close years-promotion close years-promotion

【2022最新】Apple MusicのDRM保護を解除するソフトおすすめTOP5

By 森川 涼

2022-10-25

Apple Musicからダウンロードした曲はDRM付きのM4Pファイルで、Apple製品以外のデバイスでは再生できないことです。更に、DRMが掛かっているため、Apple Musicを解約すると、ダウンロードした曲も聴けなくなります。お好きな曲を永久に保存したり、Apple以外のデバイス、MP3プレーヤーで再生したりするように、Apple MusicをDRMなしのMP3ファイルに変換するニーズが高まっています。

強力なDRM解除フリーソフトの力を借りれば、数クリックだけでApple MusicのM4P曲にかかっているDRM保護を解除するのが簡単にできます。ここでは、最新のWindows/Macでも利用可能なApple Music DRM解除フリーソフトおすすめTOP5、または無料でApple MusicのDRMを削除する方法をまとめて紹介します。



目次


Apple MusicのDRM解除について

DRMとは?

DRM(Digital Rights Management)とは、ウィキペディアの解釈によると、デジタル著作権管理という意味で、映画や音楽、小説などデジタルコンテンツの無制限な複製を防ぐために、オリジナルのデータを特定のソフトウェアあるいはハードウェアでしか再生できないようにすることで、第三者による複製や再利用を難しくする技術・管理方法のことです。

Apple Musicの曲にDRMが掛かっているか?

大手会社Apple社が提供している人気のストリーミング音楽サービス―Apple Musicが世界中でも多く利用されています。WindowsパソコンではiTunesと呼びます。筆者がApple Musicから曲をダウンロードしてみたが、ダウンロード済みの曲情報を見たら、AACやM4Pオーディオファイルと表示されます。その他には「FairPlay のバージョン」という項目があります。

ソフトを起動

FairPlayとはApple 社が独自に開発したデジタル著作権管理技術(DRM)のことです。FairPlayが掛かっている曲は暗号化されたAACオーディオストリームを含む正規のMP4コンテナファイルとなります。これで、Apple MusicにはDRMが掛かっていることが明らかになります。

Apple MusicのDRMを解除するに必要なツール

DRM保護が付加されているため、Apple Musicの曲は契約している Apple IDを登録した端末以外のデバイスで再生できないのみならず、普通の音声ファイルとして転送したり編集したりすることすらもできない制限があります。これらの制限を回避して、Apple Musicを思う存分に再生・活用できるように曲のDRMを解除するには、Apple Music DRM解除ソフトが欠かせないツールです。


現在、Apple Musicの音楽変換に特化したソフトにはDRM解除機能を搭載しているものが多く、曲をDRMフリーのMP3などのオーディオファイルに変換する過程でDRMの制限が解除されるようになっています。DRMを解除する同時に楽曲がMP3形式に変換できるため、これらのソフトはすごく流行っています。次は、いくつかのApple Music DRM解除フリーソフトを紹介します。

Apple Music DRM解除ソフト1、TuneFab Apple Music変換ソフト

TuneFab Apple Music変換ソフト」はApple Music音楽向けのDRM解除ソフトです。簡単にApple MusicのM4P曲のDRM保護を解除し、そして無劣化で曲の形式をDRMなしのMP3、M4A、FLACなど形式に超高速で一括変換できます。ビットレートが最大320kbpsに対応し、オリジナル音質と同じレベルの曲を出力できます。曲名、アーティスト、アルバム、トラック番号などのIDタグ情報も保持したままにできます。DRMで保護されたApple Musicのコンテンツの保存に最適です。


このソフトはWindows版とMac版という2つのバージョンが用意されているので、Apple MusicのDRMを解除しようとする方は、お使いOSに対応するバージョンをダウンロードしてインストールするといいです。

TuneFab Apple Music変換ソフトを使うメリット

- Apple MusicからMP3、M4A、FLACなど汎用音声形式への変換をサポート

- Apple Musicウェブプレーヤーを内蔵しているので、iTunesをインストールする必要がない

- WindowsとMac OSで動作可能(最新のWindows 11までも対応)

