close years-promotion close years-promotion

Apple Musicを無料で使える方法は?無料期間が終わっても大丈夫!

By 幾田 千夏

2022-05-31

世界中9,000万曲以上の人気曲を集めるApple Musicを愛用している方が大勢だと思います。Apple Musicは四つの料金プラン があります。月額980円の個人プラン、月額480円の学割プラン 、月額1,480円のファミリープランや月額480円のVoiceプランが提供しているので、自分に合ったプランでApple Musicを利用することができます。しかし、Apple Musicとの解約後、DRM保護が付いているため、ダウンロードした曲が全部聴けなくなります。


いつでも無料でApple Musicの音楽を楽しみたい方に対して、きっとApple Musicを無料で聴ける方法に気になるでしょう。では、この記事では、皆さんのために、Apple Musicを解約しても、Apple Musicを無料で使う方法をご紹介します。



目次


方法1:音楽変換ソフトで、Apple Musicを無料で聴く方法

Apple Musicを無料で使うには、プロの音楽変換ソフトを利用すれば簡単に実現できます。ここでは、TuneFab Apple Music変換ソフトをおすすめします。このソフトはApple Musicの音楽を劣化せずにMP3、M4A、FLACなどの汎用音声形式に変換して、DRM保護を解除 して、ダウンロードできます。そしたら、Apple Musicを解約した場合でも好きな音楽を聴くことができます。

音楽変換ソフトで、Apple Musicを変換・ダウンロードする手順

ステップ1.TuneFab Apple Music変換ソフトを起動

TuneFab Apple Music変換ソフトをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行すると、iTunesも自動的起動され、プレイリストを読み込めます。

曲を選択


ステップ2.変換したいApple Musicの曲を選択

画面の左側のプレイリストから、もしくは内蔵の検索バックスで変換したい曲を選択してください。このはMP3、M4A、M4P、AACなどApple Music常用の音楽形式が対応できます。

出力設定


ステップ3. 曲の変換を開始

出力形式などの設定が終わったら、「変換」ボタンをクリックすれば、Apple Musicの曲の変換が始まります。完了後、変換された曲が出力先フォルダに保存されます。

変換を開始


これで、Apple Musicの曲の変換・ダウンロードが完了しました。上記の方法によって、Apple Musicからダウンロードした曲が解約後、聴けなくなったと心配する必要がなく、Apple Musicの音楽を永遠に無料で聴くことができます。


方法2:Apple Music自体の無料体験を使う

Apple Musicは新規登録のユーザーに、無料トライアル期間を用意しています。元々新規契約時は3カ月間無料トライアルできますが、最近無料トライアルの期間が1カ月間に短くなりました。この無料期間において、Apple Musicの音楽が聴き放題、iTunesライブラリのコンテンツをダウンロードして、オフライン再生などすべての機能を利用することできます。


さて、iPhoneを例にして、Apple Musicの無料トライアルを試す方法をご紹介します。


ステップ1:iPhoneで「ミュージック」アプリを開きます。


ステップ2:無料で始めよう」をタップします。そして、プラン(個人、ファミリー、学生)を選択します。ここで、個人を選択しています。


ステップ3:最後は、Apple ID のパスワードを入力してログインしてください。そしたら、Apple Musicのメンバーシップ登録が完了です。Apple Musicを無料で一ヶ月使えます。

Apple Music無料体験

Apple Musicの無料トライアル期間をもっと延長する方法

Apple Musicの無料トライアル期間は一ヶ月になったということが分かりましたが、実はその無料期間を延長する方法もあります。音楽認識アプリ「Shazam」とWebサイトを利用するということです。


AirPodsやHomePod mini、Beatsなどの対象製品を購入した方は、「Shazam」アプリを通して、Apple Musicを最大3カ月間無料で利用できます。操作手順は以下通りです。


ステップ1:iPhoneまたはiPadで「Shazam」アプリをインストールして、起動します。そして、アイコンをタップして周囲で流れている音楽を認識させます。


ステップ2:検索結果に表示される「Apple Music」ロゴをクリックしてください。


ステップ3:「ご本人確認」をクリックします。そして、ご利用前に、オファーを確認するには、Face ID またはTouch IDが必要です。

Apple Musicの無料トライアルを延長


以上の方法で、Apple Musicの無料のトライアルがを延長することができます。 通常の無料トライアル期間1カ月に無料コード分が加わり、合計3カ月間無料で利用できます。


ここで注意すべきなのは、無料トライアル期間が終了すると、Apple Musicは自動的に有料会員に切り替わります。余計な料金を発生されないように、トライアル期間が終了前に自動更新をオフにしてください


一旦無料体験期間が過ぎると、一切のサービスが使えなくなります。Apple Musicの音楽はDRM保護されているため、ダウンロードした曲が聴けなくなります。Apple Musicの曲を永久に保存したい場合は、やはりプロの音楽変換ソフト、TuneFab Apple Music変換ソフトをお勧めします。このソフトを使えば、Apple Musicからダウンロードした曲をDRMなしのMP3、M4A、FLACなどに変換でき、パソコンやスマホなど任意のデバイスに保存して永久に聴けます。

Apple Musicの無料トライアルの登録ができない?対処法は?

1.Apple IDを作っていない

Apple Musicを使うには、Apple IDが必要です。アプリ起動後に利用しようとすると、Apple IDのサインインを求められるので、事前に取得しておいて、またはその場で作成して、登録後にApple Musicを楽しめます。

2.同じApple IDでApple Musicの無料トライアルを利用したことがある

無料トライアルは1つのApple IDにつき1回までという制限があるので、過去に一度でも利用した経験があるなら、もう一度利用することができません。

3.古いiOSのバージョンを使用している

Apple Musicを利用にはiOS 10.0以降の端末が必要です。iOS 10以前の端末を使っている場合は、iOSバージョンを更新する、或いはiOS 10以降が搭載されているデバイスに変えて、もう一度やってみてください。

まとめ

Apple Musicを無料で使って、音楽を聴く二つの方法について解説してきました。そこで一番薦めるのはやはりTuneFab Apple Music変換ソフトを利用して、Apple MusicのDRM保護を解除して、音楽をダウンロードすることです。Apple Musicを解約しても、無料期間が終わっても、制限なしにオフラインで気楽に再生できます。以下のボタンを押して、自分でやってみてください。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)