Apple Musicの曲を録音してDRMを解除する方法

By 森川 涼

2019-08-14

Apple Music(アップルミュージック)は、Appleが提供する定額制音楽配信サービスです。月額980円を払えば、個人でApple Musicの曲を楽しんで、オフライン再生のためにダウンロードすることができます。ただし、Apple Musicの音楽がDRM保護に付与されているので、退会したら、ダウンロードした曲が聴けなくなります。


では、Apple Music音楽のDRMを無効化すれば、会員ではなくでも、ダウンロードした曲が再生できるのではないでしょうか。そこで、今回はApple Musicの曲を録音してDRMを解除する方法をご紹介したいと思います。



Apple Musicの曲を録音できるソフト

ここで、Apple Musicを効率的に録音できるソフト、TuneFab Apple Music変換ソフトをご紹介したいと思います。TuneFab Apple Music変換ソフトを使えば、Apple Musicの曲をそのままデジタル録音してDRMを解除できます。録音した曲はMP3、M4A、AACなどとして元音質で保存可能です。また、最大16倍高速で複数の音楽ファイルを録音もできます。他の同様録音ソフトより、遥かに優秀な機能を持っています。Windows 版と Mac版を用意しています。お気軽に体験してみてください。

Apple Musicの曲を録音してDRMを解除する手順

以下、TuneFab Apple Music変換ソフトをを利用して、具体的にApple Musicから曲を録音してDRMを解除する手順をご説明します。


ステップ1: TuneFab Apple Music変換ソフトを起動

TuneFab Apple Music変換ソフトを起動すれば、iTunesも自動的に起動されます。録音完了まで、iTunesを閉じないでください。

操作画面


ステップ2:Apple Musicの曲を選択

画面の左側のプレイリストをクリックして、録音したい曲を選択します。

曲を選択


ステップ3: 出力形式と出力品質を設定

画面の下側にある出力リストからMP3、M4Aまたは他の形式を選択します。プロファイルから音質を選択できます。必要な場合、「オプション」ボタンをクリックして、変換スピードと出力曲のタイトル、アーティスト、アルバムなどを改名できます。

M4Aに設定


ステップ4:録音を開始

「変換」ボタンをクリックして、曲の録音、変換、保存が始まります。完了後、「出力先を開く」をクリックして、録音されたApple Musicの曲が表示されます。

変換を開始


以上は、 Apple Musicの曲を録音してDRMを解除する方法です。上記でご紹介したTuneFab Apple Music変換ソフトを使えば、Apple Musicから曲を高音質で録音して、DRMなしのMP3、M4Aとしてパソコンに保存できます。また、Apple Musicの曲をPSP、ウォークマンなどに入れたり、スマホの着信音にしたり、CDに焼いたり、お好きなように音楽を楽しめます。


評価: 4.4 / 5 (合計 67 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.