【初心者向け】Apple Musicから曲をCDに無料で焼く・取り込み方法!

By 藤原 陽翔

2023-12-12

時には、デジタルではなく物理的な形で人気音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の楽曲を楽しみたいと思うことがあります。では、無料でApple Musicの曲をCDに焼く秘訣を知りたいですか? Apple Music(アップルミュージック)の利用者の方にとって、CDに曲を焼くことは高品質の音楽を手軽に楽しむ方法の1つでしょう。


しかし、Apple Musicの曲にはDRMがかかっていますので、直接CDに焼くことはできません。この記事では、無料でアップルミュージックの曲のDRM保護を解除し、CDに書き込む方法について説明しながら、逆にCDからApple Musicに曲を取り込む場合の操作手順も解説します。これさえ読めば、Apple MusicまたはiTunesで買った曲も簡単にCDに焼くことができるようになり、CDで高品質なApple Music音楽を楽しみたい方は、ぜひご覧ください。


tf-amc-main-picture


目次:

Apple Musicの曲をCDに焼くには

iTunesには音楽をCDに焼く機能がありますが、MP3、M4Aなど保護されていない音楽のみに適用します。Apple Musicの曲を直にCDに書き込みたい方は多くいるが、残念ながらそれはできません。なぜかというと、直にアップルミュージックからダウンロードされた曲には全てDRM保護が掛かって、自由に扱うことは難しいからです。故にApple Musicの曲をCDに焼くには、DRM保護を解除できるサードパーティー製ソフトの力が必要なのです。

Apple Musicの曲をCDに書き込む時の注意点

1、出力形式を汎用性の高いMP3形式にする

CDに焼いたアップルミュージックを特定のCDプレーヤーで再生するために、使用しているCDプレーヤーがサポートするフォーマットに従ってApple Musicのフォーマットを変換することをお勧めしますが、MP3は汎用性が高く、ほとんどのCDプレーヤーと互換性がある形式ですので、形式変換の時にもおすすめの選択肢です。


2、CDの容量をオーバーしないようにする

アップルミュージックの曲をCDにうまく書き込めるようにするには、CDの容量がすべての曲の容量より大きくなければなりません。そのため、空のCDを使用するか、あらかじめ十分な空き容量を確保しておくとよいでしょう。


3、CD-RとCD-RWの違い

CDの種類というと、「Compact Disk Recordable」(CD-R)と「Compact Disk ReWritable」(CD-RW)があります。CD-Rはデータを1回だけ書き込めるタイプで、CD-RWはデータを何度でも書き込めるタイプですがデータを選択的に取り出して削除することができません。曲を保存する場合、一般的には安定性が高くて価格も安いCD-RWを利用します。CD-Rは大切なデータを保存する時の選択肢です。


4、Apple Musicの曲をCDに焼く違法性

iTunesで購入した楽曲やApple Musicからダウンロードした曲を、個人の楽しみとしてCDに焼く行為は違法ではありません。重要なのは、ユーザーの行為が非商用であることです。つまり、CDの販売や配布などの商業行為に利用しない限り、法的な問題は生じません。もちろん、著作権に関する法律は地域によって異なるため、お気に入りの曲をCDに焼く前にはご自身の居住地域の法律を確認してください。


Apple Musicの曲をCDに焼くのに適した形式に変換

上記のように、Apple Musicでの曲をCDに書き込むには、まずはアップルミュージックの曲を汎用性の高いMP3形式に変換するのがおすすめです。DRM保護されたApple Musicの曲を高品質で変換して保存するには、「TuneFab Apple Music変換ソフト」をお勧めします。


「TuneFab Apple Music変換ソフト」にはMP3、M4A、WAV、FLACなど多様な出力形式に対応されており、それに、このソフトはApple Musicの曲を高品質に維持したままMP3などに変換する以外、10倍の変換スピードでアップルミュージックの曲を変換できます。また、変換後、アーティスト、アルバムなど曲のIDタグ情報もすべて継承できます。このソフトを利用すれば、Apple Musicの曲のDRMを解除しながら、音楽形式を一括で変換して、永久に保存できます。その後、変換された音楽をCDに焼くだけで、Apple Musicを解約しても、無制限でCDを通して音楽を聴くことが実現できます。ウォークマンにApple Musicの曲を転送して再生したい時、すぐソフトの無料お試し版を体験してみてください。

