iTunes AACからMP3に変換する便利な方法

By 森川 涼

2021-05-18

iTunesではAAC形式(拡張子.m4a)が標準の圧縮形式として採用されます。iTunesは一部のAAC形式の音楽ファイルはDRMで暗号化されますので、MP3プレーヤーなどApple製品以外では再生できません。保護されるAAC音楽をアップル以外のオーディオプレーヤーで再生するには、AACをMP3に変換する必要があります。そこで今回は、AAC形式のiTunes音楽をMP3に変換する方法をご紹介していきます。



目次


変換ソフトでAACをMP3に変換する方法

AACをMP3に変換するには、TuneFab Apple Music変換ソフトがお勧めです。このソフトはiTunesやApple Music等の曲をMP3に変換でき、AACファイルに掛かっているDRM保護を解除する機能もあります。


ステップ1. iTunes Musicの曲を選択

TuneFab Apple Music変換ソフトを起動すると、iTunesのプレイリストが自動的に読み込まれます。操作画面の左側に、変換するプレイリストを選択すれば、画面の右側に、プレイリストのすべての曲が表示されます。その中から、変換したいAACの曲を選択します。

曲を選択


ステップ2. 出力形式をMP3に設定

操作画面の下側に、MP3、 M4A、AAC、AC3、FLAC、AUなどの出力形式が用意されます。今回は「MP3」を選択します。また、プロファイルのリストで変換後ファイルの音質や出力フォルダも変更できます。

MP3に設定


ステップ3. AACの変換を開始

「変換」ボタンをクリックして、AACの変換を始めます。曲の変換中に、iTunesを操作しないようにご注意ください。

変換を開始

上記の簡単な操作で、iTunes AAC音楽のDRM保護を解除し、MP3に変換できます。それらの曲はiPhone、iPad以外、ウォークマン、MP3 プレイヤーなどあらゆるデバイスにも再生できます。


iTunesで保護されないAACの曲をMP3に変換する方法

iTunes自身にも音楽形式変換の機能があります。iTunesが変換できる形式はAAC、AIFF、Appleロスレス、MP3、WAVとなります。しかしiTunesでは保護されないAACファイルのみをに変換できます。


ステップ1:iTunesを起動して、上部のメニューから、「iTunes」>「環境設定」の順に選択します。Windowsの場合は、「編集」>「設定」の順に選択します。


ステップ2:表示された画面に「読み込み設定」をクリックします。

iTunesの環境設定


ステップ3:「読み込み方法」に「MP3エンコーダー」を選択します。

MP3を選択


ステップ4:ライブラリにMP3に変換したい曲を選択します。そして、右上のメニューにより「ファイル」>「変換」の順にクリックして、「MP3バージョンを作成」を選択すると、変換を開始します。

MP3に変換


以上は、AAC音楽をMP3に変換する方法です。iTunes内蔵の変換機能は制限が多いから、音楽を任意のデバイスやプレーヤーで楽しみたいなら、やはりTuneFab Apple Music変換ソフトを使うことがおすすめです。どうぞ試してみてください!


豆知識:AACとMP3の特徴

AACとは、(Advanced Audio Codingの略称)映像圧縮規格MPEG-2またはMPEG-4で使われている音声圧縮技術のことです。一般的にAACは同程度のビットレートであればMP3より高い音声品質を実現しています。


MP3とは、「MPEG Audio Layer-3」の略で、MPEGという動画ファイル形式で利用される音声圧縮形式です。ウェブや携帯音楽プレーヤー等で広く普及しており、MP3形式は現在で最も普及している音声圧縮形式と言えます。


評価: 4.3 / 5 (合計 73 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.