close years-promotion close years-promotion

「2022最新」iTunesからSDカードに音楽を入れる方法

By 石橋 東雅

2022-06-29

iTunes(アイチューンズ)は音楽、オーディオブックや映画などを楽しめるApple社が提供しているサービスです。スマホなどで再生することは満足できなく、お気に入りの楽曲を集めて、他の設備やCD、SDカード(外部ストレージカード)などに取り込みたい方はきっといるでしょう。特に車を所有している方にとって、iTunesの曲データをSDカードに移したら、カーナビに入れて音楽を楽しめて、運転中でも音楽の癒しを感じることができます。


では、ここではiTunesからSDカードに音楽を入れたい方のために、二つの方法をご説明します。


目次



一、iTunesのDRMフリーやDRM保護付き

現在、iTunes Storeの楽曲がDRMフリー化されますが、DRM保護付きの曲も存在しています。DRMは、音楽をはじめとするデジタルコンテンツの無制限な複製および流通を阻止する目的で導入されています。DRMフリーとは、デジタルコンテンツの無制限な複製を防ぐために、デジタル著作権管理(DRM)技術を追加されていないということです。


ですから、iTunesの一部の音楽はDRMコピーガードフリーとなっているので、カードリーダーをパソコンにつないで、SDカードを挿入してから、好きな曲をコピーしてSDカードに貼り付けることで、iTunesからSDカードに音楽を入れます。一方、ずっと前から買った曲なら、DRM保護付きの音楽は暗号化され、直接ファイルをSDカードに入れるでも、Apple公式のデバイスやアプリ以外で再生することができません。


では、以下の方法の説明は二つの部分に分けられます。ライブラリに保存されているDRM保護付きのiTunes音楽やDRMフリーのiTunes音楽をSDカードに入れる方法をそれぞれ説明します。

二、iTunesからSDカードに音楽を入れる方法「DRM保護付き」

iTunesから購入した曲、そしてApple Musicからダウンロードした音楽などは音声ファイルとしてパソコンに保存されています。Windowsパソコンの場合にはデフォルトで「PC>ミュージック>iTunes>iTunes Media>Music」というフォルダに保存され、Macのデフォルト保存位置は「Finder>ミュージック>iTunes>iTunes Media>Music」になります。


DRM保護付きのiTunes音楽は直接にダウンロードしても、規定されているデバイスでのみ再生でき、他のデバイスやプレイヤ、SDカードに転送して、音楽を楽しめることができません。


Apple Musicの曲、或いはiTunesから購入した暗号化された曲をSDカードに入れようとする時には、まず「TuneFab Apple Music変換ソフト」で曲のDRM保護を解除しましょう。


「TuneFab Apple Music変換ソフト」はiTunesやApple Musicの曲やオーディオブックのDRM保護を外して、音楽の形式を劣化せずにMP3・M4A・WAV・FLAC・AACなど汎用音声形式に変換することができます。また、このソフトはWindows・Macに対応し、簡潔なインターフェースを持っているので、音楽DRM解除や形式変換に詳しくない初心者でもこのソフトでは数クリックだけで、iTunesから音楽をSDカードにインポートして、車やAndroidなどのデバイスで再生できます。そのほか、変換して、SDカードに移入されても、アーティスト、アルバムなど曲のID3情報をそのまま保持できます。

iTunes音楽のDRM保護を解除して、SDカードに入れる手順

ステップ1、ソフトを起動

まずはソフトを起動してください。ソフトが実行するとiTunesも自動的に起動されます。iTunesの曲の情報を読み取るために、ソフト使用中にはiTunesを閉じないでください。

SDカードに転送したい曲を選択

ステップ2、SDカードに転送したい曲を選択

ソフトではiTunesのライブラリの曲が表示されますので、次にはその中からSDカードに入れたい曲を選んでください。そして、iTunesの曲の変換形式を選択します。このソフトはMP3・M4A・AAC・WAVなどの形式の変換に対応しているので、自由に選択できます。また、変換後の音楽の保存先は自由に設定できます。「出力フォルダ」を直接SDカードに設定することも可能です。そうすれば直接音楽をiTunesから変換し、SDカードに入れることができます。

