曲数と月額から見るApple Musicと他の音楽配信サービスの区別

By 森川 涼

2021-03-03

人気の定額制音楽配信サービス「Apple Music」で好きな音楽を満喫したいけど、現在では音楽配信サービスがいっぱいで他の音楽配信サービスも自分に合うかもしれません。そういう考えを持っている方もいるでしょう。ここでは、Apple MusicをAmazon Music Unlimated、SpotifyそしてLINE MUSICなどの大人気サービスを曲数から料金まで比較して、その違いについて解説します。

一、Apple Musicと他の音楽配信サービスのスペック比較



1、Apple MusicとAmazon Music Unlimated:

曲数からいうとApple MusicとAmazon Music Unlimatedはどちらも7000万です。

料金プランの値段から言えば、個人プラン(月額980円)とファミリープラン(月額1,480円)が同じですが、Amazon Music Unlimatedは学割プランを提供していません。そして、Apple Musicの無料期間(3ヶ月間)はAmazon Music Unlimated(30日間)より長いです。

でも、Amazon Music UnlimatedはAmazon Echo専用の有料プラン「Echoプラン」(月額380円)があり、そして元々月額980円の個人プランがAmazon Prime会員の場合には月額780円という特別価格でお得に利用できます。

2、Apple MusicとLINE MUSIC

同じく最初は曲数からみると、LINE MUSICとApple Musicはどちらも7000万で豊富な曲を楽しめます。そして個人プラン(月額980円)もファミリープラン(月額1,480円)も学割プラン(月額480円)もどちらも値段が同じです。無料体験期間も同じ(3ヶ月間)です。

一方、LINE MUSICのメリットといえば、LINEとの連携機能があることです。そして、0円の無料プランが提供されているが、LINE MUSICの無料プランは曲の2回目以降の再生が30秒のみという制限が掛かっています。

注意:LINE MUSICは昔Android端末限定の値段がより安いベーシックプランがありましたが、今はなくなります。

3、Apple MusicとSpotify:

料金プランの値段から言えば、個人プラン(月額980円)、学割プラン(月額480円)、ファミリープラン(月額1,480円)、無料体験期間は同じ(3ヶ月間)ですが、Spotifyはカップル(二人)向けのカップルプラン(月額1,280円)と0円の無料プランがあり、Apple Musicはそういうものがありません。

Spotifyのカップルプランは「Duo Mix」という二人の好みで自動的に作成したプレイリストがありますので、プレイリストでお互いの音楽趣味を反映して共有できます。そのほか、Spotifyの無料プランはいろいろな制限が掛かっていますが、追加料金不要で一部のSpotify機能が利用できます。

恒例の配信曲数から言えば、Apple Musicは7000万曲でSpotifyは5000万曲です。もちろん、曲数より自分が聴きたい曲が聴けるかどうかのほうが大切でしょう。そのため、やはり無料体験期間を活用して、各音楽配信サービスを実体験してみることをお勧めします。

二、Apple Musicの曲を思う存分に楽しめる方法

Apple Musicから購入した音楽はサービス期間中に自由に再生できますが、サービスをやめるとダウンロードされた音楽ファイルでも聴けなくなります。もちろん、他の各音楽配信サービスも同じです。音楽配信サービスは音楽販売サービスとは違います。

もし解約後でも制限なくApple Musicの曲を再生して思う存分に音楽を楽しみたいなら、専門的なApple Music音楽形式変換・保存ソフトを利用して、Apple Musicの音楽ファイルを形式変換して、DRM保護を解除して、そしてパソコンなどのデバイスに保存することをお勧めします。

ここでは「TuneFab Apple Music変換ソフト」でApple Musicの曲を形式変換するやり方について説明します。このソフトは保存される音楽ファイルの音質も調整できますので、オフラインでも音楽を満足するまで聴けるし、ダウンロードされた音楽ファイルのサイズが大きすぎて容量不足を招く問題を防止できます。

ステップ1、まずはソフトをパソコンにダウンロードしてインストールしてください。TuneFab Apple Music変換ソフトが実行されると、iTunesのライブラリ情報が自動的に読み込まれて、プレイリストがソフトの左側に表示されます。

注意:Apple Musicの曲の変換が完了する前に、iTunesを閉じないでください。

TuneFab Apple Music変換ソフト

ステップ2、では、変換したいプレイリストや曲を選んでください。次には、出力形式を選択します。「TuneFab Apple Music変換ソフト」はMP4、M4A、AAC、FLACなど多種類な音楽形式への変換に対応します。出力形式のほかに、音楽の品質(音質)、出力先と出力ファイル名なども変更できます。

出力形式

ステップ3、最後には「変換」を押して、Apple Musicの音楽を変換してください。変換が終了すると、ソフト「変換完了」画面で出力された音楽を押して再生して、その品質を確認できます。

変換

変換された後のApple Music音楽は形式が変換されるだけではなく、DRM保護が解除されます。これで、元々Appleに承認されないデバイスでもこのApple Musicの曲を再生できるようになりますので、出力された音楽をパソコンからスマホなどのデバイスに転送し、聴いてみてはどうでしょうか。

評価: 4.4 / 5 (合計 67 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.