close years-promotion close years-promotion

超実用!iTunesのM4P音楽をMP3に変換する三つの方法「Windows/Mac」

By 森川 涼

2022-07-01

iTunesライブラリ中の曲はM4Pファイルとしてパソコンに保存されています。しかしM4P形式の音楽ファイルはiTunes以外、 他の端末やプレイヤーでは再生できません。もしiTunesが搭載されていない端末でその音楽を鑑賞したいなら、それらのM4Pファイルを汎用性の高いMP3形式に変換しなければなりません。では、この記事では、M4PをMP3に変換する三つの方法を紹介します。


目次


M4P形式とは?

M4Pとは、DRM保護されたオーディオファイル形式です。iTunesライブラリ中のApple Musicの曲はM4P形式で保存されます。以前なら、iTunes Storeから購入した音楽およびApple Music音楽はDRMの保護により、M4PファイルはiPhone、iPad、iPod Touch、Apple TV、Apple WatchなどApple社のデバイスで再生できますが、MP3 プレーヤー、Android スマホ、ウォークマン、zuneなどのデバイスでは再生できません。


方法一、音楽変換ソフトでiTunes M4P音楽をMP3に変換する「DRM保護付き」

Apple社のデバイス以外の端末でDRM保護付きのM4Pファイルを再生しようとするなら、DRMの保護を解除し、M4PファイルをMP3などの形式に変換しなければなりません。こんな時は、TuneFab Apple Music変換ソフトを利用するのがおすすめです。このソフトはM4PをMP3形式に変換でき、iTunesやApple Music向けの強力な音楽変換ソフトです。シンプルな操作で、M4PファイルのDRM解除と形式変換が完成できますので、とても実用的なソフトです。


そのほか、M4PやMP3だけでなく、様々な形式の音楽ファイルにも対応しており、Windows向けとMac向けのバージョンも両方あります。MP3に変換された音楽のアーティスト、アルバムなど曲のID3情報をそのまま保持でき、手動的に整理や命名する必要はありません。無料体験できるので、気軽にダウンロードしてください。では、早速 「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使って、iTunes M4P音楽をMP3に変換してみましょう。

第三者のソフトでiTunes M4P音楽をMP3に変換する手順

ステップ1. ソフトを起動

「TuneFab Apple Music変換ソフト」をPCにダウンロードしてインストールします。本ソフトはWindows版とMac版があり、どちらも無料ダウンロード、体験可能です。そして、ソフトを起動すると、iTunesも自動的に起動します。


ステップ2. M4PをMP3に変換したい曲を選択

以下の画面のように、iTunesライブラリのプレイリストは左側パネルで表示されます。M4PをMP3に変換したいiTunesの曲を選択してください。

曲を選択


ステップ3. iTunes曲の出力形式をMP3に設定

変換したいiTunes曲の出力形式をMP3に設定します。そのほか、「出力フォルダ」「出力品質」も設定を行うことが可能です。

MP3に設定


ステップ4. M4PをMP3への変換を開始

「変換」ボタンをクリックして、M4Pの変換を始めます。完了後、上部のメニューから「変換完了」をクリックして、iTunes曲の変換履歴を確認できます。また、出力ファルダを開け、MP3に変換されたiTunes音楽をチェックすることもできます。

変換を開始


以上はiTunesのM4PファイルをMP3に変換する手順のご紹介です。このソフトを利用することによって、iTunesでDRM保護が掛かっている曲でもDRM保護を簡単に解除でき、 M4PをMP3に変換でき、すべてのデバイスに転送して制限なしで再生できるようになります。


方法二、iTunesでM4P音楽をMP3に変換する「DRMフリー」

Apple Musicを利用している方のほとんどはiTunesを持っているでしょう。iTunesを使って、M4P音楽をMP3に変換する方法もあります。ただ、この方法は現在のDRM保護が掛かってないiTunesの音楽のみに適用しています。Windows向けとMac向けの方法はそれぞれありますので、これから紹介します。

M4PからMP3に変換(Windows向け)

