close years-promotion close years-promotion

【超簡単】Apple Musicの曲をCDに焼く・書き込む方法!初心者でもできる

By 森川 涼

2022-10-21

Apple Music(アップルミュージック)はApple社が提供している、iPhone、iPadなどのiOSデバイスでしか使えない音楽ストリーミング配信サービスです。Apple Musicの曲は購読期間中にのみに聴けます。購読期間が終わっても、恒久的に聴きたいなら、また、ただApple Musicアプリで音楽を聴くことが物足りないと思い、CDプレイヤー、車などで音楽を再生したいなら、Apple Musicの曲をCDに焼くことが一番いい解決方法です。



目次


Apple Musicの曲をCDに焼くには

iTunesには音楽をCDに焼く機能がありますが、MP3、M4Aなど保護されていない音楽のみに適用します。Apple Musicの曲を直にCDに書き込みたい方は多くいるが、残念ながらそれはできません。なぜかというと、直にApple Musicからダウンロードされた曲には全てDRM保護が掛かれて、自由に扱うことは難しいからです。故にApple Musicの曲をCDに焼くには、DRM保護を解除できるサードパーティー製ソフトの力が必要なのです。


Apple Musicの曲をCDに焼くのに適した形式に変換

上記のように、Apple Musicでの曲をCDに書き込むには、まずはApple Musicの曲を汎用性の高いMP3形式に変換するのがおすすめです。DRM保護されたApple Musicの曲を高品質で変換して保存するには、「TuneFab Apple Music変換ソフト」をお勧めします。


「TuneFab Apple Music変換ソフト」にはMP3、M4A、WAV、FLACなど多様な出力形式が用意されており、それに、10倍の変換スピードでApple Musicの曲を変換できます。また、変換後、アーティスト、アルバムなど曲のIDタグ情報もすべて継承できます。このソフトを利用すれば、Apple Musicの曲を一括で変換して、保存できます。その後、変換された音楽をCDに焼くだけで、Apple Musicを解約しても、無制限でCDを通して音楽を聴くことが実現できます。

優れた機能:

lApple Musicの音楽を高音質でMP3、M4A、FLACなどの出力形式に変換できる
l複数の曲を一括で同時に変換できる
l曲のID3情報をそのまま保持
l最大10xの超高速で無損失で音楽を変換できる
lApple MusicのDRMを解除できる


Apple Musicの曲をMP3に変換する手順

Apple Musicの曲をCDに焼きたい場合、まずApple Music音楽をMP3に変換しておかなければいけません。ここでは、TuneFab Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicの曲をMP3に変換する方法を説明します。


ステップ1、ソフトを起動

TuneFab Apple Music変換ソフトをPCにダウンロードしてインストールしてください。ソフトを起動し、「Apple ウェブプレイヤーを開きます」を押します。

Apple ウェブプレイヤーを開きます


ステップ2、Apple Musicウェブプレーヤーにログイン

右上の「サインイン」アイコンをクリックし、Apple IDを入力してサインインしてください。Apple IDにサインインしていない場合、Apple Musicの楽曲を変換することができません。

Apple IDでサインイン


ステップ3、Apple Musicの曲を追加

変換したいApple Musicの楽曲/アルバムを画面右側の「+」ボタンにドラッグすると、変換リストに追加します。

Apple Musicの曲を選択


ステップ4、出力形式と出力品質を設定

出力形式は、CDが対応しているMP3形式に設定することができます。出力形式に合わせてプロファイルを自動調整することができます。また、各種パラメーターの調整も可能です。最後に「変換」をクリックすると変換が開始されます。

出力形式を設定

これでApple Musicの曲をMP3に変換する工程が終わりました。「TuneFab Apple Music変換ソフト」をダウンロードして、以上の手順を従ってやってみましょう。これからの内容は、Apple Musicの曲をCDに焼く方法についての紹介です。一緒にやって、お好きなApple Musicの曲をCDに書き込みましょう。


MP3に変換されたApple Musicの曲をCDに焼く

Apple Musicの曲をMP3に変換した後、それらの曲をCDに焼くステップに入ります。ここでは、MP3に変換された曲をCDに焼く方法を3つ紹介します。直接に「Windows Media Player」やiTunes を使っても、他のCDに焼けるソフトを使っても、Apple Musicの曲をCDに焼くことが実現できます。難しいとも言えませんので、以下通りに操作したら、初心者でも簡単に使いこなせます。

方法1:Windowsユーザーなら、「Windows Media Player」でCDを焼く

「Windows Media Player」はWindowsが元々搭載しているシステムアプリで、ダウンロードやインストールする必要もなく、使い方も簡単です。まず、パソコンと空のCDを用意してください。


ステップ1、「Windows Media Player」を起動

まずはWindowsのメニューバーの「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧から「Windows アクセサリ」→「Windows Media Player」の順にクリックします。Windows Media Playerが起動したことを確認します。

Windows Media Player起動


ステップ2、書き込みリストに音楽を追加

CDに書き込みたいApple Musicの楽曲を右クリックし、表示されるメニューから「追加」→「書き込みリスト」の順にクリックします。この手順を繰り返し、全部の音楽をリストに追加してください。そして、右側の「書き込み」ボタンでリストを確認できます。

書き込みリストに追加


ステップ3、書き込みオプションを設定し、書き込むを開始

新しい空のCDをパソコンにセットします。「書き込み」タブの右下にある「書き込みオプション」をクリックし、表示されるメニューから「オーディオCD」をクリックします。

