実用!M4PをMP3に変換する方法【ベスト】

By 森川 涼

2021-09-02

iTunesライブラリ中の曲はM4Pファイルとしてパソコンに保存されています。しかしM4P形式の音楽ファイルはiTunes以外、他の端末やプレイヤーでは再生できません。もしiTunesが搭載されていない端末でその音楽を鑑賞したいなら、それらのM4PファイルをMP3などの形式に変換しなければなりません。TuneFab Apple Music変換ソフトを使い、M4Pファイルを汎用性高いMP3に変換すれば、Androidスマホでも他のプレイヤーでもその曲を再生することができます。本記事では、「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使って、M4PをMP3に変換する手順を紹介します。


目次


M4P形式とは?

M4Pとは、DRM保護されたオーディオファイル形式です。iTunesライブラリ中のApple Musicの曲などはM4P形式でパソコンに保存されます。2009年以前にiTunes Storeから購入した音楽およびApple Music音楽はDRMの保護により、M4PファイルはiPhone、iPad、iPod Touch、Apple TV、Apple WatchなどApple社のデバイスで再生できますが、MP3 プレーヤー、Android スマホ、ウォークマン、zuneなどのデバイスでは再生できません。


「TuneFab Apple Music変換ソフト」でiTunes M4P音楽をMP3に変換する

Apple社のデバイス以外の端末でM4Pファイルを再生しようとするなら、DRMの保護を解除し、M4PファイルをMP3などの形式に変換しなければなりません。こんな時は、TuneFab Apple Music変換ソフトを利用するのがおすすめです。「TuneFab Apple Music変換ソフト」はM4PをMP3形式に変換でき、iTunesやApple Music向けの強力な音楽変換ソフトです。シンプルな操作で、M4PファイルのDRM解除と形式変換が完成できますので、とても実用的なソフトです。これから紹介する方法もこのソフトを使った方法です。


M4PやMP3だけでなく、様々な形式の音楽ファイルにも対応しており、Windows向けとMac向けのバージョンも両方あります。無料体験できるので、気軽にダウンロードしてください。では、早速TuneFab Apple Music変換ソフトを使って、iTunes M4P音楽をMP3に変換してみましょう。

ステップ1. TuneFab Apple Music変換ソフトをダウンロード

「TuneFab Apple Music変換ソフト」をPCにダウンロードしてインストールします。本ソフトはWindows版とMac版があり、どちらも無料ダウンロード、体験可能です。


ステップ2. 変換するiTunes M4Pの曲を選択

ソフトを起動すると、iTunesも自動的に起動します。以下の画面のように、iTunesライブラリのプレイリストは左側パネルで表示されます。変換したいM4P曲を選択してください。

曲を選択


ステップ3. 出力形式をMP3に設定

あとは曲の出力形式をMP3に設定します。他の設定は基本デフォルトのままで問題ありません。

MP3に設定


ステップ4. M4PをMP3に変換

「変換」ボタンをクリックして、M4Pの変換を始めます。完了後、出力ファルダを開けば、MP3に変換されたiTunes音楽を確認できます。M4PファイルをMP3に変換すれば、DRM保護も解除されるので、制限なしで再生できるようになります。

変換を開始


出力したMP3ファイルをiPhone、Android スマホ、MP3プレーヤーなどすべてのデバイスに転送して再生できます。これで、好きなようにiTunes音楽を楽しめます。変換できたM4P音楽を早速再生してみましょう!


iTunes・フリーオンラインコンバーターでM4P音楽をMP3に変換する

M4P音楽をMP3に変換できるフリーソフトやフリーサイトを探している方には、ここで、音楽ファイルをMP3に無料で変換する方法も2つ紹介します。


Apple Musicを利用している方のほとんどはiTunesを持っているでしょう。iTunesを使って、M4P音楽をMP3に変換する方法もあります。Windows向けとMac向けの方法はそれぞれありますので、これから紹介します。


iTunesを使った方法(Windows向け)

ステップ1、上部のメニューバーから「編集」「環境設定」をクリックし、「CDをセットしたときの動作」の右側の「読み込み設定」を選択します。


ステップ2、読み込み方法に「MP3エンコーダ」を選択します。


ステップ3、「ライブラリ」→「曲」の順でクリックしてから、MP3に変換したい楽曲を左クリックで選択します。


ステップ4、「ファイル」→「変換」を押し、「MP3バージョンを作成」を選択します。こうすると、M4P音楽をMP3に変換可能です。


ただし、DRMに保護されているM4Pファイルは購入者本人しか再生できないため、iTunes Storeで購入した音楽の場合は変換失敗する可能性があります。


iTunesを使った方法(Mac向け)

ステップ1、「iTunes」→「基本設定」→「インポート設定」の順でクリックし、「MP3エンコーダ」を選び、そして「OK」をクリックします。


ステップ2、MP3に変換したいM4Pファイルを選択し、次に「ファイル」→「変換」→「MP3バージョンの作成」の順でクリックします。


そうしたら、M4PファイルからMP3への変換が完成し、MP3バージョンが得られます。しかしながら、Apple MusicからのM4P楽曲をMP3に変換すると、次の通知が表示される可能性があります:

変換失敗


以上の説明から見ると、iTunesを使っても、M4PからMP3への変換は100%実現できるとは言えないです。


オンラインコンバーターを使った方法

それから、もう一つの方法、フリーオンラインM4Pコンバーターを使って、M4PファイルをMP3に変換する方法の効果も同じです。


M4PファイルをMP3に変換できると自称しているフリーオンラインコンバーターは多くあります。Googleで「M4Pコンバーター」と検索すれば、様々なコンバーターが出てきます。「AnyConv」を例にして、使い方は次の通りです。

AnyConv 使い方


使い方はシンプルですが、実は、オンラインM4PコンバーターはiTunesと同じく、M4PをMP3に100%変換できるとは言えないものです。それに、このようはフリーコンバーターを使うと、個人情報の流出などのリスクがあります。また、これらのサイトにはポップアップ広告も多くて、使いにくい場合もあります。


そのため、最もお勧めなのは、やはりTuneFab Apple Music変換ソフトを使うことです。強力な機能でM4PをMP3に変換できるし、個人情報の流出とポップアップ広告も一切ありません。有効性と安全性が保証されており、どんな場合でも気楽に使えます。そして、使い方も簡単で、初心者でも上手くiTunesのM4P音楽をMP3に変換できます。興味がある方は、是非「TuneFab Apple Music変換ソフト」を利用してみてください。

評価: 4.2 / 5 (合計 77 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.