【Apple Music vs Spotify】比較でどっちがいい?

By 森川 涼

2019-12-16

「Apple Music」と「Spotify」は音楽ストリーミングサービスの2大巨頭と言われ、世界中で高い人気を誇っています。では、Apple MusicとSpotifyの違いは何だろう?どちらがいいのか?今回はApple MusicとSpotifyを料金、曲数、音質、メリットとデメリットなど、様々な面から徹底比較していきます。どちらのサービスを選ぶのか困っている方にご参考になれば幸いです。



Apple MusicとSpotifyの比較


目次


Apple Music vs Spotify:料金

まずは、Apple MusicとSpotifyの料金プランを比較していきます。


料金

Apple Music

Spotify

個人プラン

¥980/

¥9800/年

¥980/

ファミリープラン

¥1,480/

¥1,480/月

学割プラン

¥480/

¥480/

無料体験

3ヶ月

3ヶ月

無料版

なし

あり


料金面ではお互いに差がほとんどないですが、Apple Musicには年間プランがあります。1年間契約する場合なら、SpotifyよりApple Musicの方がお得になります。


また、SpotifyはApple Musicと最も異なる点は、無料版があることです。Spotifyは無料でもフルで視聴できます。しかし、Spotifyの無料版には、広告があり、シャッフル再生、ダウンロード不可などの制限があります。もちろん、Spotifyの有料会員になるとApple Musicと同じ広告なしで音楽の再生、オフライン再生が可能になります。


まとめ:

Apple MusicともSpotifyとも3ヶ月の無料体験を提供しているので、誰でも気軽に両方のサービスをお試して利用できます。ただし、無料体験期間が終わると自動的に有料会員に切り替わるので、課金されないようにご注意ください。一方で、音楽にお金をかけたくない人には、Spotifyの無料版をおすすめします。


Apple Music vs Spotify:曲数

Apple Music

Spotify

曲数

約6,000万曲

約5,000万曲


Apple MusicもSpotifyも膨大な曲数を持ち、常に最新曲や人気曲などが更新されています。音楽のジャンルと言えば、Apple Musicは洋楽と邦楽など幅広く揃っているイメージが強いです。Spotifyは洋楽より邦楽が少ないというイメージが強いです。実際に検索してみると、Spotifyで大抵の邦楽が聴けます。ただし、少数のアーティスト、例えば、西野カナや米津玄師の曲がまだ配信されていないです。それに対して、Apple Musicでは配信されています。


まとめ:

Apple MusicもSpotifyもかなりの洋楽が取り揃っています。邦楽の差はただ多少あります。実は、両サービス共に配信していない邦楽もあります。また、音楽配信サービスは収録されている邦楽がどんどん増えています。音楽ジャンルの面からどちらの方が優秀だと判断することが難しいです。


Apple Music vs Spotify:音質

Apple Music

Spotify

音質

256kbps

24kbit

96kbit

160kbit

320kbit(プレミアムのみ)


Apple Musicの音質は最大256kbpsで、Spotifyの音質は最大320kbpsまで選択できます。データでは、Spotifyの方が音質は良いようです。 しかし、Apple Music 256kbpsの曲は圧縮技術が優れているAACであり、Spotify 320kbpsのOggファイルと相当です。実際に聴き比べてみると、256kbpsでも320kbpsでもどちらでも変わらないです。


まとめ:

普通の人にとっては、音質の違いがほぼ判別できません。音質(ビットレート)に固執し過ぎる必要がないでしょう。しかも、音質の良さは聴く環境やデバイスなども関わっています。音質にこだわるなら、高品質のイヤホンやスピーカーを使ったほうがいいと思います。


Apple Music vs Spotify:オフライン再生機能

Apple Musicのメンバーシップに登録すると、Apple Musicの音楽をダウンロードして、iPhone、iPad、iPod touch、iTunesなどでオフライン再生できます。iCloudミュージックライブラリを通じ、いつでもそれぞれのデバイスでオフライン再生できます。


サブスクリプションはいつでもキャンセルできます。しかし、Apple Musicを解約すると、契約期間中にダウンロードした曲がすべて消えて、聞けなくなります。もし解約してもApple Musicの曲を聴きたいなら、TuneFab Apple Music変換ソフトがおすすめです。このソフトはApple Musicの曲をMP3、M4Aなどに変換して、永遠に保存できます。

TuneFab Apple Music変換ソフト


一方で、Spotifyには無料版と有料版があります。Spotifyの有料会員だけはオフライン再生機能を利用できます。最大5 つの異なるデバイスでSpotifyの曲やプレイリストをダウンロードできます。無料版でもSpotifyの音楽をダウンロードする場合には、TuneFab Spotify音楽変換ソフトがあれば簡単にできます。ご興味があれば是非体験してみてください。

