close spring-special-sales close spring-special-sales

【大公開】Apple Musicを無料で使う方法は?無料期間が終わっても使える裏ワザ!

By 藤原 陽翔

2024-03-07

Apple Musicを愛用していますか?Apple Musicは素晴らしい音楽体験を提供してくれる一方で、そのサービスを利用するためには通常、月額料金がかかります。しかし、実は無料でApple Musicを利用する方法が存在します。さらに、無料期間が終了しても使える裏ワザもあるんです!今回は、アップルミュージックの無料使い方を説明します。また、Apple Musicの無料期限が切れても聴ける方法も紹介します。Apple Musicユーザーでない方も、これを機にAppleミュージックの魅力を体験してみませんか?それでは、早速詳細を見ていきましょう!

 

Apple Musicを無料で使う方法

 

目次

Apple Music自体の無料トライアルを使う方法

Apple Musicは新規登録のユーザーに、無料トライアル期間を用意しています。元々新規契約時は3カ月間無料トライアルできますが、最近無料トライアルの期間が1カ月間に短くなりました。この無料期間において、アップルミュージックの音楽が聴き放題、iTunesライブラリのコンテンツをダウンロードして、オフライン再生などすべての機能を利用することできます。

 

さて、iPhoneを例にして、Apple Musicの無料トライアルの使い方をご紹介します。

 

ステップ1:iPhoneで「ミュージック」アプリを開きます。

 

ステップ2:無料で始めよう」をタップします。そして、プラン(個人、ファミリー、学生)を選択します。ここで、個人を選択しています。

 

ステップ3:最後は、Apple ID のパスワードを入力してログインしてください。そしたら、Apple Musicのメンバーシップ登録が完了です。Appleミュージックを無料で一ヶ月使えます。

 

Apple Music無料体験

 

無料なアップルミュージックの注意点

1. 自動的に有料のApple Musicサブスクリプションに切り替えます。

 

Apple Musicの無料トライアル期間は通常1か月間です。無料トライアル期間が終了すると、アップルミュージックは自動的に有料サブスクリプションに切り替わります。無料期間を利用している間に解約手続きをしない限り、料金が請求されます。

 

2. 解約後にダウンロードした曲は再生できません。

 

無料のApple Musicトライアルを利用している場合、解約後にダウンロードした曲は再生できなくなり、ライブラリからも削除されます。ただし、有料プランに移行すれば、再びダウンロードした曲やライブラリ内の音楽を利用できるようになります。したがって、無料トライアル期間が終了する前に有料プランに移行するか、期間終了後に有料プランに登録することが重要です。学生の場合は学割プランをお勧めします。

 

アップルミュージックの音楽はDRM保護されているため、ダウンロードした曲が聴けなくなります。解約後も引き続きApple Musicの曲を無料で聴きたい場合は、以下のプロな「TuneFab Apple Music変換ソフト」をお勧めします。このソフトを使えば、Apple Musicからダウンロードした曲をDRMなしのMP3に変換でき、ぜひ試用してみてください。

 

Apple Musicの無料期間でできること

1.音楽のストリーミング:Apple Musicの無料期間中は、数百万曲の音楽をストリーミングできます。お気に入りのアーティストやジャンルの曲を自由に聴くことができます。

 

2.オフラインでの再生:アップルミュージックの無料トライアル期間中に、曲をダウンロードしてオフラインで再生することも可能です。

 

3.プレイリストの作成:Apple Musicでは、自分だけのプレイリストを作成することができます。お気に入りの曲をまとめて、好きな順番で再生することができます。

 

4.新しい音楽の発見:Apple Musicは、さまざまなオススメの曲やアーティストを提案してくれる機能があります。無料期間中に新しい音楽を発見し、幅広いジャンルの曲に触れることができます。

 

5.ラジオ番組の利用:Appleミュージックには、様々なジャンルのラジオ番組があり、無料期間を利用して、トークや音楽が楽しめるラジオ番組を聴くことができます。

 

無料体験期間終了後もApple Musicを無料で聴ける方法

無料期間終了後もApple Musicを再生したい場合は、「TuneFab Apple Music変換ソフト」を利用すれば簡単に実現できます。このソフトはApple MusicのDRM保護を解除して、品質を劣化せずに曲をMP3、M4A、FLACなどの汎用音声形式に変換して、ローカル音声ファイルとしてダウンロードするため、Apple Musicを解約してもダウンロードされたアップルミュージックの曲を聴くことができます。また、最大320kbsのビットレートを設定可能で、Apple Musicの楽曲を高音質で高速かつ一括ダウンロードできます。曲名、アルバム、アーティストなどのID3タグ情報も保持されます。

 