優れた機能:


lApple Musicの音楽をMP3、M4A、FLACなどの汎用形式に変換できるので、CDに取り込むことはやすくなります。
l 複数のアップルミュージックの曲を一括で同時に変換できます。
l 曲のIDタグ情報をそのまま保持します。
l 最大10xの超高速かつ無損失で音楽を変換できます。
l Apple MusicのDRMを解除できます。

Apple Musicの曲をMP3に変換する手順

Apple Musicの曲をCDに焼きたい場合、まずApple Musicの音楽をMP3に変換しておかなければいけません。ここでは、TuneFab Apple Music変換ソフトを使って、アップルミュージックの曲をMP3に変換する方法を説明します。

 

ステップ1、ソフトを起動

TuneFab Apple Music変換ソフトをPCにダウンロードしてインストールしてください。ソフトを起動し、「Apple ウェブプレイヤーを開きます」を押します。


Apple ウェブプレイヤーを開きます


ステップ2、Apple Musicウェブプレーヤーにログイン

右上の「サインイン」アイコンをクリックし、Apple IDを入力してサインインしてください。Apple IDにサインインしていない場合、Apple Musicの楽曲を変換することができません。


Apple IDでサインイン


ステップ3、Apple Musicの曲を追加

CDに書き込みたいアップルミュージックの楽曲/アルバムを画面右側の「+」ボタンにドラッグすると、変換リストに追加します。


Apple Musicの曲を選択


ステップ4、出力形式と出力品質を設定

出力形式は、CDが対応しているMP3形式に設定することができます。出力形式に合わせてプロファイルを自動的に調整することができます。また、各種パラメーターの調整も可能です。最後に「変換」をクリックするとアップルミュージックの変換が開始されます。


出力形式を設定


これでApple Musicの曲をMP3に変換する作業が終わりました。「TuneFab Apple Music変換ソフト」従えば、簡単にApple Musicの曲をMP3などに変換できます。汎用的な形式なので、いわゆるデバイスでも視聴できますので、iPhone・iPad・iPodにApple Musicの曲を入れて再生したい場合に活用してください。もちろん、CDに焼くことやDJの音源として再生することにも役に立ちます。これからの内容は、MP3として出力した曲をCDに焼く方法についての紹介です。MP3をCDに取り込みたい方々は、是非お見逃しなく!

ビデオチュートリアル:DRM保護を解除し、Apple Musicの曲をCDに焼く

itunesで買った曲をCDに焼きたい場合、或いはApple Musicの曲をCDに取り込みたい時、下記のビデオの操作ガイドを参考にしてください。Apple Music音楽を永久的に保存するために、好きな曲をMP3に変換して保存するやり方です。



MP3に変換されたApple Musicの曲を無料でCDに焼く

Apple Musicの曲をMP3に変換した後、それらの曲をCDに焼くステップに入ります。ここでは、MP3に変換された曲をCDに焼く方法を3つ紹介します。直接「Windows Media Player」やiTunes を使っても、他のCDに焼けるソフトを使っても、Apple Musicの曲をCDに焼くことが実現できます。難しいとも言えませんので、以下通りに操作したら、初心者でも簡単に使いこなせます。


ご注意:

Windows Media PlayerやiTunesを使用して音楽を焼く場合、CDに焼きたい曲のチェックボックスをクリックして、チェックが表示されたら、選ばれたという状況になりました。しかし、チェックが入っていない曲は、自動的に除外され、CDに焼けません。焼く前に、必ず確認してください。

方法1:Windowsユーザーなら、「Windows Media Player」でCDを焼く

「Windows Media Player」はWindowsが元々搭載しているシステムアプリで、ダウンロードやインストールする必要もなく、使い方も簡単です。まず、パソコンと空のCDを用意してください。

 