- アーティスト、アルバムなど曲のID3情報をそのまま保持

- 10x以上の超高速で効率良くてApple Music音楽を無劣化で変換

- 一ヶ月間ライセンスは1480円で、他のApple Music音楽変換ソフトよりずっとお得



TuneFab Apple Music変換ソフト」は操作がシンプルで、使いやすいDRM解除フリーソフトですので、音楽形式変換やDRM保護解除に詳しくない初心者でも手軽に利用できます。3ステップだけで、お気に入りのApple Music曲を簡単にDRMフリーの音声ファイルに変換できます。

TuneFab Apple Music変換ソフトでApple MusicのDRMを解除する手順

次にはこのソフトを使って、Apple MusicのDRMを解除する方法について説明します。


ステップ1、まずは「TuneFab Apple Music変換ソフト」を起動し、「Apple ウェブプレイヤーを開きます」をクリックします。そして、「サインイン」アイコンをクリックして、Apple IDでログインします。

Apple IDでログインする


ステップ2、Apple MusicのDRMを解除したい曲を「+」ボタンにドラッグすることで変換リストに追加します。

Apple Musicの曲を選択


ステップ3、そして曲の出力形式を選択してください。ここで、「MP3」を選択するのがおすすめです。画面下部にある「選択」ボタンをクリックして、出力音楽ファイルを保存するディレクトリを選択します。そして、「変換」をクリックして、DRM付きのApple MusicのM4P音楽の保護解除を始めます。

出力形式を設定

ステップ4、これでApple Musicの音楽はそのDRM保護が解除される同時に形式変換されます。変換が終了したら「変換完了」で出力フォルダを開いてDRM解除されたApple Music音楽ファイルを再生してみてください。

変換完了


このソフトでApple MusicのDRMを解約した後できること:


✔ DRMが解除された音楽をウォークマンへ入れる、またiPod、スマホ、MP3 プレイヤーなど任意の端末に転送して再生できる

✔ Apple Musicの曲をSDカード、USBメモリに入れたり、CDに焼いたりして車でも再生可能

✔ Apple Musicの音楽をローカルディスクに永遠に保存でき、Apple Musicを解約した後でも保存済みの曲を制限なく継続的に聴ける

✔ オフラインでApple Music曲やプレイリストを楽しめるようになり、通信費の節約にもなる

ビデオチュートリアル:TuneFabでApple MusicのDRMを解除する手順

YouTube video


Apple Music DRM解除ソフト2、Renee Audio Tools

Renee Audio Tools」はWindows10で使える専門的な無料オーディオ編集ソフトとして、多種類の音声形式に対応し、豊富な音楽編集機能と便利な音声録音機能を搭載しています。音楽をトリムしたり、ID3タグを編集したり、CDに焼いたりするなど機能もありますが、若干動作が不安定な場合があります。

このソフトの録音機能を活用して、Apple MusicのDRM保護を回避して、曲を保存できます。使い方も簡単で、録音元、出力形式と出力先を設定して、Apple Musicの曲を再生し、録音することでDRM保護を解除すればOKです。

Renee Audio Tools


メリット デメリット
 - 軽量化のソフト、動きは軽い - UIが古い
 - Apple MusicのDRMを回避して録音する - Apple MusicやiTunesとの連携はありません
 - Apple Music以外普通の録音ツールとして運用可能 - 録音したApple Music音楽の音質が懸念
 - フェードイン、フェードアウト、加速などエフェクトが提供される - Apple Musicの曲を1xの速度で変換するため、時間がかかる
 - Apple Musicだけでなく、他のストリーミング音楽の録音にも対応  - 曲を1つずつ変換しかできません
 - 普通の録音ツールとして運用可能  