書き込みオプション


確認完了なら、「書き込みの開始」ボタンをクリックします。Apple Musicの曲の書き込みが完了するまで、しばらく待ちます。

書き込み開始

方法2:iTunesを使って、Apple Musicの曲をCDに焼く

iTunes実はApple Musicの曲をCDに焼ける機能を内蔵しています。では、iTunesを利用して、具体的な書き込む手順を詳しく説明します。


ステップ1、プレイリストを作成してMP3をiTunesライブラリに追加

iTunesを起動して、メニューバーの「ファイル」>「新規プレイリスト」との順で新規プレイリストを作成します。そして、MP3に変換された曲を新規プレイリストに追加します。追加方法は、「ファイル」>「ライブラリにファイルを追加…」或は「フォルダーをライブラリに追加…」をクリックして、MP3に変換された曲をiTunesライブラリに追加します。次は、それらの曲を新規プレイリストに追加してください。

MP3をiTunesライブラリに追加


ステップ2、iTunesでApple Musicの曲(MP3形式)をCDに焼く

空のCDをPCに内蔵しているCDドライブ或いはPCに接続した外付け型ドライブに挿入します。CD ディスクが認識されるまでしばらくお待ちください。そして、iTunesでCDに焼きたいプレイリストを右クリックして、「プレイリストからディスクを作成」をクリックします。

MP3をCDに焼く


ポップアップしたウィンドウにある「ディスクフォーマット」から、「オーディオCD」または「MP3 CD」を選択します。最後は、「ディスクを作成」をクリックすれば完成です。Apple Musicの曲をCDに焼いて永遠に保存できます。

ディスクフォーマットを選択

方法3:CDに焼けるソフトを使って、Apple Musicの曲をCDに書き込む

これから、Windows・Macユーザーに向ける方法をそれぞれ紹介します。自分の設備に応じて、以下の方法を自由に選択し、CDに書き込みたいApple Musicの曲を焼いてください。


Windows版:


ステップ1、このページで、Apple Musicの曲をCDに焼けるフリーソフト「ImgBurn」をダウンロードします。


ステップ2、空のCDを挿入します。そして、ImgBurnを起動して、「Write files/folders to disc」をクリックします。

imgburnのインターフェース


ステップ3、「Browse for a folder」をクリックして、CDに焼きたい音楽ファイルを選択します。

ファイルをimgburnに追加


ステップ4、「ファイルからディスクに」のようなアイコンをクリックしします。CDに焼く前に、確認のウィンドウがポップアップします。「Yes」をクリックして、進めてください。そうしたら、Apple Musicの曲をCDに取り込み始まります。

確認


完成する前に、時間がかかるのでしばらくお待ちください。そして、Apple Musicの音楽をCDへの書き込みが完成します。

CDに焼く


Mac版:


Macユーザーに向けるApple Musicの音楽をCDに焼く方法はこちらです。


ステップ1、このページで、無料で使えるMac用CD書き込みソフト「Burn」をダウンロードします。

Burnを起動して、インターフェースで「Audio」をクリックします。「+」ボタンをクリックして、CDに焼きたいファイルをソフトに追加します。ここで、「オーディオCD」または「MP3 CD」をお勧めします。

そして、「Burn」をクリックします。

ファイルをburnに追加

ステップ2、 ポップアップしたウィンドウで焼くスビートを設定できます。ここで、Maximum Possible(2X)をお勧めします。

焼くスビートを設定

ステップ3、 「Burn」をクリックして、MacでApple Musicの音楽をCDに焼く最後の工作を始めます。少々お待ちすれば、CDの作成が完成します。

CDに焼く

Apple Musicの楽曲をCDに焼くに関する質問

Apple Musicの曲をCDに焼くことは違法ですか?

Apple Musicの音楽は著作権保護が付いているために、一般的にはCDに書き込むことができませんが、DRMを解除できるApple Music音楽変換ソフトにより、MP3形式に変換・ダウンロードしてから、オーディオをCDに書き込むなら、問題が解決できます。しかし、Apple Musicの音楽を無断転用し、曲が書き込んだCDを非正規ルートで営利目的のためにレンタル・販売する場合は違法で、禁じられています。ご注意ください。


だが、ただ個人の鑑賞用なら、販売などの商業行為を行わない場合は問題ではなく、違法行為になりません。

書き込みCDの容量が足りない場合はどうする?

Apple Musicのプレイリストの容量がディスクの容量より多い場合は、別のディスクを挿入して残りの項目の書き込みを続行します。オーディオCDを作成する場合、トラック情報(曲名、アーティスト名、アルバム名)は、最初に作成されたディスクにのみ含まれます。他のCDの曲はトラック番号のみ表示されます(例:「トラック01」、「トラック02」)。

AApple Musicの曲をCDに書き込む時の注意点

1.出力形式は必ず汎用性のあるMP3形式にしてください。

Apple Musicの曲がMP3形式に変換されていないなら、CDプレイヤーでCDを聞けない場合があります。

2.CDに焼きたい曲のチェックボックスにマークがあるからどうかを確認してください。

Windows Media PlayerやiTunesを使用して音楽を焼く場合、CDに焼きたい曲のチェックボックスをクリックして、チェックが表示されたら、選ばれたという状況になりました。しかし、チェックが入っていない曲は、自動的に除外され、CDに焼けません。焼く前に、必ず確認してください。

3.CDの容量をオーバーしないようにしてください。

大量なデータをプレイリストに入れる時、容量が足りなく、焼くことできない場合もありますので、書き込む前に、CDの容量を予め確認しておいてください。


まとめ

以上は、Apple Musicの曲をCDに焼く方法についての紹介でした。「TuneFab Apple Music変換ソフト」という専門的な変換ソフトを使い、Apple Musicの音楽をMP3に変換すれば、簡単にApple Musicの音楽をCDに書き込めます。この方法を従い、家でも、車でも、どこでもApple Musicを存分に楽しみましょう。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)