ステップ1、「Windows Media Player」を起動

まずはWindowsのメニューバーの「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧から「Windows アクセサリ」→「Windows Media Player」の順にクリックします。Windows Media Playerが起動したことを確認します。

Windows Media Player起動

 

ステップ2、書き込みリストに音楽を追加

CDに書き込みたいApple Musicの楽曲を右クリックし、表示されるメニューから「追加」→「書き込みリスト」の順にクリックします。この手順を繰り返し、全部の音楽をリストに追加してください。そして、右側の「書き込み」ボタンでリストを確認できます。

書き込みリストに追加

 

ステップ3、書き込みオプションを設定し、書き込みを開始

新しい空のCDをパソコンにセットします。「書き込み」タブの右下にある「書き込みオプション」をクリックし、表示されるメニューから「オーディオCD」をクリックします。

書き込みオプション

 

確認が完了すると、「書き込みの開始」ボタンをクリックします。アップルミュージックの曲の書き込みが完了するまで、しばらく待ちます。

書き込み開始

方法2:iTunes/Music Appを使って、Apple Musicの曲をCDに焼く

実はiTunesまたはMacのミュージックアプリにはApple Musicの曲をCDに焼ける機能を内蔵しています。では、まずiTunesを利用して、具体的な書き込む手順を詳しく説明します。


ステップ1、プレイリストを作成してMP3をiTunesライブラリに追加

iTunesを起動して、メニューバーの「ファイル」>「新規プレイリスト」との順で新規プレイリストを作成します。そして、MP3に変換された曲を新規プレイリストに追加します。


追加方法は、「ファイル」>「ライブラリにファイルを追加…」或は「フォルダーをライブラリに追加…」をクリックして、MP3に変換されたApple Musicの曲をiTunesライブラリに追加します。次は、それらの曲を新規プレイリストに追加してください。


MP3をiTunesライブラリに追加

 

ステップ2、iTunesでApple Musicの曲(MP3形式)をCDに焼く

空のCDをPCに内蔵しているCDドライブ或いはPCに接続した外付け型ドライブに挿入します。CD ディスクが認識されるまでしばらくお待ちください。そして、iTunesでCDに焼きたいプレイリストを右クリックして、「プレイリストからディスクを作成」をクリックします。

 

ヒント:

MP3に変換されていないApple Musicの曲なら、「プレイリストからディスクを作成」という項目が表示されず、CDに焼くことができません。また、iTunesで買ったM4A(DRMプロテクトされていない)ファイルが焼けるが、M4P形式のApple Musicの曲はCDに焼けません。M4PのアップルミュージックをMP3に変換したい場合、「iTunes AACをMP3に高音質で変換する方法4選」の記事を参照してください。


MP3をCDに焼く

 

ポップアップしたウィンドウにある「ディスクフォーマット」から、「オーディオCD」または「MP3 CD」を選択します。最後は、「ディスクを作成」をクリックすれば完成です。Apple Musicの曲をCDに焼いて永遠に保存できます。

ディスクフォーマットを選択

 

MacのMusicアプリのCD取り込み方法


ステップ1、まずはMacのミュージックアプリを起動し、ディスクに入れたい曲のプレイリストを作成してください。


ステップ2、「表示」>「曲ごとに表示」を選び、ディスクに入れたい曲にチェックを入れます。


ステップ3、空のCD・DVDディスクをパソコンに入れて、プレイリストを選び、「ファイル」>「プレイリストからディスクを作成」を選択します。


ステップ4、ディスクフォーマットを選択して、録音速度を変換したり、曲間の無音部分の長さを設定したり、音量の自動調整を設定したりしてください。


ステップ5、「作成」を押してください。これでディスク作成が始まり、数分かかりますのでお待ちください。


ミュージックアプリでCDを焼く

方法3:CDに焼けるソフトを使って、Apple Musicの曲をCDに書き込む

これから、Windows・Macユーザーに向ける方法をそれぞれ紹介します。自分の設備に応じて、以下の方法を自由に選択し、CDに書き込みたいアップルミュージックの曲を焼いてください。


Windows版:


