Apple Musicの音楽を永久に保存する方法【Window・Mac対応】

By 森川 涼

2020-3-19

人気の音楽配信サービス「Apple Music」(アップルミュージック)は洋楽や邦楽幅広く楽曲が配信しています。Apple Musicのメンバーシップになれば、様々な楽曲が聴き放題で楽しめます。さらに、好きな曲をダウンロードして、オフラインで再生することもできます。ただし、一旦Apple Musicを解約したら、ダウンロードした曲が全部消えて、聞けなくなります。なので今回はApple Musicの音楽を永久に保存して、Apple Musicを退会しても好きな音楽を楽しめる方法をご紹介したいと思います。



Apple Musicの音楽を永久に保存する方法


不可欠のツール:TuneFab Apple Music変換ソフト

月額980円でApple Musicの楽曲を聴き放題ができますが、DRM保護のため、解約後、Apple Musicの音楽にアクセスすることはできなくなります。契約期間中にダウンロードした曲もiCloudライブラリから消えて、聞けなくなります。


Apple Musicは消費者に曲のアクセスする権利を与えますが、曲の所有権を与えません。つまり、DRMが付いているApple Musicの音楽を永遠に保存、再生することができません。Apple Musicの音楽を永久に保存するには、DRMを解除して、普通の音楽ファイル形式に変換する必要があります。ここでは、Apple Music向けの音楽変換ソフトをご紹介します。


TuneFab Apple Music変換ソフトは専門的なApple Music音楽変換ソフトです。一括でApple Musicの音楽、アルバム、プレイリストをMP3、M4A、AACなどに変換できます。これを使えば、高品質のままでApple Musicの音楽を永久に保存できます。さらに、曲名、アーティスト、アルバムなどのIDタグ情報も保持してくれます。他製品に比べて、機能的に優れており、安定した動きをします。


MP3、M4A、FLAC、AACなどの音声形式に変換

256kbps、320kbpsロスレスで保存

最大16倍速まで高速変換

最新のWindows、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの音楽を永久に保存する手順

以下に、TuneFab Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicからダウンロードした曲をMP3、M4Aに保存する手順を詳しくご説明します。


ステップ1. TuneFab Apple Music変換ソフトを起動

WindowsまたはMacでTuneFab Apple Music変換ソフトをダウンロードしてインストールします。起動すると、iTunesも自動的に起動されます。

操作画面


ステップ2. 曲を選択と出力形式を設定

画面の左側にプレイリストを選択します。そして、曲をチェックします。内蔵の検索ボックスを利用したら、保存したい曲をすぐに探し出します。また、トップのチェックボックスを選択したら、全ての曲を選択できます。


このソフトでは、MP3、M4A、FLAC、AACなどの出力形式が用意されます。その中から保存したい形式を選択します。プロファイルから出力品質を出力品質を選択できます。必要な場合、出力曲のタイトル、アーティスト、アルバムを分類できます。

MP3に設定


ステップ3. 曲の変換を開始

「変換」ボタンをクリックすれば、曲の変換が始まります。完了後、変換された曲が出力先に保存しています。

変換を開始


これで、Apple Musicを解約しても、ダウンロードした曲が永久に保存できます。また、MP3、M4Aなどに変換したApple Musicの音楽をiPhone、Android スマホ、ウォークマン、MP3 プレイヤーなど任意のデバイスに転送して再生することも実現できます。さっそくTuneFab Apple Music変換ソフトを使って、もっと自由にApple Musicを楽しみましょう。

評価: 3.6 / 5 (合計 134 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.