さらに、Apple Musicのウェブプレーヤーを内蔵しているため、Apple MusicアプリやiTunesをダウンロードしなくてもパソコンで音楽を無料で聴くことができ、簡単なクリック操作でお気に入りの楽曲をダウンロードして永久保存することも可能です。そしたら、Apple Musicを解約した場合でも好きな音楽を聴ことができます。

無料で聴き続けるためにApple Musicをダウンロードして永久に保存する手順

ステップ1:TuneFab Apple Music変換ソフトを起動

まず、「TuneFab Apple Music変換ソフト」をPCにダウンロードしてインストールします。ソフトを実行して、ソフトに埋め込まれたApple Musicウェブプレーヤーの画面に直接入り、右側には変換リストのサムネイル欄があります。初回起動すると、詳しい操作ガイドも自動的に表示されて確認することができます。

Apple ウェブプレイヤーを開きます

 

ステップ2:Apple IDでログイン

右上の「サインイン」をクリックしてメールアドレスまたはApple IDでログインしてください。Apple Musicから楽曲をダウンロードするには、このサインインが必要です。

Apple IDでログインする

 

ステップ3:無料で聴きたいApple Musicの曲を追加

Apple Musicウェブプレーヤーの検索機能を使って、無料で聴き続けたいApple Musicの曲を見つけ、それらを右側のところへドラッグ&ドロップするか、楽曲やアルバムのアートカバー上に表示される「変換リストに追加」という赤いボタンをクリックして、変換リストに追加します。もしくは作成したプレイリストを開いて、赤いボタンで全体を一括追加します。

Apple Musicの変換リストに追加

 

ステップ4:Apple Musicの曲の変換を開始

このソフトはMP3、M4A、WAV、FLACなどApple Music常用の音楽形式の出力が対応します。「≪」アイコンで広げられる変換リストで出力形式とビットレート、サンプルレートの設定が終わったら、「変換」ボタンをクリックすれば、無料で聴きたいApple Musicの曲の変換が始まります。完了後、変換された曲が出力先フォルダに永久保存されます。「変換完了」タブでご確認ください。

変換を開始

 

これで、Apple Musicの楽曲はダウンロードして保存しました。「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使って、アップルミュージックからダウンロードした楽曲は、無料トライアル終了後や解約後に聴けなくなったと心配する必要がなく、永遠に無料で聴くことができます。また、DRMフリーのAppleミュージックの楽曲は、iPodウォークマンAndroidスマホなどのデバイスに転送して聴くことが可能です。すぐに無料でダウンロードし体験しましょう。

 

ビデオ:無料でApple Musicの曲を永久に保存する方法

Apple Musicの無料トライアル期間をもっと延長する方法

Apple Musicの無料トライアル期間は一ヶ月になったということが分かりましたが、実はその無料期間を延長する方法が2つあります。

方法一:「Shazam」とWebサイトを利用する

AirPodsやHomePod mini、Beatsなどの対象製品を購入した方は、音楽認識アプリ「Shazam」とWebサイトを通して、Apple Musicを最大3カ月間無料で利用できます。操作手順は以下通りです。

 

ステップ1:iPhoneまたはiPadで「Shazam」アプリをインストールして、起動します。そして、アイコンをタップして周囲で流れている音楽を認識させます。

 

ステップ2:検索結果に表示される「Apple Music」ロゴをクリックしてください。

 

ステップ3:「ご本人確認」をクリックします。そして、ご利用前に、オファーを確認するには、Face ID またはTouch IDが必要です。

Apple Musicの無料トライアルを延長

 

以上の方法で、Apple Musicの無料のトライアルを延長することができます。 通常の無料トライアル期間1ヶ月に無料コード分が加わり、合計3ヶ月間無料で利用できます。

 

方法二:対象のApple製品を購入する

対象となるApple製品を購入すると、Apple Musicが最大6か月間無料でお試しいただけます。 新しいiPhone、iPad、Mac、またはその他の対象デバイスを購入後、Apple Musicアプリにサインアップすると、6か月間無料でアップルミュージックを利用できます。「6か月無料特典がデバイス」をクリックすると、どのApple 製品にこの特典があるかを確認できます。

 

ご注意:

新規登録の方のみが対象です。

ただし、無料トライアルが終了すると、自動的に有料プランに更新されます。試用期間の終了後に有料プランの料金を支払いたくない場合は、自動更新をオフにすることを忘れないでください。

 

Apple Musicの無料トライアルの登録ができない原因と対処法は?

