする必要がありません。


Spotify にはクロスフェード機能があります。その機能を使うと、Spotifyの音楽が自動的にビートマッチングし、途切れることなく再生できます。


ステップ1:Spotifyを起動して、アカウントにログインしてください。


ステップ2:DJしたいお気に入りのプレイリストを作成し、Spotifyの音楽を追加します。


ステップ3:画面の右上から逆三角のようなアイコンをクリックして、「設定」を選択します。「詳細設定を開く」まで下に下にスクロールして、クリックします。

Spotifyの設定を開く

詳細設定を開く

ステップ4:「再生する」から、「曲をクロスフェードする」をオンにします。スライダーを左右移動してクロスフェード時間に調整します。そうすると、音楽を聴いている時、隙間なく次の曲を再生できます。

曲をクロスフェードする

これは、SpotifyDJモードを使用してSpotifyでDJを行う方法です。簡単な操作ステップで、プロのDJのようになり始めるかもしれません。


しかし、ここで注意すべきなのは、SpotifyDJモードを使用する場合は、音楽の再生途中で広告で中断されたくないなら、Spotify Premium にアップグレードする必要があります。


その時、「TuneFab Spotify音楽変換ソフト」を利用して、Spotifyの曲をMP3にダウンロード・変換して、DJアプリやソフトに移行することがもっとお勧めしたいです。Spotifyを解約しても、広告などの制限なしに自由に音楽を再生できます。

最後に

以上は、Spotifyの音楽をDJにする二つの方法です。お役に立てれば幸いです。ご紹介した「TuneFab Spotify音楽変換ソフト」Spotifyの曲をダウンロードして、DJソフトと連携して、ミックスすれば、新しいスタイルがする曲になれます。それだけでなく、iPhone、Android、MP3プレーヤーなど任意のデバイスに転送したり、オフラインで再生したり、CDに焼いたりすることもできます。とても実用的なソフトなので、ぜひ使ってみてください。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)