ステップ1、このページで、Apple Musicの曲をCDに焼けるフリーソフト「ImgBurn」をダウンロードします。

ステップ2、空のCDを挿入します。そして、ImgBurnを起動して、「Write files/folders to disc」をクリックします。

imgburnのインターフェース

ステップ3、「Browse for a folder」をクリックして、CDに焼きたい音楽ファイルを選択します。


ステップ4、「ファイルからディスクに」のようなアイコンをクリックします。CDに焼く前に、確認のウィンドウがポップアップします。「Yes」をクリックして、進めてください。そうしたら、Apple Musicの曲をCDへの取り込みが始まります。

確認

完成する前に、時間がかかるのでしばらくお待ちください。そして、Apple Musicの音楽をCDへの書き込みが完成します。

CDに焼く

 

Mac版:

 

Macユーザーに向けるアップルミュージックの音楽をCDに焼く方法はこちらです。

 

ステップ1、このページで、無料で使えるMac用CD書き込みソフト「Burn」をダウンロードします。

Burnを起動して、インターフェースで「Audio」をクリックします。「+」ボタンをクリックして、CDに焼きたいファイルをソフトに追加します。ここで、「オーディオCD」または「MP3 CD」をお勧めします。

そして、「Burn」をクリックします。

ファイルをburnに追加

ステップ2、ポップアップしたウィンドウで焼くスビートを設定できます。ここで、Maximum Possible(2X)をお勧めします。

焼くスビートを設定

ステップ3、「Burn」をクリックして、MacでApple Musicの音楽をCDに焼く最後の作業を始めます。少々お待ちすれば、CDの作成が完成します。

CDに焼く


「FAQ」Apple Musicの楽曲をCDに焼くに関するよくある質問

書き込みCDの容量が足りない場合はどうする?

Apple Musicのプレイリストの容量がディスクの容量より多い場合は、別のディスクを挿入して残りの項目の書き込みを続行します。オーディオCDを作成する場合、トラック情報(曲名、アーティスト名、アルバム名)は、最初に作成されたディスクにのみ含まれます。他のCDの曲はトラック番号のみ表示されます(例:「トラック01」、「トラック02」)。

なぜiTunesで買った曲をcdに焼けない?

現時点では、iTunesで買った曲はDRM保護をついていません。ですが、まだ焼けない問題があります。


その原因は、iTunesで音楽を管理する際、Apple Musicサブスクリプションと関連があります。iCloudミュージックライブラリを有効にすると、音楽情報がクラウドにアップロードされ、購入した曲をCDに焼くなどに制約が生じます。CDに購入した曲を焼くには、新しいiTunesライブラリを作成し、iCloudミュージックライブラリの設定をオフにする必要があります。

コンビニでiPhoneからApple Musicの曲をCDに焼けるのか?

残念ながら、コンビニでApple Musicの曲をCDに焼くことは通常できません。なぜかというと、Apple Musicで提供される曲は、ほとんどデジタル著作権管理(DRM)が施されていますので、曲をCDや他のデバイスにコピーしたり、非公式な方法で配布したりすることは制限されています。


音楽著作権の問題に触れると、セキュリティや法律により、Apple Musicなどのサブスクリプションサービスからのコンテンツを直接CDに焼くことは認められていません。CDにApple Music音楽を焼きたい場合、上記の「TuneFab Apple Music変換ソフト」を活用して、その音楽をDRMフリーにしてはどうでしょうか?

Apple Musicの曲は無料でCDに取り込める?

残念なことですが、Apple Musicの曲は通常無料でCDに取り込むことができません。Apple Musicの楽曲は、料金プランを購読することによってアクセスすることができる同時に、強力なデジタル著作権管理(DRM)により保護されています。


Apple Musicサービスを利用する場合にはオフラインで楽曲を聴くためにダウンロードはできますが、DRMのせいで他のデバイスへ転送したり、CDに焼いたりすることはできません。


でも、上記の「TuneFab Apple Music変換ソフト」を利用してApple Musicの曲をMP3形式に変換し、そして変換済みの音楽データをダウンロードして、無料のCD作成ソフトやCD取り込み機能でCDに焼くことが可能なので、興味があればぜひ試してください。


