超実用!iTunes音楽のDRM保護を解除する方法

By 森川 涼

2023-12-12

iTunesでダウンロードしたM4P形式の音楽ファイルはAppleデバイス以外のプレイヤーや端末では再生できません。お金払ったのに、自由に再生できない原因はDRM保護というものです。本記事では、iTunes音楽のDRM保護を解除する方法を紹介します。iTunesに保護されている曲を自由に転送、移行でき、様々な端末で再生したい方は、これからの内容を見逃さないように!

無料体験 無料体験

目次:



DRMとは?

「DRM」は「Digital Rights Management」の略称で、「デジタル著作権管理」という意味です。電子機器上のコンテンツの無制限な利用を防ぐために、「DRM」の保護で、第三者による複製や再利用を難しくします。

iTunesからDRM保護が掛かった音楽ファイルが「M4P」という拡張子になっています。DRM保護によって、iTunes M4P音楽がApple社のデバイスのみで再生可能です。また、指定のアプリ、インターネットの接続そしてアカウントのログインが必要となり、かなり厳しい仕組みとなります。

DRM保護は、著作権を守る上で大活躍ですが、ユーザーに非難される点もあります。例え恒久的な再生が保証されていないとか消費者の権利に対する制限するとか特定環境への依存とか、安全性をもたらす同時に、色んな不便なところも湧いてきます。

Apple Musicを解約したら、iTunesの曲はどうなるか

月額980円の個人プランでApple Musicの9000万曲以上の音楽を楽しむことができる、そしてダウンロードする機能もありますが、Apple Musicユーザーが授けられるのは音楽を「保存」する権利ではなく、「聴く」だけとなります。ダウンロードに対する制限も「DRM保護」の一環です。

Apple Musicを解約する時点、もちろんAppleデバイスでダウンロードされた音楽は自動的に削除されます。WindowsのiTunesで曲をダウンロードした場合、iTunesはWindowsシステムのファイルを削除する権限はありませんが、結局ダウンロードされたのはDRM保護されるM4Pの形式、「TuneFab Apple Music変換ソフト」のようなApple Music変換ソフトがないと、保護を解除することはほぼ不可能です。

iTunes曲のDRM保護を解除する:「TuneFab Apple Music変換ソフト」

TuneFab Apple Music変換ソフト」はこういう時に役立つ実用的な音楽変換ソフトです。このソフトを使えば、iTunes Musicの音楽からDRM保護を解除して、曲をオリジナルと同じ高品質でMP3、M4A、FLAC、AACなど多様な出力形式に変換できます。ソフトは無料体験できますので、まずは下のボタンをクリックして、お使いのPCに「TuneFab Apple Music変換ソフト」をダウンロード、インストールしましょう。

ステップ1: TuneFab Apple Music変換ソフトを起動

PCにダウンロードした「TuneFab Apple Music変換ソフト」を起動すれば、iTunesのプレイリストが自動的に読み込まれます。画面の左側にiTunesプレイリストがあり、右側に具体的な曲、曲の情報が表示されます。下側に出力形式、出力ファルダ、ビットレートを設定できます。

ヒント:

ソフトをうまく実行するため、iTunesが必要です。つまり、先ずはiTunesを実行しアカウントをログインした後、「TuneFab Apple Music変換」を実行します。

ステップ2:iTunesの音楽を選択

iTunesプレイリストをクリックして、DRMを解除したいiTunesの音楽をチェックボックスで選択します。本ソフトは複数のiTunes音楽ファイルのDRM保護を一括解除することも可能です。

ステップ3:出力形式を選択

出力形式を常用のMP3またはM4Aに設定したら、自動的にパラメータを調整してくれます。もちろん、自分が好きなようにビットレート、サンプルレートなどを設定することもできます。

ステップ4:iTunesからDRM解除を開始

「変換」ボタンをクリックすると、音楽変換が始まります。変換が完成すれば、DRM保護もなくなります。出力先で変換完成した曲を見つけられます。

これで、iTunes M4PファイルのDRM保護が解除され、DRMフリーのiTunes音楽を入手できます。それらの曲をiPhone、Android、MP3プレーヤー、あらゆるのデバイスで存分に楽しめます。操作の流れはかなり簡単です。興味があるなら、是非ダウンロードして試してみてください!

おまけ:iTunesで著作権保護がない曲をダウンロード

2009以前のiTunesで購入した曲やダウンロードした曲はDRM保護がついていった。ですが、2009以降、iTunesで買った曲はDRM保護が付いていないM4Aとしてダウンロードできます。つまり、iTunesで著作権保護がない曲をダウンロードできるということです。ダウンロードしたM4A形式の曲は、iTunesでMP3に変換できます。変換出来た曲もDRM保護が付いていないのため、他のデバイスでも再生可能です。

ヒント:

iTunesで出来た曲はM4AやMP3のみ、別のファイル形式に変換したいなら、「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使うのがオススメです。

よくある質問

iTunesの曲をDRM保護を解除するのは違法ですか?

DRM保護を解除する曲を個人的に使用するのは違法ではありません。商用するなら、著作権に侵害するかもしれません。地域によって、法律条文も違いがあるので、行動する前に、きちんと該当する規則を調べるの方がいいです。

iTunesの著作権保護付く曲はウォークマンで再生できますか?

著作権保護付く曲、つまり、DRM保護が付いている曲はウォークマンで再生できませんが、iTunesで買った曲は、DRM保護フリーのM4A形式でダウンロードできます。M4A形式に対応するウォークマンに転送すれば、再生ができます。もしウォークマンはM4A形式に対応しておりませんなら、まだiTunesでM4A形式の曲をMP3に変換することができます。そうすると、ウォークマンで再生もできます。

Apple以外のデバイスでiTunesの音楽を聴きたいなら、DRMの解除は必須なのか

他のデバイスでiTunesの音楽を再生したいなら、DRMの解除は必要です。iTunesから購入した音楽をApple社以外のデバイスで再生し、より自由に利用するには、DRMを解除し、MP3、M4Aなどの音楽形式に変換しなければなりません。そうすればお気に入りの曲をスマホ、ウォークマン、MP3プレーヤーなど色んなデバイスに転送して再生できます。そういうDRMの解除と形式変換はどうすればできるでしょうか。

しかし、現時点では、iTunesで買った曲は直接にDRM保護フリーのM4A形式としてダウンロードできます。それ以外、iTunesでダウンロードしたM4A形式曲をMP3に変換できます。

まとめ

これでは、iTunes曲のDRM保護を解除について説明が終わりました。「TuneFab Apple Music変換ソフト」は最大10xの超高速でiTunes音楽を劣化せずに高音質でMP3、M4A、FLACなどの形式に変換可能。自分のデバイスで音楽を永久に保存できるので、「この曲はApple Musicでいつ提供停止かも」のような心配もいりません。さっそく「TuneFab Apple Music変換ソフト」を利用して、より自由で音楽を楽しみましょう!

 

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)