Windows向けのApple Music DRM解除フリーソフトで、Mac版が用意されていません。しかも、録音変換という仕組みを採用しているソフトであるため、1X速度でしかApple Musicの曲を変換できないので効率が比較的に低下しています。Macのユーザーまたは高速でApple MusicのDRM解除作業を完了させたい場合、より使い勝手が良い「TuneFab Apple Music変換ソフト」を試してみてください。

Apple Music DRM解除ソフト3、NoteBurner Apple Music Converter

効率的かつ安全な「NoteBurner Apple Music Converter」を利用すれば高速でDRM付きのApple Music音楽のDRM保護を解除して、DRMなしのMP3、WAV、AIFF、FLACなどの形式に変換することができます。Windows版とMac版があります。ID タグ情報も保持したままに変換できます。Apple Musicの曲だけではなく、Audibleから購入したオーディオブックやiTunesから購入した曲の形式を変換することも可能です。

NoteBurner Apple Music Converter


メリット デメリット
 - Apple Musicで聴ける曲をMP3、AAC、FLAC、WAV、AIFFなどの主流音声フォーマットに変換   - 永久ライセンスは14098円(税抜き)になり、あまりお得ではない
 - 320kbps までの出力品質に対応し、Spotify での元音源と同じ品質レベルを保ちます
 - 変換履歴画面から、音楽をクリックするだけで再生できます
 - 曲のIDタグ情報を完全に保持  


このソフトは、永久ライセンスは14098円(税抜き)となり、一ヶ月間ライセンスでも1980円が必要です。より安い価格でApple Music対応のDRM解除ソフトを手に入れたいなら、永久ライセンスが4980円で、一ヶ月間ライセンスが1480円となるコスパの高い「TuneFab Apple Music変換ソフト」を選択するのをおすすめします。

Apple Music DRM解除ソフト4、Sidify Apple Music Converter

Sidify Apple Music Converter」はApple Music DRM解除・変換やオーディオブックの変換を統合しているソフトです。Apple Musicの曲のDRM保護を一括で解除して、汎用性が高いMP3、M4A、AIFF、WAV、FLACの音楽ファイル形式だけでなく、M4B、AA、AAX形式のオーディオブックに変換するのも可能です。ID3タグ編集機能、普通の音声形式変換機能が用意されています。最新版のWindows10に対応します。

無料で使えるSidify Apple Music Converter Freeが用意されますが、Windowsにしか対応しなくて、Macユーザーであれば、有料のPro版を購入しなければなりません。

Sidify Apple Music Converter

メリット デメリット
- 倍速変換を実現でき、変換時間を大幅に節約   - 無料版の変換長さは三分間に制限されます
 - 曲のIDタグ情報をそのまま保持   - 永久ライセンスは14098円(税抜き)になり、あまりお得ではない
 - 「フォーマットの変換」とタグ情報機能を内蔵  - Free版はMacで使えない
 - Free版が提供されている  
 - CD に焼く、OneDrive にアップロード&共有の機能を搭載  


長い間にアップデートが行われることがなく、動作が不安定になり、iTunesライブラリの検出ができなくなってしまう可能性もありそうで、その不具合に遭ったら、Apple Musicウェブプレーヤーを内蔵している「TuneFab Apple Music変換ソフト」を代わりに試しましょう。このソフトはiTunesのインストールを必要しないため、iTunesが原因で発生する様々な問題を回避することができます。

Apple Music DRM解除ソフト5、TuneMobie Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converter」はAppleから購入した音声ファイル(楽曲/オーディオブック)のDRM保護を完全に解除し、音質を劣化させずにMP3、AAC、WAV、FLAC、AIFF形式に変換する機能を搭載しています。曲名、アーティスト、アルバム、ジャンルなどのID3タグを丸ごと保持します。最新版のWindows10に対応します。

このDRM解除ソフトを起動して、Apple Musicの曲を選択してから、需要に応じて出力形式を選択すれば、Apple Music DRM解除と変換を行います。残念ながら、長期的に使うためにこのソフトを購入しなければならないタイプです。

