【必見】手軽にApple MusicのDRMを解除する方法

By 森川 涼

2021-02-23

Apple Musicは世界的な人気の音楽配信サービスとして、5000万以上の曲を提供しています。ユーザーは好きな曲をダウンロードすれば、ネット環境がなくても、オフラインで音楽を再生できます。しかし、Apple Musicの音楽はDRMがかかっているため、Apple Musicの曲が限られたデバイスでしか再生できません。また、Apple Musicを解約すると、既にApple Musicからダウンロードした曲も聴けなくなります。


もしApple MusicのDRMを解除すれば、再生デバイスの制限がなくなり、そしてApple Musicを解約しても、ダウンロードした音楽を聴けます。では、どのようにApple MusicからDRMを削除しますか?この記事で、Apple Music DRM解除方法を詳しく紹介しています。



目次


Apple MusicからDRMを解除する方法

DRM保護によって、Apple Musicのメンバーシップになって、もしくはiTunesで金を払って購入、ダウンロードした音楽も永遠に保存することができません。Apple Musicをスマホ、MP3プレーヤー、ウォークマンなどのデバイスに転送して聴くことも制限されます。正直不便と感じる時もあるでしょう。Apple Musicで購入した音楽を自由に利用するには、Apple Music音楽のDRMを解除して、音楽ファイルを保存する必要があります。ここで、専門的なDRM解除ツール、TuneFab Apple Music変換ソフトを紹介します。


TuneFab Apple Music変換ソフトは強大なDRM解除機能を搭載している音楽変換ソフトです。Apple Music音楽だけではなく、iTunesで購入したM4P音楽、M4Bオーディオブックとビデオ、AA / AAXオーディオブックのDRM解除も対応です。ここからはTuneFab Apple Music変換ソフトでApple MusicからDRMを解除する手順を詳しく説明します。


事前準備:

1. TuneFab Apple Music変換ソフトをパソコンにダウンロードしてインストールします。TuneFab Apple Music変換ソフトはWindows・MacのPCも対応でき、そして無料体験が可能です。


2. DRMを解除したいApple Musicの曲をiTunesライブラリに追加します。一般的には、ローカルにダウンロードしなくても、iTunesライブラリに追加すればその音楽を表示されますので、本ソフトでApple MusicのDRMを解除できます。

Apple MusicをiTunesライブラリに追加


ステップ1:TuneFab Apple Music変換ソフトを起動

TuneFab Apple Music変換ソフトを起動すれば、iTunesも自動的に起動されます。iTunesのミュージックやプレイリストがTuneFab Apple Music変換ソフトに読み込まれ、ソフト画面に表示されます。


ステップ2:Apple Musicの音楽を選択

ソフト画面の左側にiTunesプレイリストを選択すると、プレイリスト内すべての曲が表示されます。その中から、DRMを解除したい曲を選択します。曲の数が多いすぎる場合には、内蔵の検索機能を利用して、変換したい曲を検索することがお勧めです。

Apple Music音楽を選択


ステップ3:出力形式を選択

本ソフトではDRM解除後のApple Music音楽にMP3、M4A、AAC、AC3、FLAC、AUなどの出力形式が用意されます。出力設定から形式を選択してください。ここでは変換後ファイルの音質や出力フォルダなどの設定もできます。

出力形式を選択

ステップ4. Apple Music DRM解除を開始

「変換」ボタンをクリックすると、Apple MusicのDRM解除と音楽変換が始まります。画面上に変換の進行状況が確認できます。変換が完了までしばらくお待ちください。 変換後、出力フォルダを開けば、中にはDRMが解除された音楽ファイルを確認できます。ファイルをパソコンに保存しましたので、今後Apple Musicを解約しても、これらの音楽には影響がなく、自由に聴けます。

DRM解除を開始


豆知識:Apple MusicとDRMについて

DRMとは、「Digital Rights Management」の略語で、デジタル著作権管理という意味です。映画や音楽、小説などのデジタルコンテンツの無制限な利用を防ぐために、オリジナルのデータを特定のソフトウェアあるいはハードウェアでしか再生できないよう制限を掛けて、第三者による複製や再利用を難しくする技術・管理方法のことです。


iTunesで扱うコンテンツ(音楽、ビデオ、オーディオブック等)を保護するために、アップル社は独自の著作権管理システム、「FairPlay DRM」を採用しています。FairPlayで保護されたファイルは、暗号化されたAACオーディオストリームを含む正規のMP4コンテナファイルです。つまり、Apple Musicからダウンロードした音楽は保護されたAACオーディオファイル(.m4p)となります。DRMが付いているApple Musicの音楽がiPhone、iPad、Apple Watchなど指定のデバイスでしか再生できません。AndroidスマホやMP3プレイヤーなどApple公式ではないデバイスやアプリケーションでの再生は不可能です。


まとめ

以上は、Apple MusicからDRMを解除する方法と手順です。TuneFab Apple Music変換ソフトを使用すれば、Apple Music音楽のDRMを解除し、音楽ファイルをMP3、M4Aなどに変換できます。ただし、著作権のため、TuneFab Apple Music変換ソフトは個人利用のみ可能で、商用利用不可です。このソフトにより変換された曲をインターネットにシェアしたり、販売したりすることをしないようにご注意ください。


TuneFab Apple Music変換ソフト無料ダウンロード

評価: 3.7 / 5 (合計 144 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.