【必見】Apple Music DRM解除方法について詳しく紹介!

By 森川 涼

2019-12-11

Apple Musicは世界的な人気の音楽配信サービスとして、5000万以上の曲を提供しています。ユーザーは好きな曲をダウンロードしてオフラインで再生できます。一方で、Apple Musicの音楽はDRMがかかっているため、Apple Musicの曲が限られたデバイスでしか再生できません。また、Apple Musicを解約すると、Apple Musicからダウンロードした曲を聴けなくなります。


しかし、Apple Music DRM解除をすれば、いつも任意のデバイスでApple Musicの音楽を再生できます。しかも、解約してもApple Musicの曲を聴けます。では、どのようにApple MusicからDRMを削除しますか?この記事で、Apple Music DRM解除方法を詳しく紹介しています。



Apple MusicからDRMを解除する方法


目次


Apple MusicとDRMについて

DRMとは、「Digital Rights Management」の省略語、デジタル著作権管理という意味です。映画や音楽、小説などのデジタルコンテンツの無制限な利用を防ぐためにオリジナルのデータを特定のソフトウェアあるいはハードウェアでしか再生できないようにすることで、第三者による複製や再利用を難しくする技術・管理方法のことです。


iTunesで扱うコンテンツ(音楽、ビデオ、オーディオブック等)を保護するために、アップル社は独自の著作権管理システム、「FairPlay DRM」を採用しています。FairPlayで保護されたファイルは、暗号化されたAACオーディオストリームを含む正規のMP4コンテナファイルです。つまり、Apple Musicからダウンロードした音楽は保護されたAACオーディオファイル(.m4p)となります。DRMが付いているApple Musicの音楽がiPhone、iPad、Apple Watchなど指定のデバイスでしか再生できません。他のデバイスやアプリケーション等では再生することが不可能です。


Apple MusicからDRMを解除する方法

DRM保護によって、Apple Music のメンバーシップになっても、ダウンロードした音楽を永遠に保存できません。Apple MusicをiPod Nano、MP3プレーヤー、ウォークマン、PSPなど様々なデバイスに転送したり再生したりすることも制限されました。とても不便でしょう。Apple Music を無制限で利用するには、Apple MusicのDRMを解除する必要があります。ここで、専門的なDRM解除ツール、TuneFab Apple Music変換ソフトをご紹介します。


TuneFab Apple Music変換ソフトは強大なDRM解除ソフトです。効率的にApple Musicの音楽のDRMを解除するだけではなく、iTunesで購入したM4P音楽、M4Bオーディオブックとビデオ、AA / AAXオーディオブックのDRMも完全削除できます。


また、Apple Musicの曲、アルバム、プレイリストから一括でDRMを解除して、MP3、M4A、FLAC、AC3、AACなど広く使われる形式に変換できます。256Kbps、320Kbpsとの出力品質に対応します。変換後、曲名、アルバム、トラック番号、アーティスト、ジャンルなどのID3タグ情報をすべて保持します。


TuneFab Apple Music変換ソフトを使えば、Apple Musicの好きな曲を高音質のままで永久に保存できます。Apple Musicを解約しても、その音楽を制限なく継続利用できます。いつでもどんなデバイスでもApple Musicを楽しめます。


Apple MusicからDRMを解除する手順

TuneFab Apple Music変換ソフトの操作手順がとても簡単で、手軽にApple MusicからDRM保護を解除できます。それでは、Apple MusicからDRMを解除する手順を詳しくご説明します。


事前準備:

1. Windows/MacでTuneFab Apple Music変換ソフトをダウンロードしてインストールします。TuneFab Apple Music変換ソフトは無料体験版を提供しています。


2. Apple Musicの曲をiTunesライブラリに追加します。一般的には、ダウンロードしていなくてもiTunesライブラリにあるApple MusicのDRMを解除できます。

Apple MusicをiTunesライブラリに追加


ステップ1:TuneFab Apple Music変換ソフトを起動

TuneFab Apple Music変換ソフトを起動すれば、iTunesも自動的に起動されます。iTunesのミュージックやプレイリストがTuneFab Apple Music変換ソフトに読み込まれます。


ステップ2:Apple Musicの音楽を選択

操作画面の左側にiTunesプレイリストを選択すると、画面の右側に、プレイリストのすべての曲が表示されます。その中から、DRMを解除したい曲を選択します。大量の曲がある場合は、内蔵の検索機能を利用すれば、すぐに曲を検索できます。

Apple Music音楽を選択


ステップ3:出力形式を選択

操作画面の下側に、MP3、M4A、AAC、AC3、FLAC、AUの出力形式が用意されます。その中から一つの形式を選択します。プロファイルから音質を選択できます。ほかに、出力ファイルの改名や分類もできます。

出力形式を選択

ステップ4. Apple Music DRM解除を開始

「変換」ボタンをクリックすると、Apple MusicのDRM解除と音楽変換が始まります。変換が完了までしばらくお待ちください。

DRM解除を開始

ステップ5. DRMフリーのApple Musicを再生

変換後、出力ファイルを開いて、変換されたApple Musicファイルを確認できます。これで、Apple Musicの音楽をパソコンで再生したり、他のプレーヤーに転送することが自由にできます。

Apple Musicを再生


まとめ

以上は、Apple MusicからDRMを解除する方法と手順です。TuneFab Apple Music変換ソフトを使用すれば、Apple Musicの曲やプレイリストから一気にDRMを解除し、MP3、M4Aファイルなどに変換できます。DRMなしのApple Musicの音楽を永遠に保存、再生することを実現してくれます。


ただし、著作権のため、TuneFab Apple Music変換ソフトは個人利用のみ可能で、商用利用不可です。このソフトにより変換された曲をインターネットにシェアしたり、販売したりすることをしないようにご注意ください。


TuneFab Apple Music変換ソフトをお勧めする理由

簡単にApple Musicからダウンロードした M4P音楽からDRMを解除

DRM解除されたMP3、M4AなどのApple Musicファイルを任意のデバイスで再生

Apple Musicを解約しても、Apple Musicの音楽を無制限に利用

評価: 3.7 / 5 (合計 125 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.