【初心者向け】ダウンロード済のApple Musicの曲を解約後でも聴ける方法

By 森川 涼

2024-02-07

人気の音楽配信サービス「Apple Music」(アップルミュージック)は洋楽や邦楽幅広く楽曲が配信しています。Apple Musicの有料プランに加入すれば、好きな曲をダウンロードして、オフラインで再生できます。ただし、Apple Musicを解約したら、ダウンロードした曲が全部消えて、聞けなくなります。

 

Apple Musicの有効期限が切れてもダウンロードした音楽を聴けるようにしたいと考える人は多いと思いますが、それは可能なのでしょうか?この記事では、Apple Musicの音楽をもダウンロードで永久保存でき、解約や期限切れても好きな曲を残して無料で楽しめる方法を紹介します。 また、アップルミュージックの解約方法についても説明していますので、お見逃しなく!

 

 

目次

 

Apple Musicを解約したら、ダウンロードした曲はどうなる?

Apple Musicを解約したら、ダウンロードした楽曲を引き続き聞けるのか知りたい人が多いと思います。残念ながら、解約後にこれまでダウンロードしたアップルミュージックの音楽が全て削除されます。あくまでも定額制のストリーミングサービスであり、解約したら最終の有効期限になるとサービスが一切停止してしまうというわけです。次では、Apple Music解約後の変化について説明します。

 

解約後も利用できるサービス

アップルミュージックアプリ自体はそのまま使えますが、解約後にほとんどの機能が利用できなくなり、「Apple Music 1」や「BBC ワールドサービス」など一部のラジオ視聴機能を使い続けます。iPhone、Androidスマホ、Macでは「Apple Music」アプリ>「ラジオ」タブを確認できます。Windowsパソコンの場合、「iTunes」>「ミュージック」>「ラジオ」から利用可能です。

 

解約後で利用できなくなるサービス

Apple Musicを解約した後、利用できなくなる機能が下記のとおりです。

  • iCloudミュージックライブラリ
  • Apple Music内の音楽再生
  • ダウンロードしたApple Music音楽の再生(オフライン再生

「アップルミュージックをダウンロードしたのになぜオフラインで再生できないのか」という不満な声があります。実は、Apple Musicからダウンロードした音楽は全てDRMが付与されていますので、解約すればiPhoneやiPadなどのiOSデバイスでの「ライブラリ」の曲は自動的に削除されて聞けなくなります。PCのiTunes経由でダウンロードしたM4Pファイルは解約後も残りますが、M4PもAppleの特殊暗号化形式のため、認証が必要なので普通に再生できません。この場合、他のツールを利用しないとApple Musicの保存と再生はほぼ不可能です。

M4P

 

無料トライアル期間と有料プランの違い

無料トライアルの期間か有料プランの状態かによって、解約後にいつまでApple Musicを利用できるかが違います。無料トライアル期間中にアップルミュージックを解約したらすぐに利用不可となり、ダウンロードした曲も残すことなく全て消えて聞けないです。その一方、有料プランでは解約後も更新日までに引き続きサービスを楽しむことができますが、有効期限が切れてしまうとダウンロード済みのApple Musicの曲も聴けなくなります。

次には、解約後または無料期限終了後もApple Musicを無料で聴き続ける方法を皆さんに紹介します。

 

Apple Musicの曲をダウンロードして永久保存する方法「解約後も聴ける」

Apple Musicの音楽をPCに保存して、解約後にも聴きたい場合は、「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使うことがオススメです。「TuneFab Apple Music変換ソフト」は安全にアップルミュージックの曲をダウンロードできるソフトです。DRM保護を解除でき、高音質でApple Musicの音をMP3、M4A、FLACなどに変換できるのが魅力的なメリットです。このソフトを使えば、プランを問わずダウンロードした音楽を永久に保存でき、解約後にも聴けます。スマホやウォークマンなど他のデバイスに転送することもできます。いつでもどこでも高音質のApple Musicを楽しめます。

以下に、TuneFab Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicから音楽をMP3に変換して保存する手順を詳しくご説明します。この方法でApple Musicの曲をダウンロード、保存すれば、アップルミュージックを解約したのに曲を自由に聞けます。

Apple Musicから音楽をダウンロードする手順

ステップ1、「TuneFab Apple Music変換ソフト」を起動

TuneFab Apple Music変換ソフトをダウンロードしてインストールします。起動してから、画面にある「Apple ウェブプレイヤーを開きます」をクリックしてください。

Apple ウェブプレイヤーを開きます

ステップ2、Apple Musicウェブプレイヤーにログイン

そして、画面の右上の「サインイン」をクリックして、Apple IDとパスワードを入力してログインしてください。

Apple IDでログインする

ステップ3、ダウンロードしたいApple Musicの曲を追加

内蔵の検索ボックスを利用したら、解約後に聴き続けたいApple Musicの曲をすぐに探し出します。そして、右側の「」にドラッグして変換リストに追加します。また、プレイリストを開いたら、「」をクリックして全ての曲を一括追加できます。

