close years-promotion close years-promotion

ブラウザでWeb版Apple Musicを使って曲を再生する方法

By 森川 涼

2022-10-25

「世界最大級の音楽配信サービスApple Music(アップルミュージック)は、2019年9月からWebブラウザ版の提供を開始しました。パソコンでChromeなどのブラウザを使用して、Apple Musicの音楽を再生することができます。ここでは、ブラウザでApple Musicを再生する方法をご紹介します。



目次


Apple Musicのブラウザ版について

2019年9月にブラウザのApple Musicのベータ版提供を開始し、2020年4月にはブラウザ版Apple Musicを正式リリースします。以前Windowsでは、Apple MusicはiTunesを経由する必要がありました。現在、WindowsとMacパソコンでChrome、Microsoft Edge、FireFoxなどのブラウザを使用して、Apple Musicの音楽を再生可能、iTunesよりも軽快に動作できます。また、「For You」「見つける」「Radio」などの基本機能を搭載します。


ブラウザ版Apple Musicの機能

Web版はアプリ版より便利ですが、機能もシンプルです。 ブラウザ版Apple Musicの主な機能をご紹介します。


l Apple Music音楽を検索

左上の検索バーに、検索したいApple Musicの曲を入力できます。曲名、アーティスト名、アルバム名から曲を検索することができます。


l For You

ブラウザ版Apple Musicの「For You」は、普段聴いている音楽の好みをもとに、好みに合ったアーティストや楽曲ををおすすめします。また、最近再生した曲もアルバムのアートとして画面に表示されます。

Apple MusicのFor You


l 見つける

ブラウザ版Apple Musicの「見つける」画面では、プレイリストや新着アルバムが表示されます。 楽曲のランキングやプレイリストの検索が可能です。

Apple Musicブラウザ版にアクセス


l Radio

ブラウザ版Apple Musicの「Radio」では、ローカルラジオや最新の音楽ニュース、アーティストのインタビューなど、聴きたいラジオ番組を聴くことができます。ラジオを作成したい場合は、アプリ版Apple Musicで作成する必要があり、Web版Apple Musicでは聴けるだけです。


ブラウザ版Apple Musicのメリット

Web版Apple Musicを使ってみて、以下のメリットがあると思います。


l インストールせずに使用できる

アプリをインストールする必要はありません。Apple IDでログインすれば、ブラウザでApple Musicを利用できます。


l 基本機能を搭載

「For You」、「見つける」と「Radio」が使用できます。 ブラウザ上でApple Musicの曲の検索・再生が可能です。


l 操作が簡単

Apple Musicのブラウザ版を使ってみたら、操作がシンプルで、とても使いやすいと思います。パソコンでただ音楽を聴きたいなら、ブラウザ版を使えば十分です。


ブラウザ版Apple Musicのデメリット

同時に、Web版Apple Musicには以下の機能制限があります。


l 歌詞が表示できない

Web版のApple Musicで音楽を再生すると歌詞が表示されないので、曲を聴きながら、歌詞を見たい場合は、アプリ版をご利用ください。


l 楽曲のダウンロードができない

ブラウザ版のApple Musicは、Apple Musicからの楽曲のダウンロードには対応しておらず、オンラインで再生するためにはインターネットに接続する必要があります。


l プレイリストの管理が対応しない

ブラウザ版Apple Musicでは、プレイリストの作成や削除することがまだできません。プレイリストの管理には不便です。


ブラウザでWeb版Apple Musicの曲を再生して聴く

ブラウザでApple Musicの音楽を再生する具体的な操作は以下の通りです。

Web上でApple Musicを再生して聴く手順

ステップ1、パソコンで対応しているブラウザを開き、Apple Musicの公式サイトと入力してアクセスしてください。オープニングのデフォルト言語は英語で、日本語に設定したい場合は、下部の言語の「Japan」を選択し、「Choose」をクリックします。

言語のを選択


ステップ 2、次の画面が表示されます。右上の「サインイン」をクリックします。初めて使用する場合は、「無料で開始」をクリックできます。

Apple Musicにアクセス


ステップ3、次に使用するApple IDとパスワードを入力し、画面上の右矢印ボタンをクリックします。

Apple IDを入力


ステップ4、「サインインしています」の画面が表示されますので、青い「OK」ボタンをクリックします。

サインインしています


ステップ5、サインインすると、ブラウザでApple Musicの曲を聴くことができます。検索バーにお気に入りの曲、アーティスト、またはアルバムを入力して検索し、クリックして再生できます。 左側のメニューバーで好きな音楽を選択して再生することもできます。

