【解約方法紹介】Apple Musicの曲を解約後にも保存できる方法

By 森川 涼

2022-01-25

人気の音楽配信サービス「Apple Music」(アップルミュージック)は洋楽や邦楽幅広く楽曲が配信しています。Apple Musicの有料プランに加入すれば、様々な楽曲が聴き放題で楽しめます。さらに、好きな曲をダウンロードして、オフラインで再生することもできます。しかし、気に入る新曲がない場合、過去保存した曲を聞くだけで毎月980円が引き落とされます。昔の曲に懐旧の気持ちを持っている方に対して、Apple Musicの自動更新プランより安いのサービスが必要です。本記事はiPhone、Android、PCなどのデバイスでApple Musicを退会する方法について紹介します。


また、Apple Musicを解約したら、ダウンロードした曲が全部消えて、聞けなくなります。なので今回はApple Musicの音楽を解約後にもダウンロードで永久保存でき、退会しても好きな音楽を楽しめる方法を一括に紹介します。


目次



Apple Musicのサービス内容は?その料金プランのコスパは?

Apple Musicは9,000万曲とエキスパートが厳選した30,000以上のプレイリストを提供します。「Spotify」と違って、Apple Musicは完全有料サービスとなります。つまり、会員として登録しないとサービスを利用できません。新規ユーザーは3か月間無料で体験できますが、その前提は「支払い情報」を登録することです。そのため、無限に新なアカウントで体験機能を利用することが不可能です。3か月の後、ユーザーはまだ解約していないなら、サブスクリプションが表示の月額料金で更新されます。


Apple Musicの料金プランは「Voice」(480円/月)、学生(480円/月)、個人(980円/月)、ファミリー(1480円/月)四種類となります。もちろん、最も注目されたのは誰でも使える980円/月(税抜き)の個人プランとなります。なら、他の音楽ストリーミングサービスと比べて、Apple Musicのコスパはどうでしょうか。

Apple Music価格

Spotifyの場合、Apple Musicと完全一致、個人利用の「Standard」プランは980円/月です。Amazon Musicの場合、通常は同じ980円/月ですが、Amazonプライム会員なら月額¥780になります。一方、Amazon Primeの曲数は7500万の驚きの数ですがApple Musicと比べると負けます。以上の検証によると、Apple Musicのコスパはかなり高いです。特にiOSユーザーに対し、デバイスとの連携もとても便利です。


Apple Musicを解約したら、ダウンロードした曲はどうなります?

Apple Musicは完全有料サービスの上、料金プランを解約したら、最終の有効期限になるとサービスが一切停止します。もちろん、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスでの「ライブラリに保存」した音楽は自動的に削除されます。PCのiTunes経由でダウンロードしたM4Pファイルは削除されませんが、M4PはAppleの特殊暗号化形式のため、認証が必要なので普通に再生できません。この場合、他のツールを利用しないとApple Musicの保存と再生はほぼ不可能です。

M4P


解約の後にもApple Musicの曲を永続に保存する方法

解約後にもApple Musicの音楽を永久に保存したい場合は、TuneFab Apple Music変換ソフトを使うことがオススメです。TuneFab Apple Music変換ソフトは安全にApple Musicの曲をダウンロードできるソフトです。DRM保護を解除でき、高音質でApple Musicの音をMP3、M4A、AACなどに変換できるのが魅力なポイントです。このソフトを使えば、プランを問わずダウンロードした音楽を保存でき、スマホやウォークマンなど他のデバイスに転送していつでも高音質のApple Musicを楽しめます。


ソフトは無料ダウンロードできます。今すぐお使いPCのOSに応じて、以下のボタンからソフト入手しましょう。


Apple Musicから音楽をダウンロードする手順

以下に、TuneFab Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicからダウンロードした曲をMP3、M4Aに変換し、保存する手順を詳しくご説明します。この方法でApple Musicの曲をダウンロード、保存すれば、将来解約後でもその曲を自由に聴けます。


ステップ1. TuneFab Apple Music変換ソフトを起動

WindowsまたはMacでTuneFab Apple Music変換ソフトをダウンロードしてインストールします。起動すると、iTunesも自動的に起動されます。

操作画面


ステップ2. 曲を選択と出力形式を設定

画面の左側でプレイリストを選択します。そして、プレイリストからダウンロードしたい曲にチェックを入れます。内蔵の検索ボックスを利用したら、保存したい曲をすぐに探し出します。また、トップのチェックボックスを選択したら、全ての曲を一括選択できます。


本ソフトでは、MP3、M4A、FLAC、AACなどの出力形式が用意されます。その中から保存したい形式を選択してください。プロファイルから出力品質を出力品質も設定できます。

MP3に設定


ステップ3. 曲の変換を開始

「変換」ボタンをクリックすれば、Apple Musicの曲の変換が始まります。完了後、変換された曲が出力先フォルダに保存されます。

変換を開始


これで、Apple Musicを解約、退会しても、上記の方法でダウンロードした曲が永久に保存できます。また、MP3、M4Aなどに変換したApple Musicの音楽をiPhone、Android スマホ、ウォークマン、MP3 プレイヤーなど任意のデバイスに転送して再生することも実現できます。さっそくTuneFab Apple Music変換ソフトを使って、もっと自由にApple Musicを楽しめます。興味のある方ぜひお試してください。

Apple Musicを解約する方法まとめ(スマホ、PC)

スマホでApple Musicを解約する方法

ステップ1、Apple Musicにログイン、右上のアイコンをタップしてください。アカウント管理の画面に入って、「サブスクリプションの管理」を選択してください。

アカウント画面

ステップ2、ここで利用中のプランを確認することができます。Apple Musicを解約したい場合、下側の「サブスクリプションをキャンセルする」をクリックしてください。これでApple Musicのメンバーシップから退会できました。解約した後、契約の更新日までApple Musicを使えます。

解約

PCのiTunesでApple Musicを解約する方法

ステップ1、PCでiTunesを起動、ログインしてください。そして「マイアカウントを表示」を選択してください。

iTunes

ステップ2、アカウント情報ページの下にある「サブスクリプション」の「管理」ボタンをクリックしてください。

iTunes サブスクリプション

ステップ3、Apple  Musicを選択して、「編集」をクリックしてください。

iTunes 管理

ステップ4、編集画面の下にある「サブスクリプションをキャンセルする」ボタンをクリックすると、iTunes経由でApple ミュージックを退会できます。

iTunes 解約

以上はスマホとPCでApple Musicを解約する方法となります。何回でも聴きたいの曲があるなら、Apple Musicを解約する前に、是非TuneFab Apple Music変換をお試しください。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.