「車でも聴ける!」Amazon Musicを車で自動に再生する方法

By 幾田 千夏

2022-05-18

現在の音楽聴き放題サービスを利用すれば、車で何千万の曲を快適に楽しめます。Amazon Musicの曲を車で再生したいけど、どうやってAmazon Musicの曲を車で再生できるのでしょうか。この記事でAmazon Musicのお気に入りの曲を車で聴くための様々な方法について紹介します。興味があれば今すぐチュートリアルに従ってやってみましょう。



目次


方法一、Amazon MusicをUSBにコピーして車で再生する

車で曲を聴く方法というと、曲ファイルをUSBにコピーしてから、USBをカーナビに入れて再生するのが一番簡単なやり方ですが、Amazon Musicの制限によって、Amazon Musicの曲はパソコンに手軽にダウンロードできないし、曲ファイルをUSBにコピーしても正常に再生できるわけではありません。そのため、普通の音楽ファイルはUSBにコピーすれば簡単に車では再生できますが、Amazon Musicの曲を再生するためには特別な音楽形式変換ソフトが必要です。


ここでは「TuneFab Amazon Music変換」を利用して曲の制限を解除してから、曲ファイルをUSBにコピーして車で再生する操作手順について説明します。

「TuneFab Amazon Music変換」を使って、Amazon Musicの曲をダウンロードする方法

ステップ1、TuneFab Amazon Music変換ソフトをインストール

TuneFab Amazon Music変換ソフトを利用するためには、ソフトをPCにダウンロードしてからインストールする必要があります。

ステップ2、ソフトを起動

TuneFab Amazon Music変換ソフトを実行し、そしてAmazonアカウントでソフトの埋め込みのAmazon Musicウェブプレーヤーにログインしてください。

ソフト画面

ステップ3、プレイリストを追加

次には車で聴きたい曲のプレイリストを開き、ソフトでの右下の「+」ボタンを押してください。これでプレイリストの曲はすべてウェブプレーヤーからソフトに追加されます。

プレイリストを追加

ステップ4、Amazon Music曲を選ぶ

リストから車で聴きたいAmazon Music曲を選びましょう。「すべて選択」を押して一括選択して変換するのも可能です。

曲選択

ステップ5、出力形式や保存先を設定

次には車で聴きたい曲の出力形式(ソフトの右上)と出力先(ソフトの左下)を設定してください。車のカーナビによって再生できる音楽形式は違いますが、出力形式というと汎用性が優れてファイルサイズが小さいMP3形式をお勧めします。そのほか、出力先を直接USBに設定し、或いはPCでの保存場所を選んでください。

出力形式や保存先を設定

ステップ6、曲の変換・コピーを開始

すべてが完成したら、ソフトの「変換」を押してください。リストの中の曲はすべて変換されます。

変換開始

変換された曲の履歴はソフトの上部の「変換完了」を押せば表示されます。ここでの「出力ファイルを開く」を押して、変換された音楽ファイルの品質をチェックしてから、曲をUSBにコピーしてください。

変換履歴

方法二、Amazon Musicの曲をCDに焼いて車で再生する

Amazon Musicの曲はDRM制限によって手軽にCDに焼くことができませんので、それをCDに焼いて車で再生したい場合、上記のTuneFab Amazon Music変換ソフトの操作ガイドを参考にして、曲の形式を変換しておく必要があります。ここでは曲を高音質で汎用性も高いMP3に変換してからCDに書き込むことをお勧めします。


MP3に変換されたAmazon Musicの曲はWindows側の初期標準ソフト「Windows Media Player」を利用すれば簡単にCDを焼くことができます。


ステップ1、パソコンでの「Windows Media Player」を起動してからCDに書き込みたい曲を探します。CDに焼きたい曲を右クリックして「追加」>「書き込みリスト」で音楽を書き込みリストに追加できます。右上の「書き込み」でリストに追加された曲を確認できます。

