close years-promotion close years-promotion

超実用!iTunes AACからMP3に変換する方法2選

By 森川 涼

2022-08-16

iTunesではAAC形式(拡張子.m4a/m4p)が標準の圧縮形式として採用されます。iTunesは一部のAAC形式の音楽ファイルはDRMで暗号化されますので、MP3プレーヤーなどApple製品以外では再生できません。保護されるAAC音楽をアップル以外のオーディオプレーヤーで再生するには、AACをMP3に変換する必要があります。そこで今回は、AAC形式のiTunes音楽をMP3に変換する方法をご紹介していきます。



目次


iTunesでAACをMP3に変換する方法(DRMで保護されている)

PC、スマホで暗号化されたAAC音楽を再生したい場合、AACをMP3などの形式に変換する必要があります。ここではDRM保護を問わず、あらゆるAACファイルをMP3、WAVなどの形式に変換できる「TuneFab Apple Music変換」を推薦します。現在、様々なオンラインAAC変換ソフトサイトがありますが、筆者の検証によりますと、実際DRMに保護されていないAACファイルだけが対応できます。一般的に、Apple Musicからダウンロードされた音楽は「保護された」.M4Aや.M4Pとなります。Apple Musicの.M4PをMP3に変換したい、もしくは.M4Aを変換したい場合、このソフトはオリジナルの音質でiTunesやApple Music等の曲をMP3に変換でき、AACファイルに掛かっているDRM保護を解除する機能もあります。


優れる特性:


- DRMフリー、Apple Musicを永久に保存できます。


- Apple Musicのオリジナル音質を保持:256 Kbps、44.1 kHz


- ビットレート、コーデック、シンプルレートまたはチャネルをカスタマイズ


- 曲名、アーティスト、アルバムなどの情報を手軽に保存・管理


- ファミリープランがなくでもApple Musicの曲を複数のデバイスで同時に利用


- 個人利用のため音楽を保存、またはCD作成も可能です。


iTunes AACからMP3に変換する手順

ステップ1. iTunes Musicの曲を選択

TuneFab Apple Music変換ソフトを起動すると、iTunesのプレイリストが自動的に読み込まれます。操作画面の左側に、変換するプレイリストを選択すれば、画面の右側に、プレイリストのすべての曲が表示されます。その中から、MP3に変換したいAACの曲を選択します。

曲を選択


ステップ2. 出力形式をMP3に設定

操作画面の下側に、MP3、M4A、AAC、AC3、FLAC、AUなどの出力形式が用意されます。今回は「MP3」を選択します。また、プロファイルのリストで変換後ファイルの音質や出力フォルダも変更できます。

MP3に設定


ステップ3. AACの変換を開始

「変換」ボタンをクリックして、AACからMP3に変換を始めます。曲の変換中に、iTunesを操作しないようにご注意ください。

変換を開始

上記の簡単な操作で、iTunes AAC音楽のDRM保護を解除し、MP3に変換できます。それらの曲はiPhone、iPad以外、ウォークマン、MP3プレイヤーなどあらゆるデバイスにも再生できます。


iTunesでAACをMP3に変換する方法(DRMで保護されない)

iTunes自身にも音楽形式変換の機能があります。iTunesが変換できる形式はAAC、AIFF、Appleロスレス、MP3、WAVとなります。しかしiTunesでは暗号化で保護されないAACファイルしか他の形式に変換できません。


iTunesで保護されないAACの曲をMP3に変換する手順

ステップ1.iTunesを起動して、上部のメニューから、「iTunes」>「環境設定」の順に選択します。Windowsの場合は、「編集」>「設定」の順に選択します。


ステップ2.表示された画面に「読み込み設定」をクリックします。

iTunesの環境設定


ステップ3.「読み込み方法」「MP3エンコーダー」を選択します。

MP3を選択


ステップ4.ライブラリにMP3に変換したい曲を選択します。そして、右上のメニューにより「ファイル」>「変換」の順にクリックして、「MP3バージョンを作成」を選択すると、変換を開始します。

MP3に変換


以上は、iTunesでAAC音楽をMP3に変換する方法です。DRMに保護されていないファイルだけは変換可能です。しかし、創作者本人が作品を公開する状況を除く、暗号化されない公式オーディオを入手することはほぼ不可能でしょうか。またiTunes内蔵の変換機能は制限が多いから、音楽を任意のデバイスやプレーヤーで楽しみたいなら、やはりDRM保護に制限されず、一括にAACファイルを対応できる「TuneFab Apple Music変換」を使うことがおすすめです。どうぞ試してみてください!


iTunesでMP3変換できない?

iTunesに保存された音源ファイルをMP3に変換しようとすると、変換できないエラーが発生することはありませんか?ここでは、その原因と、音声ファイルを変換する前に注意すべきことを説明します。

1、変換したい音源ファイルがiTunesで扱える形式でない

iTunesは、AAC、MP3、WAV、AIFF、Appleロスレスのオーディオフォーマットのみを扱うことができます。したがって、iTunesで音楽をMP3に変換する前に、音楽ファイルがiTunesで扱える形式であることをご確認ください。


2、曲情報に不具合がある

ID3タグ情報に問題があると、iTunesへの取り込みはもちろん、MP3への変換もできなくなります。曲情報に問題がある場合は、曲情報を書き換えたり、削除したりすることができます。


3、音源がDRMで保護されたファイルであること

手元の音声ファイルがiTunesで扱える形式であっても、Apple Store/iTunes Plusで購入したApple Musicの楽曲/音楽ファイルの場合は、iTunesでMP3に変換することができません。


上記の状況を解決できない場合、DRM保護を解除できる「TuneFab Apple Music変換」を利用して、簡単にiTunesをMP3ファイルに変換することができます。


豆知識:AACとMP3の違い

AACとは、(Advanced Audio Codingの略称)映像圧縮規格MPEG-2またはMPEG-4で使われている音声圧縮技術のことです。一般的にAACは同程度のビットレートであればMP3より高い音声品質を実現しています。


MP3とは、「MPEG Audio Layer-3」の略で、MPEGという動画ファイル形式で利用される音声圧縮形式です。ウェブや携帯音楽プレーヤー等で広く普及しており、MP3形式は現在で最も普及している音声圧縮形式と言えます。


AACとMP3の比較

名称

AAC

MP3

拡張子

.aac

.mp3

ファイル形式

audio/aac

audio/mpeg、 audio/MPA、 audio/mpa-robust

ファイルサイズ

128kbps以下なら

192kbps以上なら

サンプリング周波数

8 kHz~96 kHz

16 kHz~48 kHz

種別

非可逆圧縮

音声ファイルフォーマット

ウィキペディア

AAC

MP3


まとめ

「TuneFab Apple Music変換」を使えば、M4P音楽の暗号化状態を問わず、簡単にApple Music、iTunes音楽を無劣化の高音質でMP3、FLAC、WAVの形式に変換できます。また、MP3などの音楽形式をAACに変換するも可能です。Apple Musicユーザーなら絶対に試す甲斐があります。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)