close years-promotion close years-promotion

Apple Musicの音楽を着信音に作成と設定する方法

By 幾田 千夏

2022-05-25

Apple Musicのダウンロード機能で曲をダウンロードした後、それを繰り返して聴いて好きで好きでたまらないから、スマホやiPhoneの着信音としてもやりたい場合、一体どうすればいいのでしょうか。Apple Musicの曲をカットして着信音に設定する前には、Apple Music側の制限を解除する必要がありますので、ここでは曲のDRM解除を消しながら曲をスマホの着信音に設定する操作手順を紹介します。



目次


一、Apple Musicから楽曲をダウンロードし、M4R形式に変換する

Apple Musicの曲を着信音にするためにはApple Music側の制限を解除しながら曲を着信音に対応する形式に変換する必要があります。その場合には「TuneFab Apple Music変換ソフト」を通じて、Apple Musicの曲のDRM保護を解除しながら形式変換しましょう。

ステップ1、ソフトを起動

曲を変換して着信音にするために、事前に曲をiTunesライブラリのプレイリストに追加しておいてください。次にはインストール済みの「TuneFab Apple Music変換ソフト」を実行し、iTunesライブラリの曲を自動的に検出し、左側のプレイリストから着信音にしたい曲を選びます。

曲を選択

ステップ2、出力設定

次には曲の出力形式を選んでください。「TuneFab Apple Music変換ソフト」は直接Apple Musicの曲をM4R形式に変換できるし、M4R形式ではないとiPhoneの着信音として使用できませんので、iPhoneの着信音にしたい場合には「出力形式」からM4Rを選択してください。


ヒント: 「出力設定」では「出力形式」だけではなく、「出力フォルダ」と「出力品質」も設定を行うことが可能です。

出力設定

ステップ3、変換開始

最後には「変換」を押して形式変換を始めます。変換が終了したら、上部の「変換完了」を押して、今までの変換履歴を確認する同時に、保存先を開いて出力したApple Musicの着信音ファイルの音質をチェックしてください。

変換を開始




では、変換された曲をiPhoneの着信音に設定しましょう。

二、Apple Musicからダウンロードした曲をiPhoneの着信音に設定する

iPhoneの着信音は「設定」で全体共通の設定を変更できるし、「連絡先」で個別に設定するのも可能です。でも、注意すべきなのは、着信音を連絡先別に個別設定すると、全体共通の通信音設定が反映されなくなります。

iPhoneの着信音を一括で設定するやり方:

ステップ1、変換された曲をiPhoneの着信音にする前には音楽データをiPhoneに転送する必要があります。その場合にはiTunesや專門的なiPhone転送ソフトを活用して曲をiPhoneに入れてください。


ステップ2、その後、iPhoneの「設定」>「サウンドと触覚」>「触覚」をタップして、その中のリストには着信音にしたい曲が表示されているかどうか確かめてください。


ステップ3、 変換された曲の名前がリストの中に表示されていたら転送は成功です。次にはチェックを入れてその曲を着信音に設定してください。

iPhoneの着信音を一括に設定

iPhoneの連絡先の着信音を別々に設定するやり方:

ステップ1、 特定の相手の着信音を設定して着信を区別したい場合、「連絡先」で着信音を設定したい方の連絡先を開いてください。


ステップ2、 次には右上の「編集」をタップして、「着信音」をタップして着信音一覧リストの中から着信音を選択し、右上の「完了」をタップしてから二度とタップします。これで連絡先の相手の着信音を別々に設定できます。

iPhoneの着信音を別々に設定

まとめ

スマホの着信音というと最長40秒ですので、呼び出しが続く間に繰り返して流れるタイプです。好きでたまらないあの曲でも、着信があった時に鳴る「着信音」としては必ず最適な選択ではありませんので、Apple Musicの曲を形式変換し、上記の方法で着信音に設定した後でも、着信音にしては似合うかどうか、自分で試聴してみてください。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)