ステップ1、上部のメニューバーから「編集」「環境設定」をクリックし、そして、「読み込み設定」を選択します。


ステップ2、iTunesの音楽の読み込み方法には「MP3エンコーダ」を選択します。そして、「OK」をクリックすればいいです。

WindowsでM4PからMP3に変換


ステップ3、「ライブラリ」→「曲」の順でクリックしてから、M4PからMP3に変換したいiTunesの楽曲を左クリックで選択します。


ステップ4、「ファイル」→「変換」を押し、「MP3バージョンを作成」を選択します。こうすると、M4P音楽をMP3に変換可能です。

MP3バージョンの作成


ただし、DRMに保護されているM4Pファイルは購入者本人しか再生できないため、iTunes Storeで購入した音楽の場合はMP3への変換が失敗する可能性もあります。

M4PからMP3に変換(Mac向け)

ステップ1、「一般」タブの「インポート設定」をクリックし、「MP3エンコーダ」を選び、そして「OK」をクリックします。

MacでM4PからMP3に変換


ステップ2、M4PファイルからMP3に変換したい曲を選択し、次に「ファイル」→「変換」→「MP3バージョンの作成」の順でクリックします。


そうしたら、M4PファイルからMP3への変換が完成し、MP3バージョンのiTunes音楽が得られます。しかしながら、Apple MusicからのM4P楽曲をMP3に変換すると、次の通知が表示される可能性があります:

Apple Musicが変換できない


以上はiTunesでM4P音楽をMP3に変換する方法です。WindowsやMacの操作手順をそれぞれ説明しましたので、ご参考ください。しかし、iTunesを使っても、M4PからMP3への変換は100%実現できるとは言えないです。DRM保護が付いてない曲なら、MP3に変換できますが、DRM保護が掛かっているなら、やはり「TuneFab Apple Music変換ソフト」を利用して、DRM保護を解除して、M4P音楽をMP3に変換したほうがいいです。

方法三、オンラインコンバーターでM4P音楽をMP3に変換する「DRMフリー」

それから、もう一つの方法はフリーサイト・フリーオンラインM4Pコンバーターを使って、M4PファイルをMP3に変換することです。 M4PファイルをMP3に変換できると自称しているフリーオンラインコンバーターは多くあります。Googleで「M4Pコンバーター」と検索すれば、様々なコンバーターが出てきます。その中で、「AnyConv」はWindows、Mac、iPhoneとAndroidに対応している簡単に使えるソフトです。以下は「AnyConv」を例にして、M4PファイルをMP3に変換する操作手順を説明します。

AnyConv


ステップ1、コンピューターやスマホからM4PファイルをオンラインM4Pコンバーターにアップロードします。ファイルサイズの制限が100 mbなので、ご注意ください。


ステップ2、「変換する」ボタンをクリックして、M4Pファイルの変換を開始します。それと同時に、M4PファイルがMP3ファイルに変換され、すぐにダウンロードできます。


使い方はシンプルですが、実は、オンラインM4PコンバーターはiTunesと同じように、M4PをMP3に100%変換できるとは限りません。それに、このようはフリーコンバーターを使うと、個人情報の流出などのリスクがあります。また、これらのサイトにはポップアップ広告も多くて、使いにくい場合もあります。変換したいM4Pファイル数やサイズにも制限があります。かなり面倒だし、アップロード失敗の可能性も高いです。


ここでもっとお勧めしたいのは専門的な音楽変換ソフト「TuneFab Apple Music変換ソフト」を通して、M4PをMP3に変換することです。個人情報の流出とポップアップ広告も一切ありません。また、複数のM4P音楽を一括にMP3に変換でき、時間を節約できます。有効性と安全性と実用性が保証されており、どんな場合でも気楽に使えます。

まとめ

今回はM4P音楽をMP3に変換する方法を三つご紹介しました。自分に合った方法を選択してください。とにかく、総合的に比較すれば、最もお勧めなのは、やはり「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使うことです。強力な機能でiTunesの曲だけでなく、Apple MusicのDRM保護を無効化にして、M4PをMP3に変換できます。使い方は簡単なので、初心者でも上手くiTunesのM4P音楽をMP3、M4Aなどの形式に変換できます。興味がある方は、是非「TuneFab Apple Music変換ソフト」を利用してみてください。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)