Apple Music解約後音楽を永久に保存する方法【Window・Mac対応】

By 森川 涼

2021-02-23

人気の音楽配信サービス「Apple Music」(アップルミュージック)は洋楽や邦楽幅広く楽曲が配信しています。Apple Musicのメンバーシップになれば、様々な楽曲が聴き放題で楽しめます。さらに、好きな曲をダウンロードして、オフラインで再生することもできます。ただし、一旦Apple Musicを解約したら、ダウンロードした曲が全部消えて、聞けなくなります。なので今回はApple Musicの音楽を解約後にも永久保存して、退会しても好きな音楽を楽しめる方法をご紹介したいと思います。



Apple Musicの音楽を解約後にも保存できる方法

解約後にもApple Musicの音楽を永久に保存したい場合は、TuneFab Apple Music変換ソフトを使うことがオススメです。TuneFab Apple Music変換ソフトは安全にApple Musicの曲をダウンロードできるソフトです。DRM保護を解除でき、高音質でApple Musicの音をMP3、M4A、AACなどに変換できるのは魅力です。このソフトを使えば、契約を問わずダウンロードした音楽をスマホに転送していつでも高音質のApple Musicを楽しめます。


今すぐ、お使いの動作環境に応じて、以下の体験ボタンでソフトを試してみましょう。


Apple Musicの音楽を永久に保存する手順

以下に、TuneFab Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicからダウンロードした曲をMP3、M4Aに保存する手順を詳しくご説明します。


ステップ1. TuneFab Apple Music変換ソフトを起動

WindowsまたはMacでTuneFab Apple Music変換ソフトをダウンロードしてインストールします。起動すると、iTunesも自動的に起動されます。

操作画面


ステップ2. 曲を選択と出力形式を設定

画面の左側にプレイリストを選択します。そして、曲をチェックします。内蔵の検索ボックスを利用したら、保存したい曲をすぐに探し出します。また、トップのチェックボックスを選択したら、全ての曲を選択できます。


このソフトでは、MP3、M4A、FLAC、AACなどの出力形式が用意されます。その中から保存したい形式を選択します。プロファイルから出力品質を出力品質を選択できます。必要な場合、出力曲のタイトル、アーティスト、アルバムを分類できます。

MP3に設定


ステップ3. 曲の変換を開始

「変換」ボタンをクリックすれば、曲の変換が始まります。完了後、変換された曲が出力先に保存しています。

変換を開始


これで、Apple Musicを解約しても、ダウンロードした曲が永久に保存できます。また、MP3、M4Aなどに変換したApple Musicの音楽をiPhone、Android スマホ、ウォークマン、MP3 プレイヤーなど任意のデバイスに転送して再生することも実現できます。さっそくTuneFab Apple Music変換ソフトを使って、もっと自由にApple Musicを楽しみましょう。

評価: 3.4 / 5 (合計 168 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.