close summer-special-sales close summer-special-sales

Apple Musicからダウンロードした曲が消えた時の対処法

By 森川 涼

2024-03-12

Apple Musicで好きな曲をダウンロードすれば、オフラインでも好きな音楽を聴けます。しかし、突然Apple Musicからダウンロードした曲が消えてしまい状況があります。なぜこのような問題が起きっていますか?今回は曲が絶対に消えないApple Musicのダウンロード方法Apple Musicの曲が消える原因を紹介します。



ソフトでApple Musicの曲をダウンロード

実は専門的な変換ソフトを使えば、Apple Musicの音楽を安全にダウンロード、パソコンで保存できます。パソコンに保存された音楽ファイルは基本手動で削除しない限りは消えません。ここでは、Apple Musicの音楽を保存できる「TuneFab Apple Music変換ソフト」を紹介します。


このソフトは、Apple Musicの曲をDRMなしのMP3、FLAC、M4Aなどの形式にダウンロード・変換することができ、一旦ダウンロード成功したら、永久にオフラインで聴くことができます。iTunesをインストールする必要がなく、ダウンロードした曲は消えず、永遠に楽しむことができます。さらに、曲のアーティストなどのID3情報もそのまま保持できます。後の楽曲整理も便利です。


まずソフトをダウンロードしてインストールしてください。

ステップ1:「TuneFab Apple Music変換ソフト」を起動して、メインインターフェイスに入ります。初回訪問には、まず操作ガイドを入り、その後の起動は内蔵されたApple Musicウェブプレーヤーに直接に入ります。右側には展開できる変換リストがあり、ここで追加された曲の詳細をチェックできます。


正式的な変換を始まる前に、上部にある「サインイン」ボタンをクリックして、Apple IDを入力してください。

ウェブプレイヤーの主画面に入る


ステップ2:ダウンロードしたい曲またはアルバムを検索します。見つけたら、右側の変換リストにドラッグ&ドロップします。あるいは、曲やプレイリストの表紙にカーソルを移動して、「変換リストに追加」の赤のボタンをクリックします。

曲をリストに添付


ステップ3:「≪」アイコンをクリックして変換リストを展開します。ここでは出力形式をMP3、M4A、FLACなどに設定し、そして「すべてに適用」をクリックして、一括で設定します。音楽の保存フォルダもパソコン内好きな位置に設定できます。


「すべて変換」ボタンをクリックすれば、Apple Musicの曲はMP3に変換され、パソコンに保存されます。

出力形式を選択


ステップ4:変換中に、全体または単曲の変換プロセスの進捗状況を確認できます。「変換完了」をクリックして、ダウンロードした曲をチェックできます。出力先を開くと、中にはMP3に変換されたApple Musicの曲があります。

曲が変換終了

以上は、Apple Musicの曲が消える問題の対処法の一つです。この方法でパソコンに保存されたのは独立な音楽ファイルですので、ネット環境や他のソフト、アプリの影響を受けないため、突然消える等の状況は発生しません。「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使えば、これらの音楽ファイルをiPhoneや他のデバイスに転送でき、同じくオフラインで好きな音楽を聴けますので、強くおすすめします。もしソフトを使いたくないでしたら、これからはApple内の問題発生原因と対処法を紹介します、引き続きお読みください。


Apple Musicメンバーシップの有効期限の確認

Apple Musicはサブスクリプションの音楽配信サービスなので、自動更新をオフにした場合は、メンバーシップの有効期限が過ぎると、Apple Musicからダウンロードした曲が自動的に削除されます。まず、Apple Musicを購読する有効期限を確認しましょう。

Apple Musicメンバーシップの有効期限


iCloudミュージックライブラリをオンにする

Apple Musicの曲が消えてしまった原因は「iCloudミュージックライブラリ」の可能性もあります。「iCloudミュージックライブラリ」とは、音楽やプレイリストをクラウド上に保存し、同じApple IDでサインインするiPhone、iPad、Macなどすべてのデバイスで楽しめる機能です。


iCloudミュージックライブラリにオンにすると、Apple Musicから追加した曲やプレイリスト、iTunesに取り込んだ曲などが保存されます。同じApple ID を設定しているあらゆるデバイスからそれらの曲をストリーミング再生やダウンロードをすることができます。


しかし、もしiCloudミュージックライブラリをオフにすると、オフライン再生のためにダウンロードしたApple Musicの曲がすべて削除されます。iCloudミュージックライブラリを自動的にオフにする原因は、以下のいくつかが挙げられます。


1.iOSデバイスのアップデート

2.iTunes Storeにサインアウト

3.Apple IDを切り替える


上記の原因によって、iCloudミュージックライブラリをオフになり、iPhoneでApple Musicの曲がプレイリストから消える可能性があります。それらの曲を復活させるためには、iCloudミュージックライブラリをオンにする必要があります。


ステップ1:iPhoneで「設定」→「ミュージック」をタップして、そして、「iCloudミュージックライブラリ」(ライブラリを同期)をタップしてオンにします。ポップアップウィンドウで「ミュージックを残す」を選択してください。

iCloudミュージックライブラリをオンにする


ステップ2:Musicアプリを開いて、Apple Musicの曲を再ダウンロードします。再ダウンロードの際は通信制限などもあので、Wi-Fiの環境で再ダウンロードすることをおすすめします。


上記のように、Apple Musicの曲が消える原因とその対応策はいくつあります。Apple Musicの更新やアカウント制限に関係するものが多いです。もしこれらの操作に面倒だと感じるなら、やはり本記事に紹介したTuneFab Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicの曲を直接パソコンに保存することがいいですね。このソフトは無料体験できますので、興味があれば是非使ってみてください。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)