Apple Musicの学生プランに登録する方法

By 森川 涼

2020-05-25

「世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Apple Music」は、学生プラン(学生メンバーシップ)を2016年11月30日より、日本での提供を開始しました。通常月額980円なのですが、学生プランは半額480円でApple Musicを利用できます。この記事では、Apple Music学生プランの利用条件と登録方法をご紹介します。Apple Musicの学生ユーザーなら、ご参考にしてみてください。



目次


Apple Music学生プランが利用可能の対象

Apple Musicの学生プランを利用するには、大学(短期大学および大学院を含む)、高等専門学校、専門学校(専修学校専門課程)に就学中であることが必要です。小学生、中学生及び高校生は学生プランを利用することができません。


Apple Musicの学生プランに登録する際に、UNiDAYSの学生証明サービスを通じて、学位を授与する総合大学または単科大学に実際に在学していることを確認する必要があります。確認した上、Apple Musicの学生プランに参加することができます。また、在学状況がUNiDAYSで定期的に再検証されます。学生ではなくなったこと、または学生プランの48か月間の期間を満了したことが確認された場合、Apple Musicの学生プランから自動的に個人プランに切り替えます。


Apple Music学生プランを適用するメリット


すべての機能を半額利用可能

Apple Music学生プランは半額になる安い月額料金で6000万曲以上の音楽を聴き放題できます。オフライン再生、プレイリストの追加、iCloudミュージックライブラリなどすべての機能を使えます。


AppleTV+が無料で期限付き

Apple Music学生プランの場合は、Appleが提供する動画サービス「Apple TV+」の利用権が無料で付いてくるところもメリットです。オリジナル制作の映画やドラマが耳放題で視聴できます。


3ヶ月の無料体験

Apple Music学生プランに初めて登録すると、無料トライアルを3ヶ月利用できます。その後は、月額480円で利用することができます。


Apple Music学生プランの登録方法

以下は、Apple Music学生プランの登録方法について説明していきます。ここで、iPhoneのミュージックアプリから登録する手順をご紹介します。iTunesやAndroid のApple Musicアプリから登録する手順もほぼ同じです。


ステップ1:iPhoneでミュージックアプリを開きます。「For You」をタップして、右上にあるアカウントのアイコンをタップします。


ステップ2:表示された画面に「Apple IDを表示」をタップします。パスワードの入力またはTouch IDによる認証が必要です。

Apple IDを表示


ステップ3:「登録」をタップして、そして「Apple Musicメンバーシップ」をタップすると、メンバーシップ画面が表示されます。その中の「学生」をタップします。

Apple Musicの学生メンバーシップ


ステップ4:ここからは学生の在籍確認です。画面で「利用資格を確認」をタップします。すると、Safariブラウザが起動されて、UNiDAYSの学生証明サービスのウェブページが表示されます。「メールアドレス」と「大学名」を入力します。ここでのメールアドレスは大学ものでなくても大丈夫です。大学名は日本語で入力するとリストに表示されない場合があるので、その時は英語で入力してください。入力が完了したら、「続ける」をタップします。

メールアドレスと大学名を入力


ステップ5:大学のメールアドレスで認証します。同じアドレスを2回入力します。それから、「メールを送信する」をタップします。

大学のアドレスを入力


ステップ6:大学のメールアドレス宛てに認証メールが送信されます。このメールを開いて、「学生ステータスの確認」をタップします。すると、Safariブラウザが開かれます。確認完了の画面が表示されて、「続ける」をタップします。


ステップ7:「このページ"ミュージック"で開きますか?」というメッセージが表示されます。「開く」をタップします。すると、ミュージックアプリが開かれ、「学生 (1か月) ¥480」にチェックがついていることを確認します。これで Apple Musicの学生メンバーシップの登録が完了です。初めて登録する場合は、3ヶ月の無料体験があります。3ヶ月後、自動的に課金します。


Apple Music学生プランの解約方法

Apple Musicの学生プランは定期的に証明する必要があり、利用期間が最大48ヶ月までに制限されています。学生ではなくなったら、もしくは学校から卒業したら、自動的にApple Musicの個人プランに移動します。続けて利用したくない場合は、この期間Apple Music有料会員をいつでも解約できます。Apple Musicメンバーシップの解約方法については以下の記事を参考にしてみてください。



Apple Musicメンバーシップ契約期間中は、好きな曲や、アルバム、プレイリストを自由にダウンロードしてオフラインでも再生できますが、契約を解約すると、曲の再生とダウンロードは全てできなくなります。そこで、専門のApple Music変換ソフトーTuneFab Apple Music変換ソフトをお勧めしたいと思います。Apple Musicを解約する前に、TuneFab Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicの曲を MP3、AAC、M4Aなどの形式に変換保存すれば、Apple Musicを解約しても好きな曲を任意のデバイスで再生できます。このソフトはWindows 版と Mac 版を用意しています。さらに、無料体験もできます。お気軽に使ってみてください。


まとめ

以上は、Apple Music学生プランの利用条件と登録方法です。学割プランだと月額480円で、個人プランと同じサービスを利用できるので、半額以上お得になります。学生の方は、さっそく登録してみましょう。


評価: 4.4 / 5 (合計 67 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.