【2022最新】Apple Musicの支払い方法まとめ

By 森川 涼

2021-05-08

アップルの音楽配信サービス「Apple Music」の支払い方法は「キャリア決済」、「クレジットカード決済」、「AppStore & iTunesギフトカード」という三種類があります、本記事はそれぞれのメリットについて紹介します。どの支払い方法を選択しても、支払うべきな月額料金は同じです。しかし操作方法や必要条件などは違いますので、どちらを選ぶのを迷っている場合、ぜひこの記事を参考にしてください。



目次


一、Apple Musicの三種類の支払い方法

1、キャリア決済

キャリア決済はApple Musicの料金を携帯料金と合算して支払します。キャリアによって下記のキャリア決済を利用できます。

au:auかんたん決済
SoftBank:ソフトバンクまとめて支払い
NTT docomo:ドコモ払い
Y!mobile/ワイモバイル:ワイモバイルまとめて支払い

キャリア決済はApple Music料金を毎月の携帯料金とまとめる支払い方法ですので、お金の管理が楽になるし、キャリアのポイントも簡単に貯めることができます。

キャリア決済

2、クレジットカード決済

Apple Musicのクレジットカード決済はVisa・MasterCard・JCB・Diners Club・American Expressなどの国際ブランドのクレジットカードだけではなく、デビットカード、そしてプリペイドカードも支払い方法として登録できます。

この方法でApple Musicの料金を支払うにはiPhoneのApple IDやAndroidのApple Musicアプリにクレジットカードの情報を入力して登録しておく必要があります。クレジットカードで支払うとクレジットカードのポイントを貯めます。

クレジットカード

3、AppleStore & iTunesギフトカード決済

キャリアやクレジットカードの支払い方法を使わず、直接現金でApple Musicを支払いたい場合にはAppStore & iTunesギフトカードで決済してください。AppStore & iTunesギフトカードはコンビニや家電量販店などで簡単に購入できます。クレジットカードを作れない未成年の方にお勧めします。

ギフトカード

二、Apple Musicの支払い方法を変更する方法

iPhoneとAndroid、どちらでも自由にApple Musicの支払い方法を変更できます。iPhoneの場合には「設定」アプリ>「iTunes StoreとApp Store」>自分のApple IDをタップする>「Apple IDを表示」をタップする>「お支払い方法を管理」をタップするの手順で、iPhoneに登録しているお支払い方法を確認できます。


Apple Music料金を支払う時には一番上から下への順に決済方法を決めます。「編集」をタップすれば、既存の決済方法の順番を変更して支払いの優先順位を調整できます。


新しいお支払い方法を追加したい場合には「お支払い方法を追加」を選択して、そしてクレジットカードやキャリア決済などを選び、その関連情報を入力してください。これでクレジットカードやキャリアは決済方法として登録されます。


AppStore & iTunesギフトカードで支払う場合には、Apple IDにチャージすればいいんです。AppStore & iTunesギフトカードでチャージしたApple IDは自動的にお支払い方法の1位になり、決済時に残高が足りるなら優先的にApple IDから支払われます。

iPhoneでApple Musicを支払い

Androidの場合には「Apple Music」アプリを実行してください。アプリの右上の「メニュー」をタップして「アカウント」をタップします。そして「支払い情報」で「クレジット/デビットカード」や「キャリア決済」を選び、お支払い方法を追加してください。ギフトカードを使用する場合には「アカウント」>「ギフトカードまたはコードを使う」でチャージしてください。

AndroidでApple Musicを支払い

三、Apple Musicを解約しても曲を聴ける方法

Apple Musicのサービスを解除後してもApple Musicで購入した曲を聴き続けたいなら、Apple Musicを解約する前にまず音楽形式変換ソフトを活用することをお勧めします。「TuneFab Apple Music変換ソフト」でApple Music音楽の形式を変換し、パソコンに保存すれば、Apple Musicと解約した後でも制限なく変換した曲を再生できますので、Apple Musicのサービスを続けたくないけど思う存分に購入したApple Music音楽を楽しみたい場合、ぜひこのソフトを使ってみてください。


ステップ1、「TuneFab Apple Music変換ソフト」をパソコンにインストールし、起動してください。このソフトは自動的iTunesのライブラリ情報を読み込みます。曲・プレイリストの情報はソフトの左側で表示されます。

TuneFab Apple Music変換ソフト

ステップ2、次には変換する曲を選びます。下部の「出力形式」も設定してください。「TuneFab Apple Music変換ソフト」はApple Musicの曲をMP3・M4A・AC3・AAC・AIFF・AU・FLACへの形式変換に対応します。

出力形式

ステップ3、では、「変換」をクリックしてApple Musicの曲を変換してみてください。変換中の曲はソフト画面で確認できます。最後はソフトの「変換完了」ページで出力された曲をチェックしてください。

Apple Musci変換

変換された曲は解約後の制限だけではなく、DRM保護も解除されたため、もともとApple Musicに対応しないデバイスでもこの曲を再生できるようになります。Apple Music音楽を自由に聴きたい場合にはこのソフトを利用してみてはどうでしょうか?

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.