Apple Musicのインターフェース


変換ソフトのウェブプレーヤーから曲をダウンロードして再生する

ブラウザ版のApple Musicは、お気に入りの音楽をオンラインで再生することができます。 Apple Musicの音楽をダウンロードして保存し、オフラインで再生できるようにしたい場合は、Web版のApple Musicを内蔵した「TuneFab Apple Music変換ソフト」の利用がおすすめです。


「TuneFab Apple Music変換ソフト」は、ブラウザ版Apple Musicを内蔵しており、Web版Apple Musicのすべての機能を利用することができます。Apple Musicから好きな音楽を無制限にダウンロードし、MP3、M4A、FLAC、AACなどの汎用的なオーディオフォーマットに変換して、任意のデバイスで簡単にオフライン再生できるようにします。また、オリジナルオーディオと同じ高音質を維持し、曲名、アーティスト、アルバムなどの楽曲のID3情報も保持することができます。

Apple Musicの曲をダウンロードする手順

以下は、ブラウザ版Apple Musicを内蔵した「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使ってApple Music音楽をダウンロードして保存する方法です。Windowsを例にして手順を紹介しますが、WindowsとMacの操作方法は基本的に同じです。


ステップ1、内蔵したブラウザ版Apple Musicを開く

「TuneFab Apple Music変換ソフト」を起動して次の画面が表示されます。「Appleウェブプレーヤーを開きます」をクリックしてください。

Apple ウェブプレイヤーを開きます


ステップ2、Apple Musicにサインイン

右上の「サインイン」をクリックし、Apple Musicアカウントへのサインインに使用しているApple IDを入力してください。

Apple IDでログインする


ステップ3、Apple Musicの曲を選択

お気に入りのApple Musicのアルバムや曲を選んで、赤い「+」ボタンをクリックするか、ボタンに曲をドラッグしてください。

Apple Musicの曲を選択


ステップ4、出力形式を選択

右上の「すべてのファイルを変換」をクリックして、変換したい出力形式を選択し、画面の下の出力先を選択することができます。

出力形式を設定


ステップ5、Apple Music音楽のダウンロードを開始

右下の「すべて変換」をクリックすると、Apple Musicからの楽曲ダウンロードが開始されます

Apple Musicの曲を変換している


ステップ6、Apple Music音楽をオフラインで再生

ダウンロード済みのApple Musicの曲は「変換完了」と表示されますので、出力ファイルを開いて、ダウンロードした Apple Musicの音楽をオフラインで再生できます。

Apple Musicの曲を変換完了


Apple Musicのブラウザ版についてよくある質問

ブラウザ版Apple Musicを再生できない?

Web版のApple Musicで曲が再生されない場合は、まずパソコンの音量が正しく設定されているかどうかを確認してください。それでも再生されず、「CONTENT_EQUIVALENT」などのエラーが表示される場合は、ブラウザの再読み込みやApple Musicアカウントへの再ログイン、またはブラウザの変更を行ってください。


ブラウザ版Apple Musicが地域のエラーで利用できない?

国によって再生できる音楽ライセンス権が異なるため、「この曲は現在、お住まいの国または地域ではご利用いただけません」というエラーが表示された場合は、パソコンのVPNをオフにするか、元の地域または国に変更することが可能です。Apple Musicが対応している地域や国は、Appleが提供するAppleメディアサービスで確認することができます。


Apple MusicのWeb版でロスレス音楽を聴ける?

Web版のApple Musicは、Apple Musicのロスレス音声に対応していません。アプリ版Apple Musicは、Web版Apple Musicと比べてビットレートが高く設定されており、音の解像感も異なります。音質に厳しい要求がなければ、ブラウザ版Apple Musicで音楽を聴く方が便利です。


まとめ

以上がWeb版Apple Musicの使い方とブラウザでApple Musicの曲を再生して聴く方法について紹介しました。Apple Musicの音楽を無制限にダウンロードして保存し、他のデバイスでオフラインで再生したい場合は、Web版Apple Musicが内蔵された「TuneFab Apple Music変換ソフト」を使用してみてください。無料で試用できるので、早くダウンロードしてください!

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)