1.Apple IDを作っていない

Apple Musicを使うには、Apple IDが必要です。アプリ起動後に利用しようとすると、Apple IDのサインインを求められるので、事前に取得しておいて、またはその場で作成して、登録後にアップルミュージックを楽しめます。

2.同じApple IDでApple Musicの無料トライアルを利用したことがある

無料トライアルは1つのApple IDにつき1回までという制限があるので、過去に一度でも利用した経験があるなら、もう一度利用することができません。

 

アップルミュージックの無料トライアルは通常、新規ユーザー向けに提供されます。同じApple IDで以前にトライアルを利用した場合、新しいアカウントを作成するか、他の家族メンバーのアカウントを使用して家族共有プランを検討してください。ただし、Appleの利用規約に従うことが重要です。

3.古いiOSのバージョンを使用している

Apple Musicを利用にはiOS 10.0以降の端末が必要です。iOS 10以前の端末を使っている場合は、iOSバージョンを更新する、或いはiOS 10以降が搭載されているデバイスに変えて、もう一度やってみてください。詳細については、Appleの公式ウェブサイトまたはサポートチームにアクセスして確認できます。

 

Apple Musicの無料期間に関するよくある質問

Apple Musicの無料トライアル期間を確認する方法

Apple Musicの無料トライアル期間を確認する方法は、以下の手順に従うことでできます。これは通常のiOSデバイス(iPhoneまたはiPad)での方法です:

 

ステップ1.iOSデバイスのホーム画面から「Apple Music」アプリをタップして開きます。アプリが開いたら、画面下部の「ライブラリ」タブをタップします。ライブラリ画面に移動したら、右上隅にあるアカウントアイコン(通常はプロフィール写真またはアイコン画像)をタップします。

 

ステップ2.Apple IDとサブスクリプションを選択:アカウント設定画面で、「Apple IDとサブスクリプション」を選択します。このページには、現在のアップルミュージックサブスクリプションの詳細が表示されます。また、無料トライアルの期間が表示されるはずです。

Apple IDとサブスクリプション

無料トライアル期間が表示されない、または問題がある場合は、Appleのカスタマーサポートに連絡し、問題を解決するためのサポートを受けることができます。無料トライアルの期間が終了する前に、サブスクリプションをキャンセルしたい場合は、同じ「サブスクリプション」セクションでキャンセル手続きを行うこともできます。

 

Apple Musicの無料体験は何度でも利用できるか?

Apple Musicの無料トライアルは、1つのApple IDアカウントにつき1回のみ利用できます。 つまり、1つのApple IDで1回だけ無料トライアルを利用できます。2回目の無料トライアルを利用するには、別のApple IDを作成してからアップルミュージックにサインアップする必要があります。

 

Apple Musicの新規ユーザーは、1ヶ月間無料で試用でき、有料会員と同じことができます。 プレイリストの作成、楽曲のダウンロード、再生モードの選択などの機能をすべて無料で体験できます。 無料体験終了後に再登録された場合は、再度無料体験もできなくなります。

 

無料期間にApple Musicから曲をダウンロードする方法は?

アップルミュージックは無料でできることは、Apple Musicから楽曲をダウンロードしてオフラインで再生することです。Apple Musicでダウンロードしたい曲を探し、曲の横にある「+」ボタンをクリックして、ライブラリに追加します。 ライブラリに追加すると、元の「+」が「↓」になるので、「↓」をクリックして楽曲をダウンロードすることができます。 ただし、無料期間終了後、引き続き有料プランを購入しない場合は、ダウンロードした楽曲は聴けなくなりますのでご注意ください。>

Apple Musicの無料トライアルの自動更新をオフにする方法は?

Apple Musicの契約は無料トライアル終了時に自動更新され、個人プランの場合は月額1080円の支払いが必要です。 無料体験のみをご希望の場合は、アップルミュージックの無料期間の終了日を確認してから、無料体験が終了する前にキャンセルします。

 

iPhoneでApple Musicの無料期間の終了日を確認するには、「設定」アプリでApple IDアカウントを選択し、「サブスクリプション」>「Apple Music」で「更新日:◯◯年◯月◯日」と表示されています。この日の前に、Apple Musicアプリの「アカウント」>「今すぐ聴く」>「サブスクリプションの管理」>「無料トライアルをキャンセルする」を順番にクリックしてください。アップルミュージックの無料期間中に解約するとすぐに利用できなくなりますので、有効期限の前日までに解約されることをお勧めします。

 

まとめ

以上は、Apple Musicを無料で使う方法について紹介してきました。アップルミュージックの無料トライアル期間を延長する方法も説明されています。「TuneFab Apple Music変換ソフト」を利用して、Apple MusicのDRM保護を解除して、音楽をダウンロードすることです。Apple Musicを解約しても、無料期間が終わっても、制限なしにオフラインで気楽に再生できます。以下のボタンを押して、無料で体験してください!

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)