TuneMobie Apple Music Converter

メリット デメリット
 - Apple Musicの曲を丸ごとにMP3、M4Aに変換   - 無料体験版では制限が多いため、長期的に使っていくなら有料版を購入するしかない
 - Apple Musicでダウンロードした音楽の制限を解除させる   - 一ヶ月ライセンスが1980円で、生涯利用可能な永久ライセンスは14980円に達する
 - 出力ファイルを一括で改名、フォルダに整理   
 - 曲の情報とオリジナル音質を保持  
 - Apple Music音楽変換スピードの調整が可能  

各社のApple Music DRM解除ソフトの機能の比較

ソフトの機能性、使いやすさ、便利性によって、ユーザーにもたらせる使用体験が違っています。そのため、ここではいくつかの方面において、この五つのApple Music DRM解除ソフトを比較してみました。自分にニーズに応じえるソフトを選択しましょう。


DRM解除ツール

TuneFab Apple Music変換ソフト

Renee Audio Tools

NoteBurner Apple Music Converter

TuneMobie Apple Music Converter

Sidify Apple Music Converter

使いやすさ

★★★★★

★★★

★★★☆

★★★★

★★☆

対応OS

Windows
Mac

Windows

Windows
Mac

Windows
Mac

Windows
Mac

ID3タグ情報を保持

×

ID3タグを編集

出力ファイル名を変更

出力フォルダに整理

変換スピード

1Xから  16倍速

原速

1X、10倍速

1X、10倍速

1X、10倍速

無劣化出力

×

Apple Musicウェブプレーヤーを内蔵

×

×

×

有料版価格

最低1480円

無料

最低1980円

最低1980円

最低1980円


機能性の面から考えると、「TuneFab Apple Music変換ソフト」の機能が充実かつ便利で、一番優れていると思います。何よりも有料版のコストパフォーマンスも勝ち抜いたと否定することはできません。DRM解除の上に、必要な機能を搭載している同時に有料版の価格が一番安いとはいつもApple Musicを利用している方に対しては、お金を省きます。DRM解除ソフトを使って、Apple Musicの曲のDRM保護を解除して、音質のロスレスで変換しようとする場合では、「TuneFab Apple Music変換ソフト」が間違いなく最優選択です。

Apple MusicのDRMを解除すると違法になるのか?

デジタル著作権保護のDRMを解除すると違法にならないかと考えている人が多いでしょう。実は必ずしも違法になるわけではありません。DRMにはコピー制御(コピー自体をさせない)、アクセス制御(視聴自体をさせない)という2種類に分類されます。アクセス制御を回避することは違法になっていません。本記事で紹介されたソフトはDRMの回避手段となり、本格的に言えばDRMの解除でなく、DRMをバイパスしてApple Musicの曲を変換するに過ぎません。

また、著作権の一部の規定によると、個人観賞用でDRM保護を解除して、音楽を複数のメディアデバイスで再生したりすることは違法ではありません。しかし、DRMが解除された曲を商用目的で使用する場合は違法です。そういうわけで、ストリーミング動画サイトやSNSプラットフォームにアップロードしたり、他人に共有したりする行為はNGです。


まとめ

Apple Musicの音楽にはデジタル著作権保護のDRM制限が掛かっていますが、以上紹介された変換ソフトを使えば、簡単にApple Musicの曲のDRMを解除できます。その中から、性能、コスパなどの面において勝ち抜く「TuneFab Apple Music変換ソフト」を一番推奨します。
TuneFab Apple Music変換ソフト」を使って、Apple Musicの音楽をDRMなしのMP3、M4A、WAV、FLACファイルに変換しておけば、任意のデジタルデバイスに転送して再生するのが簡単になります。Apple Musicを解約した後でも、Apple Musicの曲をオフライン再生で快適に楽しめます。

見事
評価: 4.3 / 5 (合計 76 評価) 感謝您的評價!

コメント

0 件のコメント

評価(0)