TuneFab Spotify音楽変換ソフト


Apple Music vs Spotify:対応端末

Apple Music

Spotify

対応端末

iOS端末

Android端末

MacWindowsパソコン

Apple TV4

Apple Watch Series 3

CarPlay

iOS端末

Android端末

MacWindows パソコン

PlayStationMusic

対応 AI スピーカー

HomePod

Sonos

Google Home、Sonos(有料・無料会員ともに)

Amazon Echo(有料会員のみ)


両サービスともiPhone、iPad、Android、Mac、Windows 、Sonosなど同じような端末で音楽を聴くことができます。Apple MusicはiOS端末との親和性が高いです。Apple Watch、Apple TVなどのApple製品を愛用されている方には、Apple Musicがお勧めします。PS4でゲームをしながら音楽を聴くなら、Spotifyがお勧めします。


Apple Music vs Spotify:操作画面と歌詞再生機能

どんな音楽サービスでも、その使いやすさがとても重要です。以下は、スマホでApple MusicとSpotifyの操作画面や機能などを比較します。


メイン画面

【Apple Music】

Apple Musicのメイン画面は白を基調としたデザインです。ライブラリのカテゴリがはっきり表示されるので、自分が追加した曲をすぐ確認できます。

Apple Musicのメイン画面


【Spotify】

Spotifyのメイン画面は黒を基調としたデザインです。主に人気のプレイリストやおすすめのポッドキャスト(ラジオ)など様々なプレイリストが表示されます。

 Spotifyのメイン画面


再生画面と歌詞表示画面

【Apple Music】

 Apple Musicの再生画面


【Spotify】

 Spotifyの再生画面

Apple MusicとSpotifyの再生画面(左)と歌詞表示画面(右)以上の画像です。両方とも歌詞表示機能があります。歌詞も再生している曲に合わせてハイライトで表示してくれます。活躍感を感じられます。


まとめ:

【Apple Music】

全体的にシンプルで直感的に操作できる

ライブラリに追加した曲を見つけやすい

再生画面で音量調節や次の楽曲の確認ができる

歌詞で曲を検索できる

【Spotify】

デザインがスタイリッシュ

新しい曲を受動的に受け取れる

視覚的にわかりやすくまとめられている

Spotify Connectによる遠隔操作できる

低/標準/高/最高音質を調整できる

新しい曲を受動的に受け取れる


Apple Musicのメリットとデメリット


【メリット】

Apple Musicは配信曲数の多さといった強みを持っています。Apple Musicは音楽配信以外にも、MV配信、テレビ番組、ライブ配信、ラジオ配信などのサービスが充実しています。特に「Beats 1」ラジオ局は24時間年中無休でライブ配信しています。素晴らしい音楽を流すだけでなく、世界各地の最新の音楽事情もお届けします。Apple Musicのメンバーシップがなくても聴けます。


Apple MusicはiPhone、iPad、MacなどのApple製品と相性が良いです。また、無制限でオフライン再生、Sifiに聞くと曲を探せるなどの機能も備えています。


【デメリット】

Apple Musicはユーザー好みに合わせるの曲やアーティストをすすめる「For You」という項目がありますが、Spotifyに比べると、見つける機能のジャンル分けが雑で、また新しい曲と出会う機会が少ないです。


Spotifyのメリットとデメリット


【メリット】

Spotifyのメリットは何と言っても無料プランとプレイリストです。地域、年代から気分、雰囲気まで細かいジャンルのプレイリストがたくさんあります。また、公式プレイリストだけではなく、世界中のユーザーが作ったプレイリストも楽しめます。「新しい曲と出会う」がSpotifyの強みです。「あなただけのプレイリスト」、「人気プレイリスト」や「まとめプレイリスト」など様々なプレイリストを勧めてくれます。新たな音楽やアーティストと出会いやすいです。


【デメリット】

Spotifyのラジオ機能はポットキャストしかありません。ダウンロード上限数があり、デバイスにあたり最大10,000 曲までダウンロードできます。


Apple MusicとSpotifyの比較まとめ

最後は、上記の比較を踏まえ、Apple MusicとSpotifyはどんな人におすすめするのかについて説明します。


Apple Musicに向く人:

Apple製品が愛用される人

洋楽も邦楽も幅広く音楽を聴きたい

MVを見るのが好き


Spotifyに向く人:

無料で使いたい人

豊富なプレイリストを楽しみたい

新たな音楽体験が好き

個人的には、新しい音楽を発見したいので、充実したプレイリスト機能を持っているSpotifyの方が自分に合うと思います。また、操作画面が全体的にスタイリッシュで、使い心地がいいです。


あなたはどちらが好きでしょう。やはり自分で使ってみないとわからないです。Apple MusicとSpotifyも有料版の無料体験があります。是非お試して選択しましょう。


評価: 4.4 / 5 (合計 68 評価) 感謝您的評價!

コメント

件のコメント

評価

Copyright © TuneFab Software Inc. All rights reserved.