Apple Musicの曲を選択

ステップ4、出力形式を設定と曲の変換を開始

本ソフトでは、MP3、M4A、FLAC、WAVなどの出力形式が用意されます。その中からダウンロードしたい形式を選択してください。最後は「変換」ボタンをクリックすれば、Apple Musicの曲の変換・ダウンロードが始まります。完了後、ダウンロードしたApple Musicの曲が出力先フォルダに保存され、解約後も聴けます。

出力形式を設定

これで、アップルミュージックを解約、退会しても、上記の方法でダウンロードした曲をそのまま残して永久に保存できます。Windows・Macでのダウンロード方法はほぼ同じです。また、MP3、M4Aなどに変換したApple Musicの音楽をiPhone、Android スマホウォークマン、MP3プレイヤーなどあらゆるデバイスに転送して再生することも実現できます。さっそく「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使って、もっと自由にApple Musicを楽しめます。興味のある方ぜひお試してください。

ビデオガイド:Apple Musicから曲をダウンロードする方法

Apple Musicを解約する方法まとめ(スマホ・PC対応)

スマホでApple Musicを解約する方法

ステップ1、Apple Musicにログイン、右上のアイコンをタップしてください。アカウント管理の画面に入って、「サブスクリプションの管理」を選択してください。

アカウント画面

ステップ2、ここで利用中のプランを確認することができます。Apple Musicを解約したい場合、下側の「サブスクリプションをキャンセルする」をクリックしてください。これでApple Musicのメンバーシップから退会できました。解約した後、契約の更新日までアップルミュージックを使えます。

解約

PCのiTunesでApple Musicを解約する方法

ステップ1、PCでiTunesを起動、ログインしてください。そして「マイアカウントを表示」を選択してください。

iTunes

ステップ2、アカウント情報ページの下にある「サブスクリプション」「管理」ボタンをクリックしてください。

iTunes サブスクリプション

 

ステップ3、Apple  Musicを選択して、「編集」をクリックしてください。

iTunes 管理

ステップ4、編集画面の下にある「サブスクリプションをキャンセルする」ボタンをクリックすると、iTunes経由でAppleミュージックを退会できます。

iTunes 解約

 

Apple Music解約後に関するよくある質問

Apple Musicを解約後、再登録した場合、プレイリストを復元できますか?

30日以内に再登録すれば、Apple Musicから追加した楽曲や作成したプレイリストなどのデータを以前と同様に利用することができますが、30日を過ぎて再登録した場合は、以前のデータが保存されなくなります。

Apple Musicを解約してもiTunesストアで購入した楽曲を聴くことはできますか?

はい、アップルミュージックを解約しても、Apple Musicに登録する前にiTunesストアで購入した曲はそのまま残して聴くことができます。 購入したApple Musicの曲は、有効期限が切れても聴き続けるので、消えてしまう心配はありません。ダウンロードした曲が解約後に消えてしまう問題がある場合は、こちらの記事を参考にしてください。

無料期間中に解約したら、別途で料金がかかりますか?

Apple Musicの無料期間中に確実に解約したら、余計な料金が発生しませんのでご安心くださいませ。但し、注意すべきのは、無料トライアル期間が残っているうちに解約すると、即時に利用不可となってダウンロードしたアップルミュージックの音楽も聞けなくなり、また再度無料で復活できないとのことです。さらに、解約忘れによって有料会員に切り替わることを避けるために、Apple Musicのアカウント画面からメンバーシップの自動更新をオフにしたほうがいいと思います。

契約更新日の確認方法は?

アップルミュージックの解約お手続きを行う前に、どれくらいの有効期間が残っているのかをチェックするために、契約更新日を確認しておきましょう。

 

iPhoneを例として契約更新日を確認するには、[設定]アプリ>Apple IDアカウント>「サブスクリプション」をタップして、[サブスクリプション]画面には現在契約中のApple Musicの「更新日:○○年○○月○○日」或いは「○○年○○月○○日終了予定」が表示されています。

 

まとめ

以上は、Apple Musicの曲をダウンロードして永久保存して、アップルミュージックが期限切れても聴ける方法になっています。 また、アップルミュージックを解約する方法も説明しています。Apple Musicを永久にダウンロード保存することができる「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使えば、定額制サービスの期限切れや解約した曲の消滅など、お気に入りの曲がオフラインで聴けなくなる問題を解決できます。早速ですが、下にあるボタンをクリックし、無料ダウンロードして試してみましょう!

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)