出力フォルダ変更

ステップ3、iTunes曲を変換して、SDカードに出力

これでDRM付きのiTunesの曲は変換されて、SDカードに出力されます。変換中に曲の進捗状況はソフトで確認できます。全ての曲の変換が完了したら、SDカードを開いてiTunesから入れた音楽を再生してチェックしてください。

、iTunes曲をSDカードに出力

この方法でiTunes音楽からSDカードに入れる音楽はDRM保護が既に解除されたため、Apple以外の端末やプレイヤーにも自由に聴けます。操作も簡単ですので、もし興味があればぜひ下にあるボタンからソフトをダウンロードして実際に使ってみてください!

三、iTunesからSDカードに音楽を入れる方法「DRM保護なし」

iTunesからSDカードに音楽を入れるための方法はもう一つあります。つまり専用のデータ転送ソフトを使うことです。以下は「FonePaw DoTrans」というソフトを使いながら、iTunesからSDカードに音楽の入れ方を紹介します。


このソフトはAndroid、iOSやWindowsシステムシステムに対応しています。以下はiPhoneでTunesの音楽をSDカードに入れる方法を説明します。


ステップ1、ソフトを実行して、スマホをPCに接続すれば、ソフトはデバイスを検出して、詳細情報がソフトのメイン画面に表示されます

FonePaw DoTrans

ステップ2、左側の「音楽」をクリックすると、iPhoneでの音楽をチェックできます。そして、SDカードに転送したいiTunesの曲を選択します。頂部の「PCへエクスポート」をクリックして、簡単にパソコンに転送できます。


ヒント:iTunesの曲はデフォルトでは「ミュージック\iTunes\iTunes Media」という場所に保存されます。もしiTunes曲ファイルの保存先を変更したいなら、iTunesの「編集」>「環境設定」>「詳細」で設定します。

デバイスでのiTunes音楽をチェック

ステップ3、カードリーダーをパソコンにつないでSDカードを挿入してください。そして、SDカードのフォルダを開き、転送された曲をコピーしてSDカードに貼り付けることだけで、iTunesからSDカードに音楽を入れられます。

転送された曲をコピーしてSDカードに貼り付ける

以上はデータ転送ソフトを利用してiPhoneからSDカードに音楽の入れ方です。Androidの場合もそれと大きな区別はありません。安定的にiTunesでの曲をSDカードにインポートできます。

四、iTunesからSDカードに音楽を入れるに関するFAQ

iTunesからSDカードに音楽を取り込めない時の対処法

1.まずはiTunesのバージョンを確認すべきです。最新バージョンでなければ、iTunesの音楽をSDにインポートできない状況もあります。こんな時には、Apple公式サイトから最新バージョンのiTunesを再ダウンロードして、再インストールしてください。


2.USBケーブルでデバイスをPCに接続しているかどうかを確認します。


3.お使いのiTunes或いはパソコンを再起動してみてください。時には問題を解決できます。

iTunesからSDカードに音楽を入れる前の準備は?

iPhoneやAndroidからiTunes音楽データを移行させたい場合は一度PCへデータを移す必要があります。また、データを移動させるためのSDカードも不可欠です。ですから、以下の準備は必要です。


1.iTunesがもうダウンロードされたことを確認すべきです。


2.WindowsでもMacでも構いませんので、PCを準備しておく必要があります。


3.家電量販店などからSDカードを購入しておいてください。

まとめ

以上はiTunesから音楽をSDカードに移入する二つの方法です。お役に立てれば幸いです。DRM保護付きのiTunes曲とDRMフリーの曲に対応できる方法が提供されていますので、必要に応じて操作すればいいです。その中で、「TuneFab Apple Music変換ソフト」は強力的なiTunesのDRM保護解除 機能を見せます。iTunesの音楽を簡単にMP3などの形式に変換して、車のカーナビやAndroidスマホのSDカード音楽に入れることができます。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)