iTunes AACからMP3に変換する方法

By 森川 涼

2019-12-17

AACとは、(Advanced Audio Codingの略称)映像圧縮規格MPEG-2またはMPEG-4で使われている音声圧縮技術のことです。一般的にAACは同程度のビットレートであればMP3より高い音声品質を実現している。


アップルのiTunesでは、AACが採用されています。ただし、これらのファイルの一部にはDRMが導入されます。iTunes Storeから購入した曲は保護されないAACオーディオファイル(拡張子.m4a)です。それに対して、Apple Music、iTunes Store(2009年前)での曲は保護されるAACファイル(拡張子.m4p)です。


保護されるAAC音楽はアップル以外のオーディオプレーヤで再生できません。そこで、任意のデバイスで再生するには、AACファイルをより汎用的なMP3に変換する必要があります。では、今回はiTunesのAACをMP3に変換する方法をご紹介したいと思います。



iTunesのAAC音楽をMP3に変換


目次


AACとMP3の特徴

AAC

l「Advanced Audio Codingの略で、MPEG2またはMPEG4と呼ばれる動画形式で採用されている音声圧縮形式です。

l非可逆圧縮フォーマットで、一度圧縮してしまうと圧縮前のデータに戻すことができません。

l主に、Apple社製品に代表される携帯マルチメディアプレーヤーや、携帯の着うた、ウェブ上の音楽配信、デジタル放送の音声部分などで広く利用されています。

l著作権保護のための不正コピー防止機能を備えています。

lMP3より若干データサイズが大きいが、音質は良い

MP3

lMPEG Audio Layer-3」の略で、MPEGという動画ファイル形式で利用される音声圧縮形式です。

l非可逆圧縮フォーマットで、一度圧縮してしまうと圧縮前のデータに戻すことができません。

lウェブや携帯音楽プレーヤー等で広く普及しており、MP3形式は今現在で最も普及している音声圧縮形式と言えます。

l不正コピー防止機能を持っていません。

lCDとほぼ同じ音質です。


保護されるAACの曲をMP3に変換する方法

前文に述べっでいたDRM保護がかかっているAACファイルをMP3に変換するには、DRM解除と音楽変換できるソフトが必要です。ここで、TuneFab Apple Music変換ソフトを強くお勧めします。


TuneFab Apple Music変換ソフトは強大な機能を持っています。DRMされるすべてのAACファイルを高速でMP3に変換できます。普通のオーディオレコーダーと違って、MP3に変換された音楽ファイルは劣化なしの元音質を維持できます。さらに、出力のMP3ファイルを自由に分類また名前を変更することもできます。


TuneFab Apple Music変換ソフトは WindowsとMacに対応しています。以下の「無料体験」ボタンをクリックして、ソフトをダウンロードしてみてください。

事前準備:

1. WindowsまたはMacでTuneFab Apple Music変換ソフトをダウンロードとインストールします。


2. iTunes Musicの曲をiTunesライブラリに追加します。インターネットの不安定による変換失敗を回避するには、曲をPCにダウンロードしておきます。一般的には、インターネット接続さえがあれば、iTunes Musicの曲をあらかじめダウンロードしなくて変換できます。


3.ソフトを起動すれば、iTunesも自動的に起動されます。以下の画面が表示されます。

操作画面


ステップ1. iTunes Musicの曲を選択

TuneFab Apple Music変換ソフトを起動すると、iTunesのプレイリストが自動的に読み込まれます。

操作画面の左側に、変換するプレイリストを選択すれば、画面の右側に、プレイリストのすべての曲が表示されます。その中から、変換したい曲を選択します。

曲を選択


ステップ2. 出力形式をMP3に設定

操作画面の下側に、MP3、 M4A、AAC、AC3、 MAIFF、FLAC、AUの出力形式が用意されます。ここでは、「MP3」形式を選択します。また、プロファイルのリストで音質のプリセットも用意しています。オリジナルと品質を保持する場合は、High Quality(320 Kbps、48 kHz)は最適な選択です。ほかに、出力フォルダと変換速度も変更できます。

MP3に設定


ステップ3. 曲の変換を開始

「変換」ボタンをクリックして、曲の変換を始めます。曲の変換中に、iTunesを操作しないようにご注意ください。

変換を開始

上記の簡単な操作で、iTunes AAC音楽からDRM保護を解除して、MP3に変換できます。それらの曲をiPhone、iPad、ウォークマン、MP3 プレイヤーなどあらゆるデバイスに再生できます。


保護されないAACの曲をMP3に変換する方法

iTunesは取り込み済みの音楽ファイルを別の形式に変換できます。iTunesが変換できる形式はAAC、AIFF、Appleロスレス、MP3、WAVとなります。それでは、iTunesを使って、保護されないAACファイルをMP3に変換する方法を説明します。


ステップ1:iTunesを起動して、上部のメニューから、「iTunes」>「環境設定」の順に選択します。Windowsの場合は、「編集」>「設定」の順に選択します。


ステップ2:表示された画面に「読み込み設定」をクリックします。

iTunesの環境設定


ステップ3:「読み込み方法」に「MP3エンコーダー」を選択します。

MP3を選択


ステップ4:ライブラリにMP3に変換したい曲を選択します。そして、右上のメニューにより「ファイル」>「変換」の順にクリックして、「MP3バージョンを作成」を選択すると、変換を開始します。

MP3に変換


以上は、iTunes AAC音楽をMP3に変換する方法です。iTunesの音楽を任意のデバイスやプレーヤーで楽しみたいなら、TuneFab Apple Music変換ソフトを使うことがおすすめです。どうぞ試してみてください!

評価: 4.4 / 5 (合計 70 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.