音楽を追加

ステップ2、次には保存先のCDをパソコンにセットして上部の「書き込み」の右下の「書き込みオプション」を押して、「オーディオCD」を選びます。

書き込みオプション

ステップ3、次には「書き込み」の下にある「書き込みの開始」を押して曲をCDに焼いてください。

曲をCDに焼く


もちろん、初期搭載ソフトではなく專門的なCD書き込みソフトを利用して曲を焼くこともできます。ここではWindowsに対応する「ImgBurn」とMacに対応する「Burn」でCDを焼くやり方も説明します。

Windowsの場合:

ステップ1、空のCDを挿入してから、ダウンロード済みの「ImgBurn」を起動し、「Write files/folders to disc」を押します。

「ImgBurn」を起動

ステップ2、「Browse for a folder」を選び、CDに焼きたい曲を選びます。

焼きたい曲を選ぶ

ステップ3、「ファイルからディスクに」のアイコンを押して、最後の確認のウィンドウがポップアップされます。「Yes」を押して書き込みを始めましょう。

書き込みを始める

ステップ4、CDを焼くには時間がかかります。書き込みが完成する前にソフトで進捗状況を確認できます。

進捗状況を確認

Macの場合:

ステップ1、インストール済みの「Burn」をMacで起動し、そして「Burn」の「Audio」を押してから、左下の「+」ボタンをクリックして焼きたい曲を選びます。次には作成したいCDの種類を選ぶ場合、「オーディオCD」または「MP3 CD」を選んでください。最後には右下の「Burn」を押します。

CDの種類を選ぶ

ステップ2、次には書き込み先のCDを選び、書き込みのスピードを設定できます。そして右下の「Burn」を押せば、CDの書き込みが始まります。CDを焼く作業が完成するまで少々お待ちください。

CDを焼く

Macの場合には、「Burn」だけではなくMacの「ミュージック」アプリでもCDを作成することができますので、CDを焼く操作ガイドは​​Appleの公式ページに載せていますので参考にしてください。

方法三、Bluetooth接続でAmazon Musicを再生する

スマホでAmazon Musicアプリをインストールしておけば、Bluetoothを通じてスマホと車を接続してAmazon Musicアプリの曲を聴くことができます。Bluetoothで一度ペアリングすれば次回以降は自動的に接続するようになります。次にはその接続方法について紹介します。


ステップ1、スマホのBluetoothをオンにして、車のカーナビのBluetooth設定をします。


ステップ2、カーナビの設定は種類によって操作方法も異なりますが、「システム設定」>「Bluetooth設定」で接続したいスマホを選択するのがほとんどです。


ステップ3、ペアリングを確認するための認証コード(PIN)が表示されます。スマホとカーナビでは同じコードが表示されるかどうか確かめてください。そしてペアリングします。

方法四、iPhoneのCarPlayを使ってAmazon Musicの曲を車で再生する

iPhoneユーザーの場合にはCarPlayを活用して音楽を聴けますので、次の操作ガイドによってAmazon Musicの曲をiPhoneのCarPlayで聴いてみましょう。もちろん、車種・ステレオ・カーナビはCarPlayに対応する必要があります。


ステップ1、車のエンジンをかけ、Siriがオンになっておきます。


ステップ2、iPhoneをUSBケーブルで車に接続してください。


ステップ3、CarPlay の設定をしておけば、運転中にiPhoneの「ミュージック 」アプリの曲が再生するようになります。


ヒント:一部の車はワイヤレスのCarPlayにも対応しますが、それならiPhoneの「設定」>「一般」>「CarPlay」>「利用可能な車」でお車を選んでください。自分の車がワイヤレス接続に対応かどうか分からない場合、車両の取扱説明書を参考にしてください。


ご注意:CarPlayを利用しても、Amazon Musicの制限によって曲を再生できない場合もあります。この問題を解決したい場合、上記のTuneFab Amazon音楽変換ソフトを活用して、曲をCarPlayでも自由に再生できる音声形式に変換しておいてください。

まとめ

上記の方法から自分に最適なタイプを選び、Amazon Musicの曲を車のBGMとして楽しめてみましょう。Amazon Musicの曲は制限が掛かっていますが、專門的な「TuneFab Amazon Music変換」を活用すれば制限を解除して車でも聴けますので、自由に車でAmazon Musicの音楽を聴きたい方はぜひ試してください。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.