おまけ:CDの曲をアップルミュージックに取り込み

CDの音楽データをアップルミュージックに取り込むのは、PCが必要です。先ずはCDの音楽データをPCに導入します。次にPC・WindowsのiTunesとMacのMusicアプリを使って、CD音源をApple Musicに同期する操作手順を説明します。


PCのiTunes経由でCDの曲をアップルミュージックに取り込みする手順


ステップ1、パソコンでiTunesを起動して、取り込みたい音楽CDを光学ドライブに挿入し、確認画面が表示されたら「はい」を選択します。


ステップ2、インポート(取り込み)の設定画面が表示されるので、必要な場合はファイル形式や音質などを変更できます。「OK」をクリックし、CDの取り込みを開始します。


ステップ3、インポートが完了したら、パソコンとiPhoneを接続して、iTunesに表示されるiPhoneのアイコンをクリックし、設定から「ミュージック」を選択します。


ステップ4、「音楽を同期」にチェックを入れて「適用」ボタンをクリックすると、iPhoneに音楽データが取り込まれます。これでCDの曲をアップルミュージックに取り込むことができます。


Mac版Musicアプリ経由でCD音楽をApple Musicアプリに取り込みする手順


ステップ1、まずはiCloudミュージックライブラリをオンにします。具体的な操作手順は、Macの「ミュージック」アプリの環境設定で「一般」>「ライブラリを同期」にチェックを入れてください。


ステップ2、iPhoneの設定アプリを開いて、「ミュージック」の「ライブラリを同期」をオンにします。


ステップ3、次に曲をCDからMacに取り込んでください。Macに内蔵されているCDドライブ・外部CDドライブにCDディスクを挿入します。


ステップ4、MacのMusicアプリを実行し、MacからCDを認識してください。これでMusicアプリ内にCDの内容が表示されるはずです。


ステップ5、CDからMacに取り込みたい曲にチェックを入れて、最後に「取り込み」をクリックして、曲をCDからMacに入れましょう。これでMacのミュージックアプリへCDの曲を取り込むと、iPhoneのミュージックアプリにCDの曲も自動的に追加されるようになります。

Apple MusicにCDを取り込みできない場合の対処法

Apple Music楽曲の取り込みがうまくいかない場合、以下の対処法で問題を確認してください。


  1. ハードウェアを確認:お使いのパソコンのCD/DVDドライブ・外部CD/DVDドライブが正常に動作していない可能性がある
  2. CDディスクの状態を確認:CDに傷や汚れがあれば取り込めないリスクがあり、優しく拭いてからもう一度試してみてください。(CDディスクが正しく挿入していない場合にも取り込みできないことがあり、注意してください。)
  3. シンプルな再起動:パソコンやApple Musicアプリを再起動してみましょう。
  4. ソフト・OS更新:ご使用のMac・iOS・Apple Musicアプリを最新バージョンにアップデートしてください。
  5. 取り込み・同期設定を変更: Musicアプリ側の設定によって不明ラーが発生して取り込めない可能性があります。
  6. 異なるCD・パソコン・アカウントを試す: 他のCDやPC・ユーザーアカウントで取り込みが問題なく行えるかを確認してください。

ヒント:

Apple Music楽曲をiTunes経由でiOS端末に同期できないエラーが発生する場合、「Apple Musicの音楽がiTunesで同期できない時の対処法」を参考にしてください。


まとめ

以上では、Apple Musicの楽曲やiTunesで買った曲をCDに焼く方法を紹介しました。その同時に、CDに収められた楽曲をアップルミュージックに取り込む簡単な手順についても説明いたしました。「TuneFab Apple Music変換ソフト」という専門的な変換ソフトを活用すれば、Apple Musicの音楽をMP3形式に変換して、DRMの制限を解除し、さまざまなデバイスに取り込んで自由に再生することができます。CDにアップルミュージックの音楽を焼く作業は考えるよりも簡単ですので、Apple Musicの曲をCDに焼きたい方々は是非とも「TuneFab Apple Music変換ソフト」の無料お試